ロシア

【ロシア】プーチン首相「君はこの太古の水を飲んだかね」大臣「私は恐竜と同じにはなりたくない・・・」

南極の氷底湖から採取した太古の水のサンプルが10日、ロシアのプーチン首相のもとに届けられた。
水の入った小瓶を差し出されると、プーチン首相はユーリー・トルトネフ天然資源相に対し、
「ところで、君はもう飲んだのか」
と質問。トルトネフ氏は取り乱した様子で、飲んでいないことを明かした。さらに首相が
「恐竜が飲んでいた水を、ロシア政府の閣僚が飲むというのが面白いのに」
と笑顔で語りかけると、恐竜と同じにはなりたくないと、トルトネフ氏は笑いを抑えた声で答えた。
この水は、南極の氷底下にある深さ3769メートルのボストーク湖から採取されたサンプル。
今月8日、ロシアの調査チームのドリルが同湖に達していた。少なくとも1400万年の間、外界から隔離された状態にあったとされ、科学者は未知の生命発見にも期待を寄せている。
2012年 02月 12日 09:01 JST
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE81K37X20120212

続きを読む

ロシアのドーピング問題の暴露本を執筆中のカマエフ氏が偶然心臓マヒで死亡ロシアで一体、何が起きているのか?

【ロシア万華鏡】
ドーピング疑惑で渦中の人物が相次ぎ不審死…「裏切り者=死」の国で一体、何が起きているのか?
(1/8ページ)
2月中旬、突然の心臓の病気で死亡したロシアの反ドーピング機関のニキータ・カマエフ前最高責任者(AP)
リオデジャネイロ五輪の開幕まであと5カ月あまりに迫る中、ロシア陸上界の組織的なドーピング疑惑をめぐって、新たなスキャンダルが発覚した。2月中旬、同国の反ドーピング機関(RUSADA)のニキータ・カマエフ前最高責任者(52)が死亡したその約一週間後、英国のサンデー・タイムズが、カマエフ氏がロシアのドーピング汚染にまつわる暴露本を執筆しようとしていたとのスクープを報じたのである。これまでも国家に歯向く“裏切り者”が相次いで不審な死を遂げてきたロシア。ドーピング問題の渦中にいたカマエフ氏の身にいったい何が起きていたのか? (佐々木正明)
死人に口なし
カマエフ氏の死亡は、推理小説を地で行くようなストーリーだ。
カマエフ氏がトップを務めていたRUSADAは世界反ドーピング機関(WADA)から「不適格な組織」と認定された。組織の刷新を図るために更迭されたカマエフ氏は2月14日、モスクワ近郊の母親の別荘近くでスキーを楽しんでいて、突然、心臓の痛みを訴えた。
そして、そのまま帰らぬ人となったのだ。
カマエフ氏はソ連時代の1987年から科学者として、ロシアのドーピング検査機関で勤務してきた。突然の訃報に、カマエフ氏と同時にRUSADAを去った同僚は「これまで、彼に心臓の問題があるとは聞いたことがなかった」と露メディアに打ち明けた。
以下ソース
http://www.sankei.com/premium/news/160227/prm1602270030-n1.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457489383/
【国際】ロシアのドーピング問題の暴露本を執筆中のカマエフ氏が偶然心臓マヒで死亡

続きを読む

プーチン皇帝たった1票の反対票に反逆者はどこだ!と恫喝

今回の「統一ロシア」の党大会では、来る12月4日の総選挙で、メドヴェージェフ氏を第1位に置く比例名簿が承認されたが、その際の投票では582人が賛成票を投じ、反対票はわずか1票だった。
しかし、プーチン氏はその1票にこだわり、「反逆者はどこにいる。顔を見せるべきだ」と威嚇したという。“皇帝(ツァー)”に従わない者は生き残れないという不文律は、厳然と残っているのである。
http://news.livedoor.com/article/detail/5999836/

続きを読む

【悪夢】鳩山「露は犠牲を払い奪った領土をナチに協力した日本に簡単に返せないというのが自然な感情」

鳩山由紀夫元首相、北方領土返還に「ロシア国民は日本に簡単には返せないというのが自然な感情」
2019年6月23日 9時36分スポーツ報知
鳩山由紀夫元首相が23日、自身のツイッターを更新。北方領土返還へ見解を示した。
(省略)
全文
https://hochi.news/articles/20190623-OHT1T50045.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1561392866/

