ひどいニュース

【デブ】山本山にピザ80人前「勘弁して」嫌がらせ

大相撲八百長問題のメールにより疑惑が浮上した14人のうちの1人で、277キロの現役最重量力士の幕下山本山(26=尾上)が「ピザ被害」に遭っていたことが23日、分かった。疑惑浮上後の今月上旬、山本山宛てに部屋に
約6万5000円分の大量の宅配ピザを注文された
という。
http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/p-sp-tp3-20110224-740679.html

続きを読む

医者「胃潰瘍ですね」→1年後に死亡→医者「実は最初から胃がんでした」

奈良県大和高田市の病院で、胃がんの検査結果が出ていた男性患者に医師が誤って胃潰瘍と伝え、治療が1年近く遅れていたことが分かりました。
男性はきのう死亡し、病院は告知のミスを認めて謝罪しました。
検査結果の告知ミスがあったのは、奈良県大和高田市の「土庫病院」です。
病院などによりますと、去年9月、奈良県橿原市に住む建設業の石田政裕さん(53)が人間ドックで胃がんと分かり、医師が過去の記録を調べたところ、1年前のおととし9月の検査でも、胃がんという結果が出ていたということです。ところが、おととし検査を担当した医師
は、別の病院で診断された胃潰瘍という結果を石田さんに誤って伝えていたことが分かったということです。
告知が1年近く遅れた石田さんはすでに末期のがんで、化学療法などの治療を受けましたが、きのう死亡しました。
病院によりますと、検査結果を誤って伝えた医師は、「カルテにあった別の病院の検査結果を本来の結果と思い込んだと思う」と話しているということです。
記者会見した山西行造院長は告知のミスを認めた上で、「ご迷惑をおかけしおわび申し上げます」と謝罪しました。
亡くなった石田さんの妻の久美子さんは、「病院のミスがなければ夫は今も元気だったと考えられ、残念でならない」と話しています。弁護士によりますと、石田さんの家族は今後、裁判で病院に賠償を求める方針だということです。
http://www.nhk.or.jp/lnews/osaka/2003327831.html
転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1341407754/
胃潰瘍ですね (´ω`)そうですか → 1年後 実は最初から胃がんでした 死亡

続きを読む

浴室で出産した女子中学生(14)赤ちゃんをトイレに流そうとするも失敗、窓から投げ捨てる

台湾新北市土城区で8日、生まれたばかりの赤ちゃんが遺棄され死亡する事件が起きた。赤ちゃんを捨てたのは14歳の女子中学生で、少女は
自分が妊娠していることに気がつかなかった
と話している。
8日夜10時、付近の住民が歩道の近くで「ボン」という音を聞き、見に行くと、へその緒も胎盤も繋がった状態の赤ちゃんを見つけた。目撃者の話では、この時すでに赤ちゃんの心臓は止まっていたようだが、病院へ搬送される間に泣き声を上げ、意識を取り戻した。しかし、病院に着いてから呼吸が困難になり、最後は脳内出血のため死亡した。
警察の調べにより、赤ちゃんを捨てたのが、歩道の傍のマンションの2階に住む14歳の女子中学生であることが分かった。警察によれば、
少女は入浴中に突然お腹が痛くなり赤ちゃんを出産、どうしていいかわからずに、初めはトイレに流そうとしたという。しかし、流れなかったために浴室の窓から投げ捨てた。
この少女は、父親と母親、3人の兄と暮らしており、家族は少女のお腹の膨らみに気付いていたようだ。しかし、少女はかつて腹膜炎の手術を受けており、何日も便秘が続いているので大きく見えるのだと思い、妊娠に気付くには至らなかった。
少女は産後も病院で処置を受けなかったためかなり衰弱しており、警察が緊急搬送。現在、療養中だという。また、
こどもの父親は同じクラスの学生
だと話している。
自身の妊娠を知らず、突然赤ちゃんが産まれたら、誰だって慌てふためく。しかし、トイレに流そうとしたり、窓から投げ捨てるなどという残忍なことがなぜできるのか。さらに、
少女は赤ちゃんを投げた後、下に降り、「頑張れ!頑張れ!」と赤ちゃんに声をかける住民に交じって、その様子を見ていたという。
性への知識不足が引き起こした今回の悲劇からは、性教育だけでなく、命の教育の必要性も感じられてならない。
http://japan.techinsight.jp/2011/02/110030_syussan_baby.html

