人間関係

容姿は就職に有利?全体の89.6%は「有利」と考えていることが判明

「就職氷河期」という言葉が、毎年当たり前のように用いられるようになっている現在。大学を卒業して就職をしようと考えても、思うように就活が捗らないと悩んでいる若者は増え続けている。
さて、面接に向かう前の心構えとして大前提で重視しなければならないことがある。それは見た目。
清潔なスーツに身を包み、髪型もさっぱりとさせて、男性であれば髭も剃る。こうして身奇麗にしておかないと、受かる面接も受からない。
だが、就職活動でこれを尊守していても、どういうわけか内定をもらえないという人もいるだろう。反面、面接の応対も普通、身なりも普通の若者が、簡単に内定をもらえる場合もある。納得いかない思いをした方も少なくないかもしれない。
さて、ネット上の就職活動に関する掲示板などを見てみると、ときおり「内定に重要に関わる項目として、容姿を挙げているのではないか」という書き込みを見ることが出来る。これがもしも本当なら、容姿だけで判断され、面接を落とされる人はたまったものではないだろう。
livedoorネットリサーチでは、「就活はイケメンと美女が有利だと思う?」と題してアンケートを実施し、これに対して1755件の回答が寄せられた。
そしてそのうちの89.6%が「思う」と回答している。
では、面接に容姿が有利に関わると考えている方々の意見をご覧いただきたい。
http://news.livedoor.com/article/detail/6794091/
転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1343308784/
容姿は就職に有利?全体の89.6%は「有利」と考えていることが判明

続きを読む

【話題】女性が結婚相手の男性に求める条件は「三平」・・・女性「年収は400万円あればまぁいい」

バブル時代、女性が結婚相手の男性に求める条件は「三高」(高学歴、高収入、高身長)だった。
しかし、いまは「三平」だという。平均的年収、平凡な外見、平穏な性格――
こうした男性を求める女子を“三平女子”と呼ぶそうだ。命名したマーケティングライターの牛窪恵さんに“三平女子”が増えている背景を聞いた。
20、30代のシングル女性を調査して、結婚相手に求める条件がバブルのころと全く違ってきているということがわかってきました。高望みをしないし、年収もそれほど重視していない。彼女たちが求めているのは、安心と安定でした。平均的な年収で、平凡な外見で、平穏な性格、つまり“三平”の男性がいいという女性が増えているんです。
平凡な外見というのは、かっこよすぎるイケメンは浮気の可能性がありますよね、それなら、見た目もそんなにかっこよくなくてもいいと。また、パートナーとケンカをしたくない、余計なストレスを感じたくないという女性が増えていて、結婚相手も平穏な性格がいいと考えるようになっています。
年収に関しては、できれば正社員で安定した年収がある人がいいのですが、400万円あればまぁいいというのが最近の傾向です。実際、30代で結婚している女性たちは年収300万円台の人と結婚している女性が最多。
相手に年収600万円を求めるのでなく、自分も働いて200万円くらい稼いで、世帯年収で600万円あればいいと考えているんですね。
“三平女子”が増えるきっかけのひとつは、リーマン・ショックです。2007年、2008年に婚活ブームがあって、高望みをしているといつまでたっても結婚できないというのを多くの女性が感じていたわけですね。
そんななか、2008年秋のリーマン・ショックで、これから不景気の時代になるとはっきりと見えたことによって、さらに安定を望む傾向が強まった。結婚相手として公務員人気が出てきたのもその一例です。
さらに昨年3月の東日本大震災があって、おひとりさまでいることの不安を感じる人が増えてきた。
http://www.news-postseven.com/archives/20120303_92336.html
以降へ続く

