2018年 11月 の投稿一覧

加藤1億大臣「晩婚化すると子どもは産みにくくなる。希望出生率1.8のために男女の出会いに補助金を」

希望出生率1・8が実現できる状況を作っていきたい。色々な出会いの場を作る市町村の取り組みを後押ししていく。妊娠・出産の費用、あるいは、結婚生活をスタートする時にかかるいろんな費用の後押しをしている市町村のサポートも必要だ。
晩婚化が進んでいる。出産年齢が遅れてくると、子どもを持ちたくてもなかなかつくりにくい。いわゆる不妊治療の支援も考えていく。1人で仕事をしながら子育てしている方の支援も充実する。あるいは、子育てでお父さん、お母さんが一緒にいると心強い。3世代で住むことを促進することも、より考えていかないといけない。
介護離職ゼロも進める。介護休業では、1回93日間休めるが、連続してとらなきゃいけない。場合によっては、連続しなくても区切ってやった方が使い勝手がいいなど、制度を見直ししていく必要がある。介護休業中の給料の水準の引き上げも当然議論になる。大事なことは、介護サービスをしっかり使ってもらいながら、働く状況を作ることだ。
http://www.asahi.com/articles/ASHC85FPLHC8UTFK002.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446985165/
加藤1億大臣「晩婚化すると子どもは産みにくくなる。希望出生率1.8のために男女の出会いに補助金を」

続きを読む

月額590円「痴漢冤罪保険」に申込殺到首都圏在住者に人気

http://www.news-postseven.com/archives/20151111_362826.html
痴漢と間違われることを恐れて満員電車では必ず両手を上げる、そんな中高年男性は多いだろう。しかしどんなに注意しても、もし疑われてしまったら……。そんな人のために発売され、話題を呼んでいるのが、通称「痴漢冤罪保険」である。
ジャパン少額短期保険株式会社が9月10日に発売した「痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士費用保険」。
いったいどんなものなのか、同社社長の杉本尚士氏が説明する。
「保険というものは、社会生活で起こるあらゆるリスクに対応して商品化するものです。痴漢冤罪は毎日
、満員電車で通勤するサラリーマンにとってまさに日常的に起こり得るリスク。
この保険には、痴漢冤罪ヘルプコールというものがついています。男性が痴漢を疑われたとき、携帯電話やスマートフォンにあらかじめ登録しておけば、事件発生時に画面のボタンを押すだけで、登録弁護士の携帯電話やスマートフォンにメールが一斉発信され、弁護士と電話で相談できるという仕組みです」
月額590円払えば、事件発生後48時間以内に限り、弁護士の相談料、接見費用は無料だという。痴漢冤罪における弁護士の役割について、アディーレ法律事務所の岩沙好幸・弁護士は語る。
「痴漢容疑で逮捕されると、検察に送致されるまでの警察署での48時間が決め手です。このとき警察に対して取る対応によって、裁判にならずに済むかどうかが決まります。
たとえばここで一部分だけでも認めてしまうと、あとでひっくり返すのは難しくなる。『結果的に手が当たってしまったのかも?』というような譲歩した言い方も危険です。冤罪なら警察に言質を取られるような物言いをしないよう、弁護士と早急に相談する必要があるのです」
実際に対応が早かったことで、起訴を免れたケースもあるという。警察に言い分が認められず起訴され裁判になってしまうと、冤罪でも無罪を勝ち取ることは難しくなることは、「刑事事件で起訴されると有罪になる確率が99%」という事実が端的に示している。
この保険は「発売から申し込みが殺到して、首都圏在住の方を中心に人気」(同社長)だという。満員電車に乗るために保険を払わねばならぬとは、ますますオヤジが生きづらい世の中である。
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1447199983/
【保険】月額590円「痴漢冤罪保険」に申込殺到 首都圏在住者に人気

続きを読む

共産党のデマチラシがまたまた批判にさらされるおおさか維新が追及、馳文科相も「二度としないで」

衆院予算委員会で10日、安倍晋三政権が国立大学の年間授業料を今後15年間で約40万円引き上げるとした共産党のチラシについて、またもや「デマ」批判が炸裂(さくれつ)した。
おおさか維新の会の足立康史氏は、金額の根拠が「財政審で示された方針にもとづいた試算」とされている点について、「採用されなかった考えに基づいている。これで共産党は若者を惑わせる署名活動を続けるという。共産党のデマがかすむような力強い答弁を」と馳浩文部科学相に迫った。
馳氏は「議論があったのは事実だが、昨年11月には消えた数字だ。それをもとにこうした広報をされるのは遺憾だ。
文科省としても周知する。(共産党には)二度とないように求めたい」と応じた。
チラシは3日の衆院予算委員会で公明党の石田祝稔政調会長が取り上げ、首相は「全くデマだ。選挙を前にして極めて惑わせるチラシだ。公党として訂正してほしい」と反論し、共産党がチラシを一部修正した経緯がある。
右が修正版(上部「安倍政権が」→「安倍政権のもとで狙われる」に変更)

http://www.nakano-hiromasa.com/wp/wp-content/uploads/2016/02/160205共産党デマチラシを修正.jpg
当該質疑は3分30秒から

http://www.sankei.com/politics/news/160210/plt1602100056-n1.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1455104203/
共産党のデマチラシがまたまた批判にさらされる おおさか維新が追及、馳文科相も「二度としないで」

続きを読む

2019年大阪サミット。大阪からは見えない癖に富士山を象ってしまう。

政府、G20のロゴ決定 富士山、桜で日本表現

政府は27日、来年6月に大阪市で開く20カ国・地域(G20)首脳会合のロゴを決めた。富士山をモチーフにデザインし、その頂や太陽、桜の花で日本を表現。「G20」「2019」「JAPAN」の文字をバランスよく配した。首脳会合のほか、全国8カ所で予定する閣僚会合でも使われる。
作者は東京都のグラフィックデザイナー牛込幸男さん(54)。
(省略)
全文
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018112701001968.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543312153/

続きを読む

神戸の変態地底人10年くらい前から年間80回ほど潜ってのぞいてた

神戸市東灘区の道路の側溝内に盗撮目的で潜み、女性のスカートの中をのぞき見したとして兵庫県迷惑防止条例違反容疑で逮捕された男(28)が、兵庫県警の調べに対し、「多い時で年間80回ぐらい側溝内に入った」と供述していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。
男は、同区岡本の道路にある深さ約60センチの側溝内に、午前3時ごろから約5時間にわたってあおむけに寝そべり、側溝の上を通りかかった女性の下着を見たとして、今月9日に逮捕された。
捜査関係者によると、男は側溝に長時間いたことに関連し、「自分の長所はどこでも寝られること」と話す一方、「短所は側溝に入ってしまうこと。興奮してやめられない」と供述しているという。男は平成25年6月にも同区の別の側溝内からのぞき見をしたとして逮捕されており、当時は「生まれ変わったら道になりたい」と供述していた。
未成年のころからの常習犯であることも打ち明けているといい、県警は、男が10年近く前から側溝内から盗撮やのぞき見を繰り返していたとみて調べている。
一方、男のスマートフォンの中には側溝内から複数の女性のスカートの中を撮影したとみられる動画や画像が残っており、盗撮についても認める供述を始めているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000586-san-soci
関連記事
2015-11-09
朝の3時から側溝に潜んでスカートの中を見ていた男を逮捕 兵庫神戸東灘岡本
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1447416104/
神戸の変態地底人 10年くらい前から年間80回ほど潜ってのぞいてた

続きを読む