台湾

台湾出張中に緊急入院し、未だ昏睡状態の日本人男性、台湾の人々の寄付金により無事帰国し治療へ

今月初め台湾の病院に救急入院したまま、現在も回復の見込みが立たない日本人男性が、台湾の人々の寄付と温かい思いに支えられ、あさって23日、医療用専用機で帰国し日本で治療を続けることになった。
この男性(50)は今月5日、台湾での出張を終えて日本へ戻る際に乗った航空機内で意識不明に陥った。同機はただちに桃園国際空港に引き返し、男性を県内平鎮市の私立病院に搬送。脳幹出血による重度の昏睡状態で集中治療室での治療が続けられた。まもなく男性の妻と娘が日本から台湾に駆けつけたが、その後2週間経っても容態の回復は見られなかった。
何度も治療の継続を諦めようと考えていた家族は、台湾の人々に励まされ、また日本には高齢の両親もいることから、男性を日本に連れて帰って治療を続けることを決心、23日の帰国を計画した。去年保険を解約したばかりで、台湾での医療費と日本に連れて帰るための専用機の費用162万台湾元(約547万円)など重い負担がのしかかることを覚悟していたが、台湾の友人らの勧めもあって集められた寄付金を使うことになり、20日夜には台湾企業の代表からも寄付が届いた。
これまでの入院期間中には、地元の人が通訳を買って出たり、男性の世話にあたって病院で働くボランティアらが支援したり、病床で日本の歌を歌ってくれたりしたほか、台湾の友人たちが帰国費用の資金集めに奔走し、状況を知った他の入院患者の家族などから少しでも足しになればと数千元の寄付があったりしたという。
男性の妻と娘は、台湾の多くの人々の温かい心に感銘を受け、差し伸べてもらった温かい援助の手に感謝したいと取材陣に対し、何度も深々とお辞儀をしていた。
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201407210004.aspx
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1405936437/
台湾出張中に緊急入院し、未だ昏睡状態の日本人男性、台湾の人々の寄付金により無事帰国し治療へ

続きを読む

「沖ノ鳥島はただの岩!」台湾で漁師200人が謝罪を求め日本大使館に抗議親日国なのに……なぜ…?

【台北時事】
日本の海上保安庁が沖ノ鳥島の東南東150カイリ(約278キロ)の海域で25日に台湾漁船を拿捕(だほ)したことに対し、台湾の船主や漁業者団体のメンバーら約200人が27日午前、台北市内の交流協会台北事務所(日本大使館に相当)前で抗議活動を行った。
主催者は「沖ノ鳥島は島ではなく岩だ」と述べ、日本が一方的に同島を起点に排他的経済水域(EEZ)を設定していると主張。日本政府に謝罪を要求し、交流協会が入居するビルに向けて生卵を投げた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000098-jij-cn
関連記事
2016-04-26
沖ノ鳥島の沖で拿捕された台湾船「受け入れがたい!こんなのが島だとは確定してない」
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461743152/
「沖ノ鳥島はただの岩!」 台湾で漁師200人が謝罪を求め日本大使館に抗議 親日国なのに……なぜ…?

続きを読む

女性「幽霊にレイプされた」→警察が被害届を受理→病院へ連れて行った

http://japan.techinsight.jp/2012/01/031530_ghost_rape.html
大晦日の夜、女性が警察に駆け込みレイプ被害を訴える事件が発生した。女性が
「寝ている間に幽霊にレイプされた」
と訴えたため、警察は女性が冗談を言っていると思ったという。しかし、女性が頑なに被害を訴えるので受理した。
レイプ被害を訴えたのは新北市に住む女性(46歳)で、警察に対し
「幽霊は道士のような格好をして、術を使って私を動けなくした」
と話す。女性は話し終わるとさらに、「色情鬼」を捕まえてほしいと頼んだそうだ。警察は呆気にとられたが、女性を病院へ連れて行き検査を行った。
病院へ着くと女性は医師に、「レイプされた後は下半身が赤く腫れる」などと説明した。
しかし、医師は「根拠のない話」であると判断した。警察の調べでは、この女性は昨年11月にも同様の通報があったという。しかし被害届を拒否することはできないため、性的暴行被害のマニュアルに則って処理している。

