【コラム】右も左もごまかしばかり…戦争に負けた理由を徹底的に分析し、次に負けない備えをするのが大切(阿川・慶大教授)


1945年8月15日、昭和天皇が国民にポツダム宣言受諾を告げ、3年8カ月に及ぶアメリカとの戦争がようやく終わった。
それから63回目の夏がやって来た。(中略)
ところで「終戦の詔勅」以来、「敗戦」はずっと「終戦」と呼ばれている。(中略)
右の勢力はアメリカに負けたのが悔しくてならない。
したがって彼らは、アメリカが卑劣な手段で日本を戦に追い込み、その上で予定どおり壊滅させたのだと説明する。
真珠湾攻撃はルーズベルトの陰謀だった。日本人に対する人種差別ゆえにアメリカは広島へ原爆を落とした。
日本は自衛のため戦わざるを得なかった。そう主張する。
一方左の勢力は、無謀な戦争を起こしたのは天皇の下の政府と軍部であり、国民は犠牲者に過ぎないと主張する。
自分たちは戦争を望まなかった。したがって負けた責任はない。とにかく戦争は終わったのだから、それで十分だ。
今後憲法9条を守り戦争にかかわらないでさえいれば、平和は守れる。そう信じる。
しかしどちらの言い分にも無理がある。挑発したアメリカが悪いといくら言ってみても、負けたという事実は動かせない。
靖国神社の遊就館は、本来、戦勝記念博物館である。
ところが勝つはずの大東亜戦争に敗れてしまったものだから、うまく説明できないでいる。
悪いのは軍人で国民は関係ないというのも、事実と異なる。
無謀な戦争を遂行した軍部の指導者は万死に値するが、同時に多くの国民がそれを支持し、熱狂し、武器を取って戦った。
負けたあとで犠牲者を装うのは、卑怯だ。
戦後一貫して平和主義を標榜(ひょうぼう)する多くの新聞も、戦争中は国民を大いに煽(あお)った。
戦争に負けて真っ先にすべきは、敗戦の原因を徹底的に分析し、責任者を処分し、
次の戦争には決して負けない備えをすることである。それをしないで、本当は負けていない、悪いのはアメリカだ、自分たちは犠牲者に過ぎないなどと、60年間ぶつぶつ言い続けるのは、潔くないし、何の役にも立たない。
負けは負けと率直に認め、そのうえで最善の策を取らねばならない。
ソース(
以下に続きます)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/168645/


(続き)
その点、多少遅きに失したとはいえ、1945年の夏、昭和天皇とその周辺はポツダム宣言を受諾し、日本の生存を確保した。
その後吉田茂が、「戦争に負けても外交に勝った国はある」と言って、アメリカとの同盟を選択し、講和を結んだ。
ポツダム宣言受諾は屈辱に満ちた決定であったし、1951年の講和もさまざまな批判を浴びた。
それにもかかわらず、この二つの決断は戦を終わらせ、主権を回復するために、理想的ではないが、主体的で正しい選択であった。戦後のすべてはそこから始まった。
8月15日は、単に敗戦の屈辱を思い戦前を賛美する日ではない。
自らを犠牲者とみなし、一国平和主義へ逃げ込む日でもない。
そうではなく、何人かの勇気ある指導者が敗戦の現実を直視し、ぎりぎりの選択をしてあの日戦争を終わらせた。
改めてそうとらえてこそ、単なる敗戦の日ではなく、真の意味での「終戦」記念日なのである。
敗戦から63年、日本人はこれらの選択の結果を生きている。
決していいことばかりではない。状況はさらに悪化するかもしれない。
それでもなお、与えられた状況のなかでベストを尽くす。好ましくない結果が出ても、それを他人のせいにせず、自らができることを行う。
難しい問題を抱える現在の我々も、終戦の困難に立ち向かった人々の凛々(りり)しい態度に学びたい。
63回目の終戦記念日に、そう思う。(あがわ なおゆき=慶応大学教授)
(記事終)


>そうではなく、何人かの勇気ある指導者が敗戦の現実を直視し、ぎりぎりの選択をしてあの日戦争を終わらせた。
>改めてそうとらえてこそ、単なる敗戦の日ではなく、真の意味での「終戦」記念日なのである。
もちろん指摘されることにも同意できますが
同時に、あの戦争で、同胞・家族・子孫たち、
そしてまだ見ぬ日本の将来の世代たちの命と笑顔を守りたいと想い願い
血を流しまた戦死した人々のことにも思い巡らします。
自分はたとえ死んでも大切な人は家族は子供たちはどうか生き延びてくれ
幸せでいてくれ日本が蹂躙され滅ぼされることのないようにと
祈るような気持ちで戦場で命を落とした人たちがどんなにいたのだろうと
涙が流れます。


