人間関係

ファミコンソフト1000本を妻に無断で売られた男性が気の毒すぎる!

先日、読売新聞が運営している「発言小町」に、他人事ながら卒倒しそうになるほどパンチの効いた投稿が寄せられた。投稿主は既婚者の男性だ。
「グラディウスアルキメンデス版」「KUNG FU」も売却される
「先日会社から帰ると、1000本近くのファミコンソフトがなくなっていました」
妻に問いただすと、「欲しい時計とバッグがあったから売った。自慢してたけど10,000円にもならなかった。嘘つき!」と言われたという。ひどい話だ。
昔のファミコンソフトは、箱と取扱説明書が付属したものがマニアの間でプレミア価格がつくことがある。投稿主は、市場価格を次のように書いている。
・サマーカーニバル92烈火 60,000円
・グラディウスアルキメンデス版 50,000円
・ギミック! 35,000円
・KUNG FU(スパルタンX) 45,000円
・メタルスレイダーグローリー 10,500円
アマゾンなどで調べるとたしかに、上記のソフトはたしかに数万円で取引されているようだ。しかも、コレクションの中には、亡くなった祖父、祖母、父、母がプレゼントしてくれたものもあったという。投稿者も「思い出はプライスレスです」と書いている。
https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-5463/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1482897265/

続きを読む

52歳主婦「大学生の娘に『専業主婦しかやってこなかったママは世の中何もわかってない。残念な人生だよね』と言われへこんだ」

週間視聴率が、放送開始から20%を超えているNHK連続テレビ小説『あさが来た』。その後編の見所の1つが、あさと一人娘の千代による母娘バトルだ。
ふたりのバトルから考える、母娘の現実のカタチとは――。3人の主婦に聞いた。
「あさが千代に自分のやりたい仕事を自由に選べるように勉強に励んでほしいという思いはとてもわかります。娘は大学2年生ですが人生の先輩として、ついつい言いすぎてしまいます。
私に何の資格もないからパート探しも一苦労です。だから、娘に勉強してほしいといろいろ言ってしまいます。 反発した時期もありましたが、最終的には私の言ったとおりの進路を選んでくれています。
親が子供に、失敗する道を勧めるはずがありません。もし、その道で失敗したとしても、娘と一緒に別の道を探す心の準備もできています」(栃木県・49才・専業主婦)
続いては、静岡県在住の52才の主婦の話。
「私は社会人経験がなく、お見合いで今の主人と結婚しました。夫は大企業の社員なので、はたから見たらうらやましがられると思います。でも先日、大学生の娘に
『ママは世の中を何もわかってない。残念な人生だよね』と言われたときは、本当に落ち込みました。私の生き方に対して、思うところがあるようです。
だから、あさと千代が文句を言い合うシーンはうらやましい。だって、千代はあさの生き方を認めているから反発するわけで、うちの場合は、私は反発の対象とも思われていないんですから」
3人目は、東京都在住の52才主婦の話。
「うちの娘は、どんなことでも私にアドバイスを求めてきます。先日は『同じ大学の男の子が、つきあってほしいって言ってきたけど、どうしよう』って。
好きだったらつきあえばいいし、そうでなければ断ればいい。そう言ったら『好きでも嫌いでもないから、ママが決めて』と。
自分の人生なのだからしっかり考えてほしい。その点、千代はあさを否定したり反発したりしながらも、あれこれ自分で試行錯誤しているので、いいなあと思います」
※女性セブン2016年3月3日号
http://www.news-postseven.com/picture/2016/01/c50403a7c9b38584a0af30d2ff577da4.png
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1456232269/
52歳主婦「大学生の娘に『専業主婦しかやってこなかったママは世の中何もわかってない。残念な人生だよね』と言われへこんだ」