続きを読む

もしかして、俺って”西野カナ系男子”かも…!?と思った瞬間

彼氏から急に「会いたい」と言われてドキッとすることはありませんか?
でもいつも急だったり、パターンが読めなくて振り回されている気分になるもの。今回は、男が彼女に会いたい気持ちが高まるのはどんな時 かをご紹介します。
(1)仕事で嫌なことがあった時
『仕事でクライアントに言われた時とかは、慰めてほしいので会いたくなりますね……』(26歳/営業)
そういう時は自分の仕事が忙しくても、親身になって受け止めてあげてください。
彼氏の様子が普段と違ったり、声のトーンが低くて心配な時は、すぐに会いに行ってあげましょう!
(2)寝る前に寂しくなった時
(3)体調が悪く心細くなった時
(4)お酒が入ってふいに会いたくなった時
(省略)
全文
https://woman.excite.co.jp/article/love/rid_Ren_ai_117601/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518348984/

続きを読む

「イタリアにはイジメが存在しない。日本のように人をイジメる文化が存在しない」

イタリアにいじめが存在しない理由 差別的教師に反抗する子どもたち
私には15歳の息子と9歳の娘がいますが、イタリア育ちの彼らはいじめというものを知りません。なぜなら彼らは、だれかにいじめられたことも、いじめを見たこともないからです。ですから、いじめが一体どういうものか知りませんでした。
こどもたちは私が聞かせる日本からのニュースによって、いじめについて知るようになりました。
(省略)
全文

イタリアにいじめが存在しない理由 差別的教師に反抗する子どもたち 


転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1562828367/

続きを読む

【驚愕】日本では様々な理由で毎年8万人もの人失踪者がいる。待つ人の身にもなって…

「お願い、戻って」 行方不明者、年間8万人超の衝撃
2/1(水) 17:06 配信
ある日、肉親や知人が突然、姿を消す??。あなたの周囲でそんなケースはないだろうか。日本では1956年以降、毎年8万人以上が行方不明になっている。残された家族は「なぜ」を問いつつ、「あの時、こうしていれば」と自らを責めることもある。どこかで元気に暮らしているのか、そうではないのか。ひたすら帰りを待ち続ける当事者たちに迫り、行方不明者の周辺を追った。
—– 「ここ1、2年、幸せと思ったことはない」 —–
「息子に連絡が取れない、っていう事実があるわけですよ。『幸せだわ、私』って、この1年2年、思ったことない。何かが絶対欠けているんです。それがすごく苦しい」
静岡県に住む小嶋真美さん(55)は絞り出すように言った。1人息子の雄飛さんが28歳で失踪してから既に2年余り。2016年春に取材班が密着取材を始めた際も、疲れがにじんでいた。雄飛さんは親元を離れ、愛知や群馬などの各県で契約社員やアルバイトとして働いていた。職場に馴染めないことも多く、すぐ辞めては別の職場に移る状態だったという。
—– 失踪、全く突然に —–
真美さんと夫は、伊豆高原の自宅で喫茶店を経営している。そこに「息子失踪」の連絡があったのは、2014年12月のこと。愛知県の勤め先の寮から姿を消し、連絡が取れなくなった。全くの突然だった。真美さん夫妻は、わずかな手がかりを頼りに行方を捜した。しかし、居場所はつかめない。真美さん夫妻が経営する喫茶店。店では普通に振る舞っても、「欠落」は埋まらない。真美さんは言う。「(両親の期待に)応えられなかった自分を悔しく見てるんじゃないかな、って。叱咤激励(のつもりだった)が、追い込んじゃったところもあったし」
長いので以下ソースで
http://news.yahoo.co.jp/feature/496
失踪の動機


