2018年 11月 の投稿一覧

40〜50代が選ぶ好きなコンビ芸人1位サンドウィッチマン


テレビを付けると、登場する様々なコンビ芸人。その中でも、特にミドル世代に人気のコンビというと、いったい、何になるのだろうか?
今回、40〜50代の男女約4,939名を対象にした「好きなコンビ芸人」についてのアンケート調査の結果が届いたので、早速、紹介していきたい。
40〜50代の男女が選ぶ!好きなコンビ芸人ランキング
1位 サンドウィッチマン
2位 博多華丸・大吉
3位 ダウンタウン
4位 千鳥
5位 くりぃむしちゅー
6位 ウッチャンナンチャン
7位 さまぁ〜ず
8位 バナナマン
9位 ナインティナイン
10位 オードリー
(省略)
全文
https://dime.jp/genre/618990/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1541654840/

続きを読む

動物クイズ!「教師につけられて不登校になった男子生徒のあだ名はなんでしょう?」北海道

動物を連想させるあだ名、教諭に呼ばれ不登校に
11/8(木) 9:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00050014-yom-soci
北海道教育委員会は7日、特定の男子生徒に不適切な言動を繰り返した末、生徒が不登校になったとして、岩見沢市の中学校男性教諭(44)を減給10分の1(3か月)とする懲戒処分にした。
発表によると、男性教諭は昨年5〜7月、1年生の男子生徒に対し、動物を連想させるあだ名をつけ、英語の授業中、繰り返しあだ名で呼ぶなどした。生徒は昨年の夏休み明けから約3か月間、不登校になった。
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1541641841/

続きを読む

さんまも顔面蒼白!?「明石家サンタ」への不幸電話にスタジオが凍りつく放送事故「重すぎて笑えない」

12月24日にバラエティ番組「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」(フジテレビ系)が放送された。同番組は開始から今年で25回目を迎える。
「『明石家サンタ〜』は、明石家さんまと八木亜希子が視聴者から不幸話を募集し、電話で内容を聞くという毎年恒例の生番組ですが、昨今は無難な話をする芸能人からの電話が多かったため、長年の番組ファンからは不評でした。
しかし今回の芸能人枠は、山里亮太や、オリラジ藤森ぐらいで、あとはオチの予想できない強烈な不幸話を持った素人が目立っていた。そのため、ネットでは『ここ数年で一番おもしろかった』と絶賛の声が相次ぎました」(テレビ誌記者)
そんな「明石家サンタ」は、視聴者から不幸話を募るといっても、さんまとの掛け合いで笑い話へと変換する流れが前提となっている。
だが今年は、ただ1人だけ、まったく笑えない不幸話を披露しスタジオを凍りつかせた電話があったという。
「ある主婦が、悲壮感の溢れる声で『主人が行方不明になって2カ月経ちます‥‥』と電話してきたのです。まだ何の解決もしていない事件のため、笑い話になりようがなく、さすがのさんまも『重すぎます』としか言えず、スタジオは凍りつきました。
通常、スタッフは視聴者からの電話を繋ぐ前に、ネタの確認をすることになっているはず。
にもかかわらず、バラエティ的に厳しいネタを通してしまったため、電話を切って提供クレジットが出た途端、さんまは『誰や選んだやつ!』とスタッフへの不満を漏らしていました」(前出・テレビ誌記者)
視聴者からも「重すぎて笑えない」「行方不明の人、マジでヤバくない?」「ある意味伝説」と驚きの声が相次いだ。
バラエティ的には浮いた体験談となってしまったが、今後、事件に進展があれば、報道番組などで続報が聞ける時が来るかもしれない。
(森嶋時生)
2015年12月28日 5:59 PM
http://www.asagei.com/excerpt/50078
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1451314314/
【テレビ】さんまも顔面蒼白!?「明石家サンタ」への不幸電話にスタジオが凍りつく放送事故「重すぎて笑えない」

続きを読む

整備工「俺実は王様なんすよwちょっと庶民見学にw」上司「つまんねーぞ」→マジでした

ドイツで整備工として働く男性が、実は200万人を超えるガーナ・トーゴの民を統治するアフリカの部族の王だった、という内容をイギリスのニュースサイトDaily Mail Onlineが報じています。
最高位の立場でありながら、ドイツで整備工としてフルタイムで働き、国の統治はパートタイムでSkypeを使って行っているのがCe’phas Bansahさん。
Bansahさんが育ったのは東ガーナとトーゴ共和国の国境にあるGbiという場所です。67歳になるBansahさんがドイツに移り住んだのは1970年代のこと。後に王となった祖父のHohoeさんが整備工として技術を身につけるのをBansahさんに勧めたのが理由です。整備工としての勉強を終え、ドイツで市民権を得たBansahさんはドイツのルートヴィヒスハーフェンに仕事場を設けて働きだしました。
ドイツで穏やかな日々を送っていたBansahさんは、1987年のある日、人生を変えるファックスを受け取ります。王であった祖父のHohoeさんが亡くなったのですが、Bansahさんの父や兄はGbiで暮らすエウェ人が「不浄である」と考える左利きだったため、王位を継ぐのにふさわしくないと判断され、Bansahさんが後継者として選ばれたのです。
Bansahさんは2000年に10歳年下のGabriele Bansahさんと結婚し、現在は整備工としてフルタイムで働きながらパートタイムで王の仕事もこなしつつ、妻と2人の子どもともにドイツで暮らしています。
王としての仕事の中には学校を建設するプロジェクトの援助をしたり、女性用の刑務所を建設するための資金集めなどが含まれます。
リンク先に画像大量にあり
http://gigazine.net/news/20160411-german-mechanic-african-king/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460383818/
整備工「俺実は王様なんすよwちょっと庶民見学にw」上司「つまんねーぞ」→マジでした

続きを読む

Koki、日仏英語操る動画を公開…トリリンガルぶりにも注目

2018.11.7

Koki,
木村拓哉と工藤静香の次女、Koki,(15)が自身のインスタグラムに日本語、フランス語、英語を話す動画をアップした。
インスタのストーリー機能を使って投稿されたのは、ビューティーアンバサダーを務める高級ブランド「シャネル」のショートフィルム。11月28日から東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールで始まるジャン=ポール・グードの展覧会をPRしている。
(省略)
全文
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/07/0011799656.shtml
View this post on Instagram
“In Goude we trust!” an exhibition by Jean-Paul Goude #CHANELNEXUSHALL

Kki,
さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿 –
2018年10月月31日午前3時43分PDT
“In Goude we trust!” an exhibition by Jean-Paul Goude Start from 2018.11.28(WED) This exhibition will present a selection of his unique works with CHANEL. Come and check it out at #CHANELNEXUSHALL
2018年11月月6日午後9時59分PST
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541599235/

続きを読む