続きを読む

ママとデートする「ママっ子男子」が炎上!いいんじゃね?母さんと外食行くし


何かと親に干渉されるのが鬱陶しく感じてしまう時期であろう年代の男性が、反抗期を迎えず、母親との距離感が非常に親しい「親友の様な親子」が増えているという。
中には家出や非行に走ってしまう人もいる中で、「反抗期がないというのは良いことなのでは…」とも思えるが、16日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で「ママっ子男子」の特集を放送した結果、「親子の距離感」にドン引きした人が続出し、話題となっている。
■月に数回「ママとデート」スマホにはツーショット写真が
母親に依存する「マザコン」とは違うのだが、果てしなくそれと近しい状態にあるママっ子男子。その実態とは、母親と二人で食事や買い物旅行へ行くのはもちろん、月に数回「ママとデート」の日が存在し、「母親と一緒に寝る」ことにも何ら抵抗がないという人も。
■「ママっ子男子」にネットは炎上
深爪@重版御礼「深爪式」絶賛発売中 @fukazume_taro
「ママっ子男子」が急増の件、従来の依存型マザコンとは違い恋愛等何でも話せる友達のようなフラットな関係らしいんだけど、ママっ子男子の彼女になる人は地獄だなとしか思えない。
☆そらじろう×GLAY★ @sorajiro_g4luv
ママっ子男子…。高校生で母親と寝るとか、、、。
姫綺@ @sig_0616
ママっ子男子とかただのマザコンじゃねぇか
「親を大切にするのは良いこと」なのだが、「親が子離れできていない」といった指摘も相次ぎ、こういった親子関係が「少子化問題」に繋がっているのでは?といった意見も見られた。
時代によって、親子関係の在り方は少しずつ変化している。「母親思い」というスタンスは変えずとも、異性との交際にも積極的になってほしい。

ママとデートする「ママっ子男子」が炎上!母親に対し厳しい意見も

続きを読む

【英語】山手線の終点で車内に取り残される外国人観光客が続出…車掌の放送や駅員の声かけは日本語だけ

(略)
東京都内を走るJR山手線に乗車した外国人観光客、特に日本語があまり分からない人々が嵌る、意外な「落とし穴」が長年にわたって存在してきたとの情報が、読者(以下、「A氏」と記載)から寄せられた。A氏が問題視することの一つは、「大崎行き」や「池袋行き」の電車の車内案内表示の、従来の内容だ。大崎行きや池袋行きの電車の場合、その電車が当該の駅止まりであることが大きく表示されるのは、各駅を発車した直後だけだった。それ以降は、次の停車駅に関する情報が繰り返し表示される。終点についての情報は、左上に小さく表示されているため、見落としやすい。

もう一つは、車内放送の問題だ。大崎や池袋に着く前には、次が終点であると告げる自動放送が、日英両語で流れる。ところが、特に混雑していて車内が騒がしい場合など、放送を聞き取れないこともある。自動放送後、「この電車は大崎止まりです」といった、車掌によるアナウンスも行われるが、日本語のみである。その結果、電車が終点駅に到着しても、そのことに気づかずに降車しない外国人観光客が大勢いたというのだ。車庫に入る前に駅員が車内点検を行い、その際に声をかけられて、終点であることに初めて気づく外国人もいる。それどころか、駅員が日本語で話しかけても理解できずに、混乱してしまう人々もいた。A氏は、そのような光景を、これまで幾度となく目撃した。終点に着いても下車しない外国人を見かけたら、英語で話しかけて説明してきたという。
さらに、「なんで車掌さんや駅員さんが、英語で対応しないのか。車掌さんや駅員さんは、基本的な英会話能力を身につけておくべきではないか」とA氏は言う。
そんなA氏の疑問や不満が、徐々に解消されつつあるという。その理由は、山手線の新型車両では、車内案内表示がより見やすく、分かりやすいものに改善されたということである。特筆すべきは、大崎行きや池袋行きである場合、終点駅に関する情報が、従来よりも目立つように表示されるようになったという点だ。

記事全文とそのほかの画像一覧

JR山手線に乗る外国人観光客が嵌る、意外な「落とし穴」とは?その対策は


転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1530593425/

続きを読む