また荒れそうなスレだね


残念ながら正論は常に敗北するんだよなw
正論は痛みのみあってカタルシスを感じることが出来ないからな


そんな荒れる内容か?
事実をそのまま言ってるだけだと思うけど。


まぁこんなこと書いても右翼って言われて議論にもならないんだけどね。
もうこの国はダメだ。
いややっぱり諦めちゃダメだ。


戦争に負けないようにするなんて簡単だろ
核持ったらいいんだよ、核


答え出ました。


至言


今の日本が核を持つのは非常に難しいがな。あと、核を持ったからといって、少々交渉ごとを
有利に進められることはあっても、戦争で勝てるとは限らない。日本が核を持てば他に核を持つ
国も増えるだろうしね。


現時点で必要な条件ではあるが、十分ではない。
少なくとも核を持っている国には勝てないということになる。


スレタイだけみると、次の戦争で勝とうといってる右翼にみえるなw


負けたあとで犠牲者を装うのは、卑怯だ。
あとで犠牲者を装うのは、卑怯だ。
ここの部分は、声を大にして言って欲しいな
隣に良く聞こえるように!


正論だな
なんで戦争議論をやるときに右も左も感情論が入るか分からないし
実際的実践的なところに踏み込まないで観念的な議論に終始するんだろうね
責任問題なんて外交問題の一要素に過ぎないはずだし
また未来に戦争を想定したとしても実力がなければ何もできないんだから
より建設的に戦争について考え備えるべきだ


>なんで戦争議論をやるときに右も左も感情論が入るか分からないし
何を国益だと考えるかは主観だから。
個人だって何に価値を置くかを最終的に決めるのは主観。
目的が明確なら後は方法を決めるだけなので結論は出る。
しかし左翼と右翼ではそもそも目的そのものが違うので方法論では結論が出る訳が無い。



正論だな
> なんで戦争議論をやるときに右も左も感情論が入るか分からないし
> 実際的実践的なところに踏み込まないで観念的な議論に終始するんだろうね
なんか日本人って、頭で物事を考えてないような気がする。
それとも考えられないのか。


ここに行き着くまでに60年もかかっちまった


うん、そう思う。やっとそういう意見が表に出てきたのか。


大きな戦争に負けると100年間は人心は乱れるそうだが、
戦後も63年になるとこういう論があってもよい。
人間に争いはつきもの、世界および周辺国の動向からしても9条を変更すべき。
自分や家族を守る気概のない民族は滅びるが、日本はそこまで腐ってない。


負けないための備えのひとつの答えが、
前方位土下座政策だったし。
あと、
日本が依存し、相手も依存する関係になることでアンタッチャブルになるというのもひとつの回答でしょ。
中国からジャンジャン輸入しているうちは中国は手をだしにくいじゃない?対米対韓もしかり。
「いうべきことをいう」というのはわかるが、断交までいうようなネトウヨが本当の憂国の士かというといささか疑問。


>日本が依存し、相手も依存する関係になることでアンタッチャブルになるというのもひとつの回答でしょ。
>中国からジャンジャン輸入しているうちは中国は手をだしにくいじゃない?対米対韓もしかり。
必需品の輸入元と戦争はしにくいけど(というか普通しない)、
贅沢品や代替の利く商品ならあまり関係ないんだよね。ぇ
WW2で日本と米国は日→米は絹などの紡績関係 米→日は工業品などの工作機械
だったから、日本は開戦で物凄く困ったけど、米国は化繊が登場してたのでほとんど困らなかった。
だから必需品をより輸出する立場になれば、相対的に安全性がupすることはする。


負けない備えより戦争をしないようにすることが大切だろ
のアホは歴史から何も学んでないの?
正論とか言ってる奴は頭おかしい、戦争したいの?


備えをする必要はあるけどな。
みんな仲良くしてれば戦争は起きません、なんていつの時代のイデアリストだよ。


戦争をしないためにも戦争への備えは怠ってはならないという逆説を受け入
れられない無防備論者は外交軍事を語る資格はない。とっとと失せろ。


戦争しない備えは日本一国ではできないんでね


Si vis pacem parabellum.
『汝、平和を欲するなら戦争に備えよ』
戦争を頭から否定し、ただ盲目的に虚像の「平和」を求めるだけでは、平和にはならない。


久々に真っ当な意見だな。


歴史に「もしも」はないがあえてあの戦争でもし日本が勝っていたら
その後の日本はどんな感じになってたんだろうな
あいかわらず「大日本帝国」ってのたまっててそれが今日まで続いてたんだろうか?