続きを読む

幸せな国ランキング→台湾>>>日本>韓国

http://www.cnn.co.jp/business/35032638.html
パリ(CNN) 経済協力開発機構(OECD)は28日、生活の満足度やワークライフバランス、所得などの指標に基づく先進諸国の幸福度を発表した。オーストラリアが3年連続で1位となった。
OECDが独自に設けた「より良い暮らし指標」は、各国の住宅や教育、保健、市民参加を含む11項目を比較している。
オーストラリアは2007年以降の世界金融危機にも大きな影響を受けず、昨年までの20年間、平均3.5%の経済成長率を維持してきた。背景要因としては豊かな資源に対するアジアからの需要や、安定した金融システムが挙げられる。
15〜64歳の就業率は73%と、OECD平均の66%より7ポイント高い。
一世帯当たりの可処分所得は2万8884米ドル(約295万円)で、これも平均の2万3047米ドルを上回った。
一方で、年間労働時間はOECD平均より83時間短かくなっている。国民の共同体意識や市民参加度も高く、「困った時に頼れる人がいる」と答えた人は全体の94%に上った。
2位のスウェーデンは平均余命でオーストラリアと並ぶ一方、可処分所得は2万6242米ドルと及ばなかった。
就業率は74%、生活への満足度もOECD平均を超えている。日常生活の中で抱く「誇り」「喜び」といった
プラスの感情と「苦痛」「退屈」などマイナスの感情を比べ、プラスの方が多いと答えた人は85%を占めた。
3位はカナダ。同国の就業率は72%、可処分所得は2万8194米ドルだった。共同体意識も高いが、市民参加度は「普通」にとどまった。
上位3カ国とも貧富の差は大きく、上位20%の層と下位20%の層の所得の間には4〜6倍の開きがあった。
4位以下にはノルウェー、スイス、米国、デンマーク、オランダ、アイスランドが並び、英国が10位。日本は36カ国中21位だった。
関連
幸せな国ランキング、台湾は35位 日本や韓国上回る
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201603170007.aspx
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1458475708/
【国際】幸せな国ランキング、台湾は35位 日本(53位)や韓国(58位)を上回る

続きを読む

台湾国、アメリカ製の最新鋭戦車108両、対戦車ミサイル1500発、地対空ミサイル250発を購入

台湾、米製戦車・ミサイル購入の意向認める 中国反発
【6月7日 AFP】台湾は6日、米国から最新鋭の戦車と携帯型ミサイルを購入する意向であることを認めた。これに対し中国は激しく反発している。
(省略)
全文
https://www.afpbb.com/articles/-/3228833?act=all
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1560091651/

続きを読む

ボクが台湾を「大っ嫌い」な3つの理由―ドイツ人が発言、動画が評判に

台湾で、インターネットで3日に公開された「ドイツの男が台湾を“大っ嫌い”な3つの理由」と題する動画が注目を集めている。7日午後4時までに閲覧回数は36万回を超えた。カメラに向かってドイツ人という若い男性が、「台湾を大っ嫌いな第1の理由は人々がフレンドリーすぎること。おかげで道を覚えられない」、「食べ物がおいしすぎる。ぶくぶくに太ってしまう」、「自然が美しすぎる」などと述べ「(ドイツに)帰りたくないんだよ。これ以上ここにいたら、ママに殺されちゃうよ」などと、台湾のすばらしさを“批判”した。
3日に公開され、2日間で閲覧回数は5万を突破。その後、台湾のテレビで紹介されたこともあり、7日午後4時までに閲覧回数は36万回を超えた。
画面ではワイシャツにネクタイ姿の若い男性が、「台湾に来て、ずいぶんたつけど、台湾が本当に大っ嫌いな3つの理由があるんだ。それは人、食べ物、自然さ」と話しはじめる。「ドイツ人」と紹介されているが、男性は英語で語っており、中国語と英語の字幕がつけられている。
男性はまず台湾人について「フレンドリーすぎるのさ」と述べ、「いつもボクに、何か困っていることはないかと尋ねてくる」、「道に迷うと、きっと教えてくれるんだ。だからボクは、また(同じ場所で)道に迷うことなる」と“不満”を語った。
次に台湾の食べ物を“批判”。「台湾の食べ物は、おいしすぎるんだ」、「これ以上食べたら、ぶくぶくに太ってしまう」と述べた。
男性の話す言葉の一部は、「放送禁止用語」をカットするように信号音をかぶせられている。やや下卑た口語表現で、台湾人の性格のよさや食べ物のおいしさを強調した部分をカットすることで、面白さを演出したと思われる。
同男性は最後に、台湾の自然の素晴らしさに言及。「あまりにも美しすぎる」と述べた上で、「(ドイツに)帰りたくないんだよ。これ以上ここにいたら、ママに殺されちゃうよ」と“ボヤい”てみせた。
全文を読む
http://news.searchina.net/id/1529141
転載元スレッド:
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396919504/
ボクが台湾を「大っ嫌い」な3つの理由―ドイツ人が発言、動画が評判に