続きを読む

外人「太陽光を集めてあらゆるものを焼き尽くす装置を作ったよ〜」→それを保管してた倉庫が全焼

殺人光線の発生装置が「自殺」、19歳が5,800枚の鏡使い製作もパーに。
パラボラアンテナに5,800枚の小さな鏡を貼り付けた“殺人光線”発生装置――
そんな物騒な装置を製作した19歳の米国人がいる。この装置、太陽の光をあてるとコンクリートも溶かしてしまうほど、その威力はまさに殺人的だ。
英紙デイリー・メールによると、製作したのは米インディアナ州に住むという19歳のエリックくん。彼は昨年、直径約1メートルのパラボラアンテナの電波受信面に5,800枚もの小さな鏡を貼り付けた「R5800」なる装置を完成させた。要はこれらの鏡で反射させた太陽光を1点に集中させる仕組みだが、彼自らが“殺人光線”を発すると紹介している装置の威力は、「Solar Death Ray: Power of 5000 suns!」(

)のタイトルでYouTubeに投稿されている動画を見れば一目瞭然だ。
「R5800」はタイヤ付の台車に取り付けられ、移動が簡単にできるようになっている。これを物置のような小屋から太陽の光が降り注ぐ外へと運び出し、いろいろな物への照射実験をするのが動画の内容だ。木材、ペンキ缶の蓋、ジュースのアルミ缶、土の塊、コンクリート、水を入れた試験管などに次々と“殺人光線”を照射。炎を上げたり、溶けたりする様子を記録している。彼の説明によると、光が集まる部分は約3,600度に達するそう。「どんなものでも溶けるか、蒸発する」と、その強力なパワーに自信たっぷりだ。
と、ここまで動画の中で凄まじいエネルギーの力を見せつけ、装置の横で誇らしそうに立っているエリックくんだが、最後には一枚の写真が映され画面下に何やら字幕が現れる。なんと昨年12月13日に「R5800」を格納していた小屋が燃えてしまい、装置も一緒に「完全に壊れた」という。彼は「R5800」が「火事の原因になった可能性が大いにあり得る」と語っており、いくつかの偶然が重なり、火を出してしまったようだ。
消滅するときまで威力を見せ付けた装置の最後を「自殺した」(デイリー・メール紙より)と例えたエリックくん。彼はこのアクシデントにもめげず、今は「3万2,000枚の鏡を使うのがゴール」という後継機の製作に意欲を燃やしているという。
http://www.narinari.com/Nd/20110214973.html

続きを読む

新幹線乗り間違えて全裸になった男(32)逮捕

岩手県警は18日、JR盛岡駅に停車中の新幹線のデッキで全裸になったとして公然わいせつの疑いで、自称山形県長井市、無職手塚新一容疑者(32)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。
逮捕容疑は午前9時50分ごろ、新青森発東京行きの「はやて18号」のデッキで、服を脱いで全裸になった疑い。
岩手県警によると、
手塚容疑者が脱いだジャンパーやジーパンなどを車内からホームに投げ捨てている
のを駅員が発見して通報した。はやては約10分遅れで出発した。
手塚容疑者は県警の調べに「(福島県)郡山から山形に帰省する予定だったが、
乗り間違えた。自分のふがいなさを腹立たしく思った
」と話している。
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011011801000469.html

続きを読む

自宅検索で自分の下着写真…ショックで無職になった女性がグーグルを提訴

インターネット検索大手・グーグル(東京)の検索システムに
自分のマンションの住所を打ち込んだところ、ベランダに干していた自分の下着の写真が現れ、ショックで精神状態が悪化した
として、福岡県の20代女性がグーグルを相手取り、慰謝料など60万円を求める訴訟を福岡地裁に起こした。
15日には初弁論があり、女性は
「性犯罪に巻き込まれないか不安で仕方がなくなり、職も失い転居した」
と主張。グーグル側は事実関係の確認を急いでいることを明かした。
訴状などによると、女性が今春ごろ、グーグルの検索システムに当時1人で住んでいた福岡市内のマンションの住所を打ち込んだところ、2階の部屋のベランダに干していた自分の下着の写真が出てきたとしている。
女性は以前から精神疾患の一種の強迫性障害を患っていたが、この件を機に、日常を盗撮されているのではなどの不安が高まり、症状が悪化。勤務していた病院を解雇され、転居したという。

下着の写真は何者かがインターネットに投稿したとみられる。
閉廷後、取材に応じた女性は、提訴した今年10月ごろにはグーグルで検索しても閲覧できなくなったといい、「マンションの外観写真が出てくるならまだ分かるが、ベランダに干していた下着が出てくるのはどう考えてもおかしい」と話した。【岸達也】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101216k0000m040149000c.html

続きを読む