世界最大のイカ深海の捕食者ではなかった実は「ブヨブヨの肥満体」


2007年2月に南極海で捕獲された重さ495キロのダイオウホウズキイカ(Mesonychoteuthis hamiltoni、別名コロッサル・スキッド、colossal squid)。これまで発見された中では世界最大とされ専門家らを驚かせたこのイカだが、新たな研究によると、実際はどうやら「海のT-REX(大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス)」ではなく、「動きの鈍い肥満体」であった可能性が出てきた。研究チームを率いる海洋生物学者のSteve O’Shea氏が21日、AFPに語った。
O’Shea氏は、ニュージーランドの国立博物館に寄贈されたこのダイオウホウズキイカについて、太りすぎの繁殖マシーンだと指摘する。
同氏は「巨大イカは攻撃的で危険だと言われており、昔から恐怖の対象とされ正しい姿が伝えられてこなかった」とした上で、「研究の結果、凶暴どころか、成長するにつれおとなしくなっていくのではないかと考えられる。予想外の奇妙な現象だ」と語った。
同氏によると、現在、われわれが目にしている姿は変形前の姿だという。このイカは、成長すると体長は縮まる一方で体の幅が広くなり、数千個の卵を抱えるゼラチン質のブヨブヨした塊に変形するという。
この形状がイカの行動や捕食能力に影響を与えるとみられている。
O’Shea氏は「このイカがすごいスピードで海中を泳ぎ回るなんて想像できない。ファイティングマシーンになるにはブヨブヨしすぎだ。恐らく卵を抱えて海底でごろごろしているんだろう、死んだ魚とか食べながら」と語った。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2509220/3249106
http://www.stuff.co.nz/images/750081.jpg


(゜д゜)UMAー


感心した。


>太りすぎの繁殖マシーン
>恐らく卵を抱えて海底でごろごろしているんだろう、死んだ魚とか食べながら
これは酷いおまいらwww


繁殖できないから違うだろw


イカリングにして食っちゃえ


俺の健康診断結果がまとまったと聞いて来ました


水圧の事は触れないのか?


確かに、地上の1気圧ぐらいの状態では、膨張してブヨブヨになるわな


イカ焼き何人前作れるんだろうか


イカですらブヨブヨでも繁殖できるのにおまえらと来たら


>>海底でごろごろしている
親近感が湧いてきた。


あれ?マッコウクジラの体にダイオウイカと戦った巨大な吸盤の痕が
あるとか言われてなかったっけ。


食われるときくらいは抵抗するよ。
しかしマッコウクジラにとってイカなど
まな板の上の魚だろう。
別に竜虎相打つではない。


ええええええええええええ
ただのピザ?!
深海の夢とロマンが…


俺はこのイカの三分の一しか体重がないから、ブヨブヨとまでは言えないな


痩せろ


O’Shea氏は「このイカがすごいスピードで海中を泳ぎ回るなんて想像できない。ファイティングマシーンに
なるにはブヨブヨしすぎだ。恐らく卵を抱えて海底でごろごろしているんだろう、死んだ魚とか食べながら」
と語った。
なんだこの投げやりなコメントw


>死んだ魚とか食べながら
この部分が投げやり感を醸し出しているとみたw


クジラはむちゃくちゃ早く泳ぐぞ。
ただ水上で息してる数分は、ぼんやりしてる。
クジラ捕りはそこを狙う


息してる数分はぼんやり・・・かわいいなw
大王イカがピザってのもなんか癒される


>太りすぎの繁殖マシーン
イメージ崩壊wwwwww


これ1匹で何人分のイカ料理がつくれるんだろう


おいおい、夢を壊しちゃイカんだろ・・ロマン的に考えて


お前らも今はニート・フリーターだんて言ってゴロゴロしていられるかもしれんが
将来は鉄橋の下や河川敷に住み
ときどき住宅街に降りてきては民家の生ごみを漁って生きるようになるんだぞ


アメリカオオアカイカみたいに超アグレッシブだったらロマンがあるのに死んだ魚食ってごろごろしてるとかもうね


そりゃ深海三千メートルにいる軟体生物を地上に揚げたら
ブヨブヨになるだろ。
地上のピザデブを深海に連れてったらわかるぞ。


それも考慮してまだブヨブヨなんじゃねえの?


ぶーにょぶにょぶにょ ひまんのこ


実際補食している様子を見なければなんとも言えないじゃん。
誰が、最も説得力のある説を提唱するかってだけの話で、
それが真実かどうかは、また別の話。
動画をウプしたら、信じてやるよ。


なんか深海カメラを攻撃する獰猛なダイオウイカの映像をTVで見たけど…


夢がないのであくまで机上の空論の方向でお願いします。
きっと深海では巨大イカが恐ろしい速度で泳ぎ
クジラとガチバトルをしてるに違いない。


そう、きっとクジラを見つけるとイカはブヨブヨした体でまとわりつき
針のような先端をもつ輸卵管をクジラに突き立て、皮を割き内蔵に達するまで深く挿入する
そして、輸卵管を通して卵をクジラの体内に送り込む
数ヵ月後、卵はかえり、クジラの内蔵を喰いながら成長し…(((( ;゜Д゜))))


>O’Shea氏は「このイカがすごいスピードで海中を泳ぎ回るなんて想像できない。ファイティングマシーンに
>なるにはブヨブヨしすぎだ。恐らく卵を抱えて海底でごろごろしているんだろう、死んだ魚とか食べながら」
>と語った。
科学者ってこんな乱暴に結論導くもんなのか?


何か根拠があるんだろうけど何なんだろう


この学者さんがこのイカを嫌ってることはなんとなく把握した
なんという「どうでもいい」感あふれるコメントw


科学って三段論法の世界だからな
1.すごいスピードで泳ぐには引き締まった体が必要である
2.このイカはあまりにブヨブヨしすぎている
3.従ってこのイカはすごいスピードでは泳げなかった
みたいな


深海のピザw


深海ニート


ぶーにょぶにょぶにょメタボの子〜♪


英雄的なイメージがあったのにお前には失望した、自分と同レベルかよ


なんかさんざんな言われようだなw


勝手に凶暴だと思い込まれて、正体が分かると非難されるとは
巨大イカも大変だなw

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。