安保が無いってだけで大して変ってないんじゃネ?
「勝つ」と言っても、アメリカを無条件降伏に追い込むことなど最初から不可能な訳だし、
適当なところで日本に有利な終戦条約を結ぶのが良い処で、結局その後は普通に
貿易やらすることになるんだし。
ただし、軍事費を自前で出さないといけないから、「高度成長期」があの勢いで進んだ
かはワカランけどね。未だに財閥とか健在で、今以上の格差社会になってる可能性もある。


まあ、そうだよな。
教訓を活かさないといけないのに、タブー化しすぎてお話にならない。


誰も戦争を望んだりはしない
しかし、日本が何もしなくても火の粉は降ってくる
それを防ぐ盾まで投げ捨てるのは、単なる馬鹿だ


その通りだと思う。
大昔はガリでよく虐めにあってたけど
必死でトレしてデカくなっら絡んでくる奴いなくなった。
つまりそうゆうこと。


みんな、グルジアやウイグルの現実を見ような。
そして国防を考えよう。


まあぶっちゃけいくら近代化を頑張っても天皇制では無理でしょ。


共産主義者は死滅しましたよ。
アーメンw


現状では核を持つしかない。
しかし、それを議論する事すらタブー化している。
余りにも頭がおかしい奴が多すぎる。


そにうち、アメリカだって倒れる日がくるだろうし
そのとき、日本はどうするんだろうな


この人、弁護士でしょ?
9条信者の弁護士にも困ったものだが、しかし「弱いのが悪い」みたいな
ことを言う弁護士にも違和感を感じる。


外交の世界では弱い=悪だ。
少なくとも、弱ければ声は出せない。
日本の周りを見ろ、核武装してる国しか存在しない。(盲腸の南側を除く)


弱いなら弱いなりの戦略がある。
強い国に守ってもらうこと。
しかし日本のような国力が有る国にそんな戦略は取れない。
自分で守れと言われるだけ。
それでもアメリカに国防を肩代わりさせているが。
通常の国は日本のようにGNP1%未満で国防は成り立たない。


肩代わりさせてへん させてへん(;^ω^)
思いやり予算とか変な名前で1兆円ぐらい貢いでるし


させてるって。米軍並みの力を(制限があるにしても)つけようと思ったら1兆なんかじゃ全然足りない。


日本が核武装することには反対だが、
選択肢としてあることすら放棄してはいけない。
日本も核武装をする場合もありうるという姿勢を
示すことは、日本にとって決して不利益ではない。
日本が平和、平和と唱えている間に、
中国は核攻撃力を増し、北も核保有国になってしまった。
日本政府が、北が核を持つなら日本も保有すると主張したら、
現在の六カ国協議は全く違った展開になっていたはず。


中・長距離「核ミサイル」(180基程度)で専守防衛に徹すれば、日本は
永久に全アジアの支配者となることだろう。


その前に反発されて日本終わり。


チャーチル
殺すより盗むほうがマシ。
盗むよりだますほうがマシ。
殺したくなければ、盗み、騙せ!


正論だわな。
ネトウヨもネトサヨも嘘と観念ばっかりだw


大体、軍備というのは仮想敵があってこそ可能になる。
今の日本はどこを仮想敵にするのか。
ロシアか、中国か。
そういう大国を相手に負けない軍備をしたら、国民経済はどうなる。
まさに基地外沙汰である。


兵器が売れて景気が良くなって
人々の生活が豊かになるんじゃないの?


負けないってことを一対一の総力戦で勝つことと捉えるのは
煽りがきつ過ぎてバカにみえるよ。


集団安全保障という概念を理解しろよ


勝つ軍備ならそうだろうが、負けない軍備は核兵器だけだから、全然キチガイ沙汰じゃないだろ。
ホント1000レスは、いつも通りバカだなw


どこかの国で核戦争始めたら
日本も核武装できるよ。


正論だよなあ。
中学校の時に何で広島に原爆が落とされたかと教師に聞かれて
日本が戦争に弱かったからですと答えたことを思い出したよ。


日教組的には0点ですね。


まぁ、次の相手はアメリカとは限らんしな。
また、雨とやる場合でも単独とも限らんし。
戦争っていうと、太平洋戦争をベースにしてしか考えられないってのが、
現在日本の戦争観の根本的な問題だわな。


まぁ
日本も侵略される可能性がある
というのが 現在の事実、日本をどう守るかということすらも、
過去の戦争によってまともに取り合わない 人たちの考え方も偏ってるし
負けた戦争をいつまでも賛美している 状況でも無い・・
次の戦争は 日本に攻め入った敵を追い払う戦いになることが濃厚であるから
あの日を忘れて その日への備えをしていかなければならない


というか「次の戦争」の例すら示されてないってどうよ。


ハルノートはある日突然、アメリカが気まぐれでポンと出してきたものではないぞ。
日本が、アメリカを怒らせるような稚拙な外交や南方進出を繰り返して、忍耐の限界に達した
アメリカが出したものだからな。


とてもいい記事でした。わたしもあなたの作品のひとつです。合掌


このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。