仕事

ヤマト配達員「アマゾンのロゴを見ると吐き気がする」

大量のアマゾンの荷物を一手に引き受けるヤマトのドライバーは毎日、フル稼働だ。同社の社員ドライバー(28歳)がこう明かす。
「会社の始業は朝8時ですが、そんな時間に出勤していては荷物をさばき切れません。7時過ぎには会社に出て、自分の荷物を積み込み、8時過ぎには営業所を出発。荷台に積む荷物の3〜4割がアマゾンの商品ですが、配達先に到着しても2〜3割が不在で燃料を浪費するだけの“ムダ走り”が増え、再配達が必要になります。
時間指定が12時〜14時に集中すると昼食休憩は取れず、20時〜21時に集中すると営業所に戻るのは21時過ぎになり、タイムカードを打ってから“無給”の事務作業を強いられます。1ヵ月の所定労働時間を超えると会社的にヤバいらしく、繁忙期は『タイムカードを押してから残務処理をやってくれ』と上司から言われるんです。
体は相当きついですね。体調を崩しても、他のドライバーに迷惑が掛かるので休めませんし…。月収は28万円ですが、全然わりに合っていません。扱う荷物が多い日には、ついお客さんが不在でも玄関前に荷物を置いていってしまいます」
アマゾンの荷物を運ぶ作業は精神的にもツラい。
「アマゾンの荷物は一個250円程度で契約しています。他の荷物に比べれば、半額以下の激安料金。それなのに再配達は多いわ、時間指定でルート計画は狂うわで、運べば運ぶほど『赤字になってるんじゃ…?』と徒労感が募ります。
できることなら、会社にはアマゾンとの取引きをやめてほしいと思う。あのロゴを見るだけで吐き気がすることもあるので…」
こうしたヤマトのドライバーの過酷な現状はTVや新聞でさんざん報道されているところだ。そのためか、日経新聞が実施した読者アンケート『ヤマトの値上げ、賛成ですか?』の回答結果を見ると、実に8割の人が『賛成』の意向を示している。
さらに、前出のヤマトのドライバーはこう話す。
「時間指定で荷物の到着が遅れると、以前は『遅い!』『それでもプロか!?』なんて怒られることが多かったのですが、最近は『御苦労さま』『頑張ってね』と温かい言葉を掛けてくれるお客さんが増えています。仕事が大変なのは変わらないけど、ありがたいですね」
http://news.livedoor.com/article/detail/12851333/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1490576554/

続きを読む

ブリヂストン準社員「上司からタイヤをぶん投げられたりして、うつ病になった…」

ブリヂストン準社員、うつ病に…上司にタイヤ投げられる
ブリヂストン彦根工場(滋賀県彦根市)で準社員だった同県長浜市の男性(30)が在職中、上司からタイヤを投げられるなどのパワハラを受けうつ病になったとして、慰謝料などの支払いを求めて団体交渉し、同社が和解金50万円を支払ったことが16日、分かった。男性は2015年5月ごろから正社員の上司に「死ね」「使えんから早く辞めろ」などと暴言を吐かれるようになり、タイヤを投げられ打ち身になる暴行も受けた。
http://www.sanspo.com/geino/news/20170617/tro17061705000002-n1.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497683455/

続きを読む

「お客様が神様」の日本と違う、「労働者が神様」のスイスの高い時間給と満足度

http://allabout.co.jp/newsdig/c/83129
日本と欧州を比較したとき、考え方が正反対であることはたくさんあるが、「お客様は神様」の日本に対して、「労働者は神様」という欧州の考え方もそのひとつである。アパートの呼び鈴が2度短く鳴る。これは小包配達の合図だ。すぐに「今行きます」と言って降りていく。本当かどうか知らないが、2、3分で行かないと、郵便局が持って帰ってしまうと聞いているので、スリッパでもいいから引っ掛けていく。ちょうど日本から来ていた客が、「こっちではサービスが悪いと聞いていたけど本当ね。日本なら部屋の前まで持ってきてくれるわよ」と言った。しかしこちらでは、田舎は別かもしれないが、郵便屋さんが都会のアパートで毎日何十という小包を個人宅の戸まで持って届ける労力や時間は無駄であり、仕事の義務には入らないと考える。受取人はありがたく下まで取りにいくのが当たり前。小包配達屋さんは時間を節約しつつなるべく沢山の配達をして、夕方、家族のために健康でエネルギーいっぱいで退社してもらうのが良いと考える。
コープ(スイスの代表的なスーパーマーケット)の会計でも、こちらでは100%ベルトコンベアー式で、お客が会計係の都合がいいようにきちんと並べるのが義務になる。いい加減に置くと前後のお客に睨まれる。この間、太った会計のおばさんが並んでいるお客に「待った」という合図をして水を飲みだした。お客はその飲みっぷりを眺め、「あわてないでゆっくり飲んでよね!」とか声をかける。他の客も顔を見合わせ目で笑う。このおばさんは他の従業員より水分が必要なのかもしれない。一息入れて退社時間まで良い条件で仕事してもらいたいと願う。このようなおばさんは親戚に一人ぐらいはいるものなので、寛容になれるのかもしれない。
何十年も前、音楽店でアルバイトしていた日本人女性の話を思い出した。会話がまだ完璧でなくても仕事はきちんとしていたという。ある日、お客に「●●のCDは品切れで2日後に入ります」と言ったところ、お客は責任者のところまで確かめに行った。責任者は「彼女はここの従業員だ。彼女がそのCDは今ないと言ったらないのだ」と言ってお客を帰した。それから彼女はさらにやる気がでてきて一生懸命仕事をしたと話してくれた。
掃除のおばさんが月1回来てくれるが、「奥さん、これで擦ってはダメですよ。ここは酢をこのように……」と、経験豊富で自信たっぷりな人で、誇りを持ちきちんと仕事をしてくれる。スイスの90%以上の職業は最低時間給2000円をすでに獲得している。それぞれ責任と、ある程度の決定権がある。肉屋さんも、ケーキ屋さんも、マッサージ師も、時計の売り子さんも、皆自分の専門職を無駄がなく合理的に遂行できるように勉強し、厳しい試験を受ける。だから労働者は誇りを持っている。お客はその誇りを応援し、良い仕事さえしてくれれば日本のような丁寧なお辞儀なんかは期待してはいない。労働提供者もお客もお互いに疲労させない工夫をする。それが日常の満足度に代わるのではないか。
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1432092461/
【仕事】「お客様が神様」の日本と違う、「労働者が神様」のスイスの高い時間給と満足度