続きを読む

犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。

犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。
台湾の動物保護施設センターで管理者として働いていた、簡稚澄さんという31歳の女性が自殺した。

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業した彼女。同僚からも「優しく、プロフェッショナルな人物」として認められていたが、保護施設の過密問題のために、彼女は2年間に700匹の犬を“処分”しなければならなかった。動物に対し愛情と信念を持って接し続けていた簡さんは落ち込む毎日の中で、安楽死の処置を行って死にゆく犬を何度も抱きしめていたという。

しかし動物保護団体は簡さんを槍玉に挙げて「美しき死刑執行者」「美しき屠殺人」と厳しく批判し続けた。そして先日、思い詰めた簡さんは犬に投与してきた安楽死用の注射を自分にも打ち、昏睡状態に陥ってそのまま息を引き取ることに。

中国紙人民日報や英紙デイリー・メールなどがこの悲しい事件を取り上げると、
ネットでは「なんというかわいそうな女性。きっと心の優しい人だったのでしょう」
「どうして次から次へと犬が処分されなければならないんだ。人口比からみてもおかしいだろう」
「憐れとは思わない。彼女は自分の仕事から逃げたに過ぎない」「償いたかったのだろうか。やりきれない」
「政府がきちんとしないと同じようなことは繰り返される」といったコメントが寄せられているようだ。
http://www.narinari.com/Nd/20160537804.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1464788572/

続きを読む

台湾高速鉄道、日本の新幹線技術を中国に渡した模様

新幹線の技術が採用された台湾高速鉄道、基幹技術が中国側に流出か?=台湾報道
台湾メディアの自由時報は2月28日、台湾高速鉄道の運営会社の前副総裁が2016年11月、中国側と協力に向けた覚書を「ひそかに」交わしていたと伝え、これによって台湾高速鉄道の基幹技術や資料が中国側に流出した可能性があると報じた。
報道によれば、台湾高速鉄道の運営会社の前副総裁は16年11月、中国政府系の研究機構である中国鉄道科学研究院と技術やサービスに関する協力を行う旨の覚書を「ひそかに」締結したという。
さらに、前副総裁は中国側への「手土産」として、建設や運営、メンテナンスに関する資料を渡した可能性があるとし、そのなかには台湾高速鉄道の基幹技術も含まれていた可能性がある。
台湾高速鉄道の運営会社は事件発覚後、前副総裁に対する調査を行ったが、前副総裁は「中国高速鉄道の技術はもはや欧米や日本に劣るものではない」と回答したうえで、「中国側との技術交流は台湾にとって無駄にはならない」などと主張したという。一方、前副総裁はすでに自発的に退職しており、退職金を手にしたうえで転職にも成功している。
また、台湾メディアの鏡傳媒は、前副総裁が中国側に渡した手土産によって、台湾高速鉄道の基幹技術が流出した可能性が「極めて高い」と伝えている。台湾高速鉄道は新幹線の技術が導入されており、その基幹技術が中国側に漏えいした可能性があるとすれば、それは日本にとっても看過できるものではないはずだ。(編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1630582?page=1

続きを読む