マスコミ

テレ東の悪評が続々石坂イジメは氷山の一角だった

1994年の番組開始以来、『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)の司会を務めていた石坂浩二が今年3月限りで降板することが明らかになった。ここ数年、同番組内で石坂が発言する姿が流れるのは冒頭の挨拶シーンのみで、それ以外ではほとんど発言場面がみられなかった。制作会社のチーフプロデューサーが、編集で石坂の発言場面をカットするよう指示していたとも報じられている。
テレビ東京側は、石坂の降板理由を「視聴率不振と20年以上経った番組の刷新が目的」と説明しているが、1月26日の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)は13.7%で堂々の同時間帯1位。この日、民放のゴールデン帯で『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に次ぐ2位だった。テレ東としては異例のことだ。
騒動発覚前週の19日は11.7%、前々週の12日は9.9%、5日は9.7%だった。昨年12月1日には12.8%を叩き出すなど絶好調で、5回の放送中4回も2ケタに乗せている。制作会社関係者が話す。
「視聴率不振どころか、テレ東でこんなに数字を取れる番組はほかにありません。最近、テレ東は“低予算でも尖った企画の番組が多い”などと良いイメージで取り上げられる機会が増えていますが、業界内で積極的に仕事をしたい人はほとんどいません。今回の件では制作会社のチーフプロデューサーが問題になりましたが、テレ東局員には下請けへの見下し方が露骨なプロデューサーが多いのは事実です」
また、別の制作会社関係者が憤る。
「下請けの扱いは他局と比べものにならないくらいヒドいですし、支払われる制作費も安い。『テレ東だから』を理由に、ギャラを渋る。こちらが何も言わなければ、確信犯的に払わない人もいますから。過去に著名なライターがツイッターでギャラ未払いを告白したこともありましたね。下請けを散々低賃金で働かせておきながら、手柄はプロデューサーが全部持っていく。あたかも、すべて自分ひとりで成し遂げたかのように振る舞う。腸煮えくり返っている下請けは相当数います」
そうした扱いに対し、制作会社が改善を求めるようなことはできないのだろうか。
「そんなにヒドい扱いを受けるなら訴えればいいとか、仕事を受けなければいいなどと言われますが、制作会社などの下請けは弱い立場で、今や過当競争になっているし、そんな簡単にはいきません。仮に訴えたら、たとえ勝訴したところで業界での仕事がなくなるでしょう。そのうち、またテレ東関連でいつ問題が出てもおかしくないですよ。『金がないのにがんばっている』と評価されることも多いテレ東ですが、その裏で割を食っているのが下請けであり、局員は高給取りであるという事実を忘れないでほしいです」
テレ東の実態が今後、注目を集めそうだ。
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160203-99404545-bjournala
2016/2/3 07:04 Business Journal
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454453794/
【芸能】石坂浩二イジメは氷山の一角?テレ東の悪評…下請け酷使&ギャラ未払い騒動、局員は高給

続きを読む

朝日新聞がまた捏造wwwwwwwwwwwwwwwww

朝日記事「非常に犯罪的だ」、規制委が定例会で批判 川内原発の観測装置報道
原子力規制委員会は16日の定例会で、九州電力川内原発(鹿児島県)周辺に設置された放射性物質の観測装置の「整備が不十分」と報じた朝日新聞14日付朝刊の記事について、「非常に犯罪的だ。十分に反省してもらいたい」と批判した。
朝日の記事は、川内原発周辺に設置された観測装置(モニタリングポスト)のうち、半数が「事故時の住民避難の判断に必要な放射線量を測れない」としたが、規制委は「機能が違うだけ。低線量を測る装置と、高線量を測る装置を組み合わせて設置しており、避難判断のために全体をカバーしている」と説明している。
16日の定例会では、規制委の田中俊一委員長が「あたかも(避難を)判断できないように報道をし、立地自治体に無用な不安を与えたことは、非常に犯罪的だ」と厳しい口調で述べた。
更田豊志委員長代理も「(観測装置の種類別は)外野手と内野手がいてそれぞれ守備範囲があるのに、(朝日の記事は)それを一人が全て守れと言っているのに等しく、きちんと報道すべきだ」と批判。伴信彦委員も「新聞報道は議論のポイントを外している」と非難した。
また朝日の記事に対し、原子力規制庁は「(規制庁の)職員が言っていないことが書かれている」として、朝日の担当記者に説明を求め、その上で、訂正記事を要請するか検討しているという。
規制庁は15日、朝日の記事を「誤解を生ずるおそれがある」として、同庁の見解をホームページに掲載した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160316-00000529-san-soci
関連
朝日新聞:川内原発周辺の線量計、半数が性能不足 避難判断の目安
http://www.asahi.com/articles/ASJ346QWDJ34UTIL076.html
原子力規制庁:平成28年3月14日朝日新聞朝刊の報道について
https://www.nsr.go.jp/news/160314.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458107994/
朝日新聞がまた捏造wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

続きを読む

「問い合わせすらせず憶測の記事掲載。読者は正確な情報を知る権利がある」米軍が東京新聞に激おこ

在日米海軍司令部(神奈川県横須賀市)が公式ツイッターなどで、厚木基地に所属する空母艦載機のFA18戦闘攻撃機に関する東京新聞の記事に反論していることが25日、分かった。反論は23日付で「東京新聞はなぜ、米海軍に問い合わせることすらせず、憶測の記事を掲載されたのか。読者は正確な情報を知る権利がある」と、同紙の取材姿勢まで批判する異例の事態となっている。
対象となった記事は同紙の17日付朝刊に「厚木の米軍機FA18 6割飛べず?」との見出しで掲載された。米国の軍事専門紙による報道などを根拠に、横須賀基地を母港とする原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦載機で厚木基地に所属するFA18の約6割が米国防費の予算不足で稼働できず、「米軍の戦力に疑問符がつく」と紹介した。
これに対して同司令部は「FA18に関し誤解を招く恐れのある東京新聞掲載記事に対する在日米海軍司令部の見解」と題する反論を公式のツイッターやフェイスブックに掲載。「(FA18などは)完全に任務遂行可能で、常に日本を防衛する即応態勢にある」と強調して記事の内容を真っ向から否定している。
http://www.sankei.com/smp/politics/news/170226/plt1702260004-s1.html

続きを読む

TBSラジオ、安倍総理から取材を拒否され発狂唯一質問を許されたニッポン放送のアナを「提灯持ち」と批判ww

plutoatom
?@plutoatom
たまむすびで小田嶋隆が昨日のニッポン放送の選挙特番の安倍首相への飯田アナのインタビューを批判してる。


まさひろ
?@masahiros
飯田アナを小田嶋氏「安倍さんの御用聞き、提灯持ち…」w


山本剛志(らをた)ラーマガ購読希望!
?@rawota
武田一顕「我々はラジオ各社で、安倍総裁のインタビューを自民党に要請した。自民党から”安倍総裁はラジオに出ない”と言われた。理由を聞いたが答えず、最終的に代表取材としたいと言われ、自民党側からニッポン放送を指名された。今回から何故か変わった」


転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1468219897/
TBSラジオ、安倍総理から取材を拒否され発狂 唯一質問を許されたニッポン放送のアナを「提灯持ち」と批判ww

続きを読む