続きを読む

これからの日本は地獄のような未来が待っている…日本の「未来年表」が衝撃的すぎると話題に

最近、東京の街中でも、エスカレーターを歩いて上る人が目に見えて減った。数年間東京を離れていた外国人が高齢者の増加に驚いたという話も耳にした。少子高齢化にまつわる日々の変化は僅かであるが、着実に社会を変えていく。「静かなる有事」が、東京にもいよいよ及んできたということであろう。
本書は、少子高齢化問題に対する不作為に長年警鐘を鳴らしてきた著者が、政策決定に影響力を持つ人々でさえ正確に理解していないこの問題の実態を明らかにし、これから人口がどのように減り、それがいかに今後のわが国に大きな影響を及ぼすかについて、さまざまなデータを丹念に追うことによって、時系列に描き出したものである。
(省略)
全文
【書評】日本生産性本部理事長・前田和敬が読む『未来の年表』河合雅司著 AI、外国人労働者受け入れ 活躍推進…いずれも切り札にならない 「静かなる有事」時系列で描く
http://www.sankei.com/life/news/170716/lif1707160019-n1.html

2020年 女性の半数が50歳超え
2024年 全国民の3分の1が65歳以上
2027年 輸血用血液が不足
2033年 3戸に1戸が空き家に
2039年 火葬場が不足
2040年 自治体の半数が消失
2042年 高齢人口がピークを迎える
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500177702/

続きを読む

日本の「お客様は神様」はやりすぎ。有事には店側も強気の対応が必要。

「お客様は神様」今は昔 行き過ぎ言動後絶たず
神戸新聞NEXT 1/5(木) 7:30配信
かつて流行し、今も社会に根付く「お客様は神様です」という言葉が問い直されている。店員に土下座を要求したり、駅員に詰め寄ったりと、一部の客の行き過ぎた言動が後を絶たないためだ。他人への不寛容な風潮は強まるばかり。自らの心を押し殺して接客せざるを得ない労働は「感情労働」と呼ばれ、それが必要な職場で働く人を守ろうと、国に対策を求める動きも出てきた。
「1本の電話で1時間以上、苦情をうかがうこともある。さすがに悪意のある言葉を聞き続けると、心まで疲れ果ててしまう」兵庫県内の企業で、客の苦情などに対応するベテラン男性社員はこぼす。人格を否定されたり、「家まで行くぞ」と脅されたりする電話も受ける。言いがかりなどに対応する研修の開催も重ねている。飲食や鉄道など不特定の客と接する感情労働の現場では、客からの苦情や暴力も多い。
「お客様は-」は昭和を代表する演歌歌手、三波春夫さんのフレーズとして流行した。ただ、三波さんの公式ホームページでは「お客様は聴衆。飲食店などのお客様ではない」と説明。「三波本人の真意と違う意味で使われている」「クレーマーには格好の言い分になっている」と現状を嘆いている。
■従業員の人権に理解を
日本の感情労働は海外と比べても特殊。働く人は際限なく笑顔などが求められ、その対価も客の笑顔などの感情で受け取っているのが現状だ。使用者は給与と引き換えに労働力を提供してもらうのであり、感情はその対価にならないことを理解しなければならない。
-端折っているので細かくはソースで-
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000000-kobenext-l28
感情労働を巡る韓国の事例を紹介した集会=大阪市

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1483604696/

続きを読む