転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1485949717/

続きを読む

【俺しかいない予感】19人の同僚たちから無視され続けて、4年が経ちました

Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のkaede_loveさんは、25歳の女性。いまの会社に勤めて7年です。19人の同僚たちと同じ部屋で仕事をしていますが、誰とも話をしない日々が続いています。きっかけは4年前、仕事のことで先輩のひとりと口論になってしまったこと。それ以来、先輩から悪口を聞かされた同僚たちからも嫌われ、無視されるようになってしまいました。朝出勤してあいさつしても、誰も返してくれません。
集合写真の顔の部分に紙を貼られて… 同僚たちは連れ立ってランチに行きますが、質問者さんだけは、いつもひとり。みんなの机の上に飾られた職場の集合写真には、質問者さんの顔にだけ紙が貼られて見えないようになっています。
質問者さんが旅行先で箱菓子をお土産に買ってきたときも、封すら切ってもらえませんでした。上司に状況を相談したところ「遊びに来てるんじゃないから」と言われて、それっきりだったそうです。その上司も仕事中は別の部屋にいるため、同僚たちはやり放題。目の前で悪口を言われたり、忘年会や新年会にひとりだけ呼ばれなかったり。クリスマスのプレゼント交換も、自分のところには話が来ません。家にいてもそんな会社のことばかり考えてしまい、夢にも出てきます。生きているのが辛くなって、通勤中に事故に遭わないかな、などと不穏なことを考えることも。「これから、どうしたらいいのでしょうか」
19人全員が4年も無視とは、ずいぶんひどい仕打ちですが、どういった男女構成、年齢構成なのか、少し気になるところです。また、ひと言も会話を交わさずに、日常業務に支障がないのでしょうか。回答者のGusdrumsさんは、同僚たちの「幼稚で陰湿なイジメ」を嘆きつつ、上司が無責任すぎると憤っています。
「労働安全衛生の中に、メンタルヘルスというものがあるのを知らない。職場環境を整えることなど全然感じていませんね。お粗末な方です」「誰か嫌われる人がいないとダメなんだろうな」 他の人たちからも「本当によく耐えてますね」「つらいと思います」「大人げない」「使えない上司だ」と同情の声が寄せられています。
「新しい職場探しを始めましょう!」と呼びかける人もいました。これには質問者さんも「本当はすぐにでも辞めたい」と返しつつ、「転職するにも仕事は簡単に見つかるのだろうか」と不安を隠せません。目を背けたくなるような状況ですが、anndoromedaさんは、あえて職場の同僚たちをよく観察してみては、とアドバイスしています。
「多くの人は群れたがります。しかし、その付き合いはとても希薄です。…(彼らが)つまらない事で一喜一憂している事がよく分かると思います」一丸となって無視を続けるように見える同僚たちも、ホントはいつ自分が標的になるのかとビクビクしているのかも。質問者さんは「私がこうなる前は、一人嫌われてる人がいました。常に誰か嫌われる人がいないとダメなんだろうな」と明かしています。
仲間はずれは辛いけれど、少なくとも同僚たちに「嫌われてしまった」のではなく、みんな自分が攻撃の対象にされたくないから歩み寄れないだけなんだ、ということが見えてきて、気持ちが軽くなるといいのですが。
ソース:
http://news.ameba.jp/20120124-376/

職場で嫌われてます (1/2) – 社会・職場 – 教えて!goo

続きを読む

【調査】女性「こんな男との結婚はイヤ!」=世の中に不満多い男、オタク系、薄毛、性欲ありすぎ、性欲なさすぎ等

★不満ばかりのオトコ、結婚相手にはNG!
・「ごみ屋敷に住んでいる人はダメ」「器が小さい、ケチ、自分大好きはNG」。女性が結婚相手として考えられない男性のタイプが、「イザ!」とサンケイリビング新聞社のサイト「シティウェーブ」が実施した合同アンケートで明らかになった。
「息子大好きママがいる人」「草食・小食な人」のほか、「世の中に不満が多い人」を挙げる女性も。未婚女性の結婚願望は、20代が9割に達したのに対し、40代になると58%に減少していた。
一方、既婚女性の結婚の決め手は「話が途切れたときの沈黙が気にならない」「一緒にいて飽きなかった」が多く、「好かれたから」とシンプルな理由もあった。
合同アンケートは女性対象を「シティウェーブ」で実施し、「イザ!」で結果を公開。男性対象は逆になる。第3弾「結婚」は昨年12月7日から12月20日に実施。有効回答女性は802人。(一部略)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120125/trd12012513410006-n1.htm
※調査結果:
http://www.iza.ne.jp/event/danjo/question/

