アプリ、ネットサービス

【ネット】「GREE、ターゲットは全日本人」「mixiやモバゲーと比べてもトップ」…田中良和社長

・「SNSは1000万ユーザー程度で頭打ちともいわれていたが、GREEは1000万を超えて伸びが加速している」
――SNS「GREE」を運営するグリーの田中良和社長は7月24日、「ワイヤレスジャパン 2009」(東京ビッグサイト)で講演し、GREEの好調ぶりをアピールした。
田中社長は、楽天に勤めていた2004年3月、PC向けSNSとしてGREEをスタート。現在は、携帯電話からのアクセスが月間100億PVを超え、アクセスの大半を占めているという。
「2006年当時、2010年に流行するサービスを考えた際、ネットの主流はPCからモバイルに移行するだろうと思った。PCに詳しい人向けではなくマスに向けたサービスにするため、エンターテインメント性も高めた」日記やコミュニティー中心だったサービスを大きく方向転換。07年10月からは、携帯電話向けにアバターや釣りゲームなどカジュアルゲーム、ペットを育てるサービス「クリノッペ」を投入。エンターテインメント要素を強めていった。
「今、SNSにゲームを取り入れようという動きがあるが、GREEは率先して始めていた。モバイルのソーシャルゲームプロバイダーとしてGREEは世界有数だろう」08年5月からは、交通広告やテレビCMなどマス広告も大々的に展開。渋谷のハチ公前の広告を買い占める渋谷ジャックなど、大規模な広告戦略でユーザーを拡大し、4月に1000万ユーザーを突破した。
09年3月の純増数は85万と、mixiや「モバゲータウン」の発表データと比べてもトップという。「GREEはSNSで純増数ナンバーワン。より良いサービスを作ればユーザーは増える」と田中社長は自信を見せる。
ユーザー層を見てみると、男性53%、女性47%とほぼ半々。年代別では10代が25%、20代が37%、30代が24%、40代が12%となっている。
GREEは全日本人をターゲットにしているという。「マス広告の展開など、他のネット企業から見れば『なぜそんなことをするのか、効果があるのか』と思われるようなこともしているが、効果が出るまで続けるという強い熱意でやっている。Appleや任天堂製品など、マスプロダクションと同じような展開をしていく」(抜粋)

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/comp/n_social_network2__20090727_2/story/itmedia20090727001news/

続きを読む

田嶋陽子「男の子牧場は男性が家畜扱いされている女性の気持ちを知るいい機会」

男性を家畜扱い「男の子牧場」開始2日で存亡の危機
この無神経なサービスには、当然ながら多くの男性が激怒。広報担当者のブログには、「配慮が足りないのでは?」「法務局に通報しました」といった批判コメントが殺到する事態となった。
男性のみならず、女性学の専門家もあきれ返っている。「ジェンダーで学ぶ社会学」(世界思想社)の著者で女性学者の小川真知子さんは「女性学の観点からみても、すべてにおいてセンスがなさ過ぎ」とバッサリ。
「名称やサイトのつくりはいかにもお遊び的なのに、実在する男性の顔写真や個人情報が公開され、人格まで勝手に判定されている。そのギャップは理解に苦しみます。本気で婚活する女性もバカにしたサービスです」
この非常事態に、同社の担当者は「名称は昨今話題になっている『草食男子』というキーワードから連想し、女性がイメージしやすいようにという意図でつけた」「社内の男性社員へのリサーチを経て、問題ないと判断したが、ネーミング変更も視野に入れ、検討したいと思います」などとあわてて釈明したが、騒動が収まる気配はない。
もし、これが男女逆だったら「名称変更」どころの騒ぎではないだろう。女性の人権問題に詳しい元参院議員の田嶋陽子さんも「(批判した)男性のおっしゃることはごもっとも。サイバー社は一刻も早く対応すべきです」と語る。
しかし、一方で「女性は昔からオトコに品定めされる家畜同然の扱いを受け続けています。今回の件に痛みを感じた男性は、これを良い機会として、女性たちの痛みも知ってほしいですね」とクギを刺すことも忘れなかった。
ZAKZAK 2009/05/16
http://www.zakzak.co.jp/top/200905/t2009051601_all.html
「男性を家畜扱い」 婚活サイト「男の子牧場」が批判殺到で炎上
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1242305244/

続きを読む