続きを読む

ロシアのサバイバル番組が激ヤバ!殺人等が可能で-40度のシベリアに放置捕食動物もうようよ

ロシアが映画『バトルロワイヤル』や『ハンガーゲーム』のようなサバイバル番組を放送開始すると発表した。
番組名は『Game2:Winter』で2017年7月に配信開始するという。
その番組は18歳以上の男女30人が熊や狼が生息するマイナス40度のシベリアにて約10ヶ月間サバイバルを行うリアリティショー。24時間オンラインで生中継され、視聴は自分が応援するプレイヤー(参加者)に必要なアイテムを送ることが可能。アイテムは何でも送れるのか番組のウェブサイトから選ぶのかは現時点では不明だが、後者の可能性の方が高い。シベリアの荒野には2000台のカメラが設置され、映像が世界中から閲覧可能。撮影クルーなどは同行せず定点カメラのみでの撮影となる。
番組に参加の際、出演者は番組進行中に生存していない可能性があるという免罪事項と、犯罪発生時に逮捕に応じるという署名をしなければいけない。途中で放棄したいプレイヤーは「パニック」ボタンを押すと、すぐに救助隊が出動し、シベリアから脱出させてくれるという。
参加者は、ゲーム開始前にロシアの特殊部隊要員からサバイバル訓練をある程度受けるという。銃の所持は不可能だが、剣を持つことは可能。
このサバイバルに生存した者は1億ルーブル(約2億円)の賞金が与えられる。生存者が複数いる場合は賞金を分け合うことになる。
続き
http://gogotsu.com/archives/26638

続きを読む

ポーカーのトッププレイヤーだったロシア人、自宅で感電死ドライヤーが原因か?

「ポーカーのスター」、ロシア人女性が死亡 自宅浴室で感電か
(CNN) オンラインポーカーの世界でスター的存在だったロシア人女性が、自宅の浴室で死亡しているのが見つかった。ドライヤーで髪を乾かしている最中に感電したと思われる。
ロシア国営タス通信によると、死亡したリーリャ・ノビコワさん(26)は、モスクワにある自宅の浴室で11日に発見された。検視の結果、遺体に感電した痕跡があることが分かった。

オンラインポーカーのトッププレーヤーとして活躍していたリーリャ・ノビコワさん
(省略)
全文
https://www.cnn.co.jp/world/35138477.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1560473226/

続きを読む

日本の領土であるはずの国後島で日本人男性がロシアに拘束

【ウランウデ(ロシア東シベリア)共同】北方領土・国後島の関係筋によると、同島北部の海上で21日、
ゴムボートに乗っていた日本人男性クリヤマ・ケイスケさん(漢字不明、1974年生まれ)が無許可渡航の疑いでロシア国境警備隊に拘束
され、22日に島の中心地、古釜布(ロシア名ユジノクリーリスク)に移送された。
クリヤマさんは、ロシアの入国査証(ビザ)を持っていなかった。
当局は司法手続きを進めるかどうか検討している。
日本人がロシアのビザを得た上でサハリン島経由で北方領土入りするケースは相次いでいる。
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011082201000367.html

続きを読む

【永久歯欠損の人は要注意】13歳少年の股間で歯が成長。手術で取り出し

・Doctors remove a tooth that was growing inside a 13-year-old boy’s testicle in Russia
ロシアのモロゾフ小児病院の医者が、13歳の少年の睾丸の中で成長している歯を見つけ、手術により取り出した。
信じられない事だが、この13歳の少年の口の中ではちょうど一つの臼歯が生えておらず、代わりに彼の睾丸の中に歯が生まれ、成長していたという事だ。
医者は手術が成功したと述べ、彼が性的に成熟する頃には、この匿名の男子生徒は上々で健康な生殖機能を楽しむであろうと確信している。
この珍しい症状の原因は幹細胞の不全のために出生前に発生した奇形腫よう腫瘍のせいである、と医者は語った。
手術は、年長児童の泌尿器科医かつ性機能障害の専門医である外科医Dmitry Tarusinによって行われた。
「歯科科学には歯の中に歯が生える例はあります。しかし、精巣内で成長する歯というのは非常に稀なケースです。」
・Врачи объяснили, почему у мальчика в тестикулах вырос зуб
https://www.mk.ru/social/health/2019/06/09/vrachi-obyasnili-pochemu-u-malchika-v-testikulakh-vyros-zub.html
(モロゾフ小児病院で行われた「稀少な手術」の際に取り除かれた歯)


07:35 BST, 10 June 2019 DailyMail
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7123061/Doctors-remove-tooth-growing-inside-13-year-old-boys-testicle-Russia.html?ito=social-twitter_mailonline
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1560181458/

続きを読む