続きを読む

【話題】59%の夫が結婚を後悔している

30代の100人の既婚男性に「『この嫁と結婚するんじゃなかった』と思ったことがあるか?」というアンケートを実施したところ、59%の男性が「思う」と回答し、嫁への不満が噴出した。
いったい何が問題なのか? その順位をみていこう。
1位 容姿の劣化
2位 SEXを拒否
3位 飯マズ
4位 共働きだと約束したのに働かない
5位 束縛
6位 上から目線
7位 浮気癖
8位 姑と不仲
9位 情緒不安定
10位 そのほか
まず筆頭は「容姿の劣化」だ。これはお互いさまなので致し方ないところだが、なかには猛者もいる。教師の山本隆さん(仮名・39歳)はこう憤る。「10年間で推定15kg以上太ったんです。
結婚当初の面影はまるでなく、太ったことで外見を気にしなくなった。風呂に入るのも面倒らしく、3日入らないことも。汗っかきになって最近では、加齢臭まで……夜の寝床は別ですね」。最後の一言には悲壮感が漂っていた。
また定番の「飯マズ問題」でも怨嗟の声が。建設業の篠田一樹さん(仮名・36歳)は言う。「弁当に入っていたイカを食べた後に急に体調が悪くなって病院に駆け込みました。
嫁を問いただすと『イカの賞味期限は2週間前に切れていた』って。どうも夫婦間の悪化とともに、弁当づくりが雑になって、傷んだものも平気で入れていたみたいで……」。これは、もはや戦争である。
以降へ続く

続きを読む

“頭ぽんぽん”には女性のハートを射止めるスゴイ効果がある!女性「恋愛対象じゃなかった人にもキュンとなってしまう」

「男性からふとした瞬間に頭を“ぽんぽんっ”とされてドキッとした」
こんなシチュエーションを体験したことがある女子も多いのではないでしょうか!?
それにしても、女の子は“頭ぽんぽん”にとても弱い生き物。
ここだけの話、好きな人にされるのはもちろん、恋愛対象じゃなかった人にもキュンとなってしまうこともありますよね!? でも、肩をぽんと叩かれただけじゃドキドキしないのに、頭だとキュンとしてしまうのはどうして?
「頭をなでることには、相手に『可愛がっている』ことを伝える特別な意味があります。
言ってみれば、犬や猫を可愛がるのと同じ行為。人は頭をなでられることで、相手から『優しく大事にされている』『特別な愛情をもらっている』と感じるのです。すると脳内でドーパミンが放出されて快の感情が高まると同時に、交感神経のはたらきが活発になります。ドキドキしたりキュンとなるのは、こうした心理的メカニズムと生理的メカニズムによるものです」
と教えてくれたのは、桜美林大学准教授で身体動作やスキンシップに関する研究をしている山口創先生。
どうやら、女の子が“頭ぽんぽん”で心身ともに幸せな気持ちになることは、科学的にも間違いないようです。
でも、ひとくちに“頭をなでる”といっても、相手の触れ方や動作の違いで受け取る感情も変わってくるのでは?
「スキンシップの仕方は無数にあり、受け取り方もそれぞれ違ってきます。例えば、ポンと手のひら全体で包み込むような感じのときは、『守られている』『優しくされている』という感覚が強くなります。
一方、くしゃくしゃと髪の毛をかき回すようななで方では、遊びとしてのコミュニケーション要素が強く、親しさが増すでしょう。いずれも『髪をなでられる』ことには性的な要素が含まれますから、相手がどのような意図で触ってくるのか、判断し理解することで、受け取り方は異なってくるものです」(山口先生)
では、先に述べたような「肩をポンとたたく」などの触れ方とは、どんな違いがあるのでしょう?
http://news.ameba.jp/20120106-86/
以降へ続く

続きを読む