中国

なぜ中国ではエジプトのような革命がおこらないのか?

・エジプト革命の全容を知れば、中国人はもう1度民主化運動を起こす?
「西側の一部のアナリストは無邪気にも、国が経済成長さえ引き受ければ、国民は進んでほかのあらゆる要求を保留するという考えを受け入れた」。
中国暮らしが長いジャーナリストのハワード・フレンチ氏は、米アトランティック誌にこう書いた。エジプトはこの仮説が偽りであることを示すという。
「最も身分が低い労働者から特権階級の専門職に至るまで、社会は全体として多くのものを望む。経済成長、透明性、説明責任、そして、誰が国を統治するのかということに対する発言権だ」
エジプト情勢が中国政府に厄介な疑問を投げかけていることは否定できない。特に民衆蜂起の初期段階で、中国の検閲当局が夜も働き、エジプトで起きている出来事の上辺を取り繕ったのは、このためだ。

・意外と制限されていなかった報道
しかし、中国政府が国内でエジプトに触発された民意の爆発が起きることを恐れて暮らしていると結論づけるのは間違いだ。革命に関する過去数日間の国営メディアの報道は、国営英字紙のチャイナ・デイリーは、中国語メディアを完全に代表しているとは言えないかもしれないが、その1面記事はエジプトの群集が感じている「歓喜」を描写していた。一部の欧米メディアが報じたほどには制限されていなかった。
新浪(Sina)などの主流ウェブサイトでは、タハリール広場でも天安門広場でも、食料インフレ(これも中国が抱える問題)が民衆蜂起の触媒になったことが盛んに議論されていた。リベラルなジャーナリズムの旗手である胡舒立氏が創刊したビジネスメディアの財新はもっと踏み込み、民主主義は混乱に陥りがちだとする(当局が奨励する)中国で支配的な仮説に挑む社説を掲載した。「無秩序を生むのは独裁主義であり、民主主義は平和を育む」と財新の社説は論じた。
「独裁主義を支持することは、実は短期的な利益と引き換えに長期的なコストを受け入れることだ」
以下ソース
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5488
依頼28

続きを読む

【中国】「麺づくりロボット」発売へ、発明者「カッコよくて高性能」(画像あり)

河北省張家口市に住む民間発明家の崔潤全さんは、このほど完成させた「刀削麺(とうしょうめん)づくりロボット」を発表した。崔さんが発明した同種のロボットとしては第4世代に属し、従来型よりも◆外観が優美◆構造がシンプルで高性能――などの特徴があるという。2月末には本格生産に乗り出し、発売する予定だ。中国新聞社が報じた。
刀削麺は、水でこねた小麦粉の大きな塊を、V字型をした刃物でそぎ落として麺を作る。麺は宙を飛び、湯が沸き立つ鍋に落ちる。麺を1本ずつ作るので、もたもたしていると最初の麺がゆだってしまう。調理に際しては手際のよさと、麺をできるだけ長く均質につくる腕前が必要だ。
崔さんによると、自動車のワイパーを応用して、麺づくりロボットを作った。小麦粉のかたまりの固さに応じて、動きを調整できる。人間の調理師が作る場合は、湯が煮えたぎる鍋の前で重い小麦粉のかたまりを持って作業するので、汗がしたたり落ちるが、ロボットの方が効率がよい上に衛生的という。
親類が経営する飲食店で使ってもらったところ、大好評だったという。北京では、事業を共同で進める会社が見つかり、2月末には本格的生産に乗り出し、発売する予定だ。崔さんは、「全国の皆さんに、この高能率のロボットが作った麺を食べていただきたい」と願っている。(編集担当:如月隼人)
ソース サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000095-scn-cn
画像

続きを読む

【国際】日本の「モンスターペアレント」に、中国メディアが驚き示す

中国の首都師範大学が主催した『日中教育改革問題対話』会議で、京都大学の辻本雅史教授は、「現在、日本の多くの保護者は自分の子どものためなら、外部から学校に圧力を加えることも辞さない『モンスターペアレント』と化している」と発言し、日本の教育現場におけるモンスターペアレントが議題の1つになった。9日、中国教育網は「かつては規則に従い、学校に対して低姿勢だった日本の保護者が、今では教師の悩みの種となっている」と報じた。
文部科学省によれば、精神的ストレスで学校に出勤できなくなった教師の数は過去10年で2倍に増加した。また、日本の公立中小学校の一般教師への降格を希望する校長・副校長の数は2009年だけで233人に上り、史上最高を記録した。「心身ともに管理業務の負担に耐えられない」ことがその理由だ。
辻本教授は会議で、「モンスターペアレントの出現は小子化や貧富の差、経済の国際化、教育の商品化などの密接な関係がある」と分析すると、「モンスターペアレントも日本の学校教育を受けてきたのだから、日本のこれまでの教育に問題があったのではないか。」という質問が寄せられた。
辻本教授は質問に対し、「もちろん教育界も反省すべきだが、まずは社会に問題があると考えている。現在の学校制度は現代の需要と生徒の成長に対応していない。これまで日本の教育は学力向上と子どもの成長との間で揺れ続けてきた。現在の学力と順位のみで評価する単純なやり方では、生徒の能力だけでなく人格にも悪影響を及ぼす」と回答。
記事は、「モンスターペアレントの要求が子どもの成長と教育の質を向上させるものであれば問題はない。日本の保護者の学校に対する要求は、『子どもがクラスで発言しないのは教師の圧力が強すぎるため』など、驚くものばかりだ」と報じ、日本の教育現場における問題について驚きを示した。(編集担当:畠山栄)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110210-00000000-scn-cn

続きを読む

中国「月面に有人基地を作って地球を監視する。予算は2.4億円」

中国が月面に有人基地建設を構想中。地上50mにレーダー設置、地球を監視する計画
http://japanese.engadget.com/2016/08/23/50m/#continued
中国が月面に有人レーダー基地の建設を計画していると香港メディアが報じています。基地には地上50mの高さのレーダーを設置し、科学研究および国防目的で利用するとのこと。South China Morning Postによると、計画には多くの天文学者が疑問を唱えているにもかかわらず、中国政府はすでに1600万元(約2億4170万円)の予算をプロジェクトチームに与えたとのこと。
計画では、レーダーは1.4ギガバイト毎秒の情報を生産する能力を有し、遠隔操作ではなく技師による操作を必要とするとされます。レーダーの用途としては月面から地球を観測し、気象の変化や地殻の変動、極地域の氷山の減少などを調査するとしています。
ただこのレーダー、地上だけでなく海面下、または地下を探ることも可能とされ、何らかのスパイ行為のために用いられるのではといった懸念も一部にある模様です。匿名の天文学者らはこのプロジェクトについて「Lunatic idea(常軌を逸したアイデア)」だと非難。非常にコストが高く付くとして、地上を監視するなら通常の偵察衛星のほうがはるかに安あがりに同じことができると語っています。
(略)
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471951475/
【中国】月面有人基地を建設し、国防目的で地球を監視する計画

続きを読む