政治・経済

国民民主・玉木「JOCの竹田会長を国会招致しろ。説明責任果たせ」

東京オリンピック・パラリンピックの招致をめぐり、フランスの司法当局がJOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長を贈賄に関与した疑いで調べている問題で、国民民主党の玉木代表は説明責任を果たすべきだとして、竹田氏の国会招致を求めていく考えを示しました。
(省略)
全文
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190116/k10011779821000.html

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1547625706/

続きを読む

日本共産党「朝日新聞が吉田証言を撤回しても、河野談話の真実性は少しも毀損しない」社民党「慰安婦問題の縮小はあり得ない」

このような状況で重大な女性人権侵害である軍隊慰安婦問題の本質を直視しようという指摘も相次いで出た。
山下ヨシキ(山下芳生)日本共産党書記局長は
“慰安婦問題でグンの関与と強制性を認めたコウノ談話の真実性は少しも損傷しない”
と話したし
社民党の吉田吉田忠智党首は”慰安婦問題を縮小するのはありえない”と強調した。
また、毎日新聞は7日社説で
“‘旧日本軍の関与’という表現を使って政治的に結び目知恩コウノ談話をアベ政権が継承すると世界に約束した以上’広い意味の強制性なのか’,’狭い意味の強制性なのか’のような国内論議に時間を浪費するのは国益を害する”
として
“‘戦時下女性の尊厳’というグローバル イシューで認識して日本の対処を新しく構築していかなければならないだろう”
と指摘した。
一緒に社説は
“軍隊慰安婦問題は当初展示に女性の尊厳が踏みにじられた普遍的人権の問題”
“それでもアサヒが吉田証言を前提とした報道を継続して国内論議は慰安婦強制連行の有無にだけ焦点が合わされたし、その結果女性の人権という問題の本質が歪曲されたことは残念”
と少なかった。
http://www.excite-webtl.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.yonhapnews.co.kr%2Finternational%2F2014%2F08%2F07%2F0602000000AKR20140807070800073.HTML&wb_lp=KOJA&wb_dis=2&wb_chr=
関連スレ
朝日新聞、共産党員∧プロ詐欺師である吉田清治の「慰安婦強制連行証言」を意図的に取り上げウソ拡散、都合の悪化でこっそり論調変更
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1400674823/
共産党員・吉田清治の証言による従軍慰安婦の強制連行、「すでに真実性は明確に証明済み」と志位委員長
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1394853872/
「河野談話」の根拠となった聞き取り調査、会場は反日団体の事務所、オブザーバーとして福島瑞穂弁護士も参加していた
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1393582235/
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1407381911/
日本共産党「朝日新聞が吉田証言を撤回しても、河野談話の真実性は少しも毀損しない」 社民党「慰安婦問題の縮小はあり得ない」

続きを読む

IMF「アベノミクスが日本を景気低迷から浮上させた」年次審査で声明

「アベノミクスが景気を浮上」 IMF、年次審査で声明
国際通貨基金(IMF)は22日、日本経済についての年次審査を終え、声明を発表した。安倍政権の経済政策「アベノミクス」が景気を改善させたと評価する一方、信頼できる中期的な財政健全化計画や構造改革の加速を求めた。
声明は「アベノミクスが日本を景気低迷から浮上させた」と指摘。輸出や個人消費が回復し、雇用環境も改善して賃金も上向き始めているとして、「緩やかな景気回復が続いている」と分析した。ただ、米中の成長鈍化などによる懸念も指摘している。
財政健全化のため、日本政府は政策に必要な予算を借金に頼らずにまかなえているかをみる「基礎的財政収支」(プライマリーバランス)の黒字化に向けた新計画づくりを進めている。声明は「過度に楽観的な経済前提は政府への信認を損なうおそれがある」として、現実的な予測に基づくようクギを刺した。
インフレ率「年2%」を目標に日本銀行が進める金融緩和は「目標を安定的に達成することをより強調すべきだ」として、先行きの政策方針についてのより明確な説明や、追加緩和への準備などを求めた。
http://www.asahi.com/articles/ASH5Q4FLMH5QUHBI013.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1432377441/
【サヨク悲報】 国際通貨基金(IMF)が声明発表 「アベノミクスが日本を景気低迷から浮上させた」

続きを読む

韓国によるLINE傍受問題にネット議員片山さつき氏が参戦!


無料通話アプリ「LINE」の通信内容を韓国当局が傍受していたとされる問題の余波が、永田町にも広がりつつある。自民党の片山さつき参院議員が関係省庁に対して事実関係の究明を求める考えを明らかにし、総務省などは対応に追われることになりそうだ。
情報誌「ファクタ」が報じた事実関係についてLINE側は事実無根だと主張しているが、ファクタ側は反論の文章をブログに掲載し、「掲載した記事は確証があるとお考えください」と主張している。
「最高レベルの暗号技術」が「破られているというのが本誌の認識」
この問題は「ファクタ」が2014年6月19日に報じ、同日中にLINEの森川亮社長がブログで、「国際基準を満たした最高レベルの暗号技術を使って通信されていますので、記事に書かれている傍受は実行上不可能です」と反論していた。ファクタ編集部も同日夜に、ブログで再反論。LINE側が傍受を否定する根拠としている「最高レベルの暗号技術」が「破られているというのが本誌の認識」だと主張した。また、LINEがファクタに対して抗議する方針を示していることについては、「もし抗議するなら、LINEは国情院に対して傍受に抗議すべきでしょう」とした。だが、LINEは傍受されていないという立場をとっている。その上、仮に傍受されていたとしてもその事実をLINE側が確認できるかは不明なため、LINEが韓国側に抗議することはありえないと思われる。いずれにしても、ファクタ、LINEともに「傍受されている」「傍受されない仕組みになっている」といった主張の根拠が必ずしも詳しく説明されていないため、第三者からは判断材料を欠く状態になっている。
「事実関係究明、対応策について、明日関係部局から話を聞き、動きます!」
そんな中、永田町で事実関係の解明を求める声が上がっている。自民党の片山さつき参院議員は19日夜、「韓国情報院によるLINE盗聴・疑惑について、事実関係究明、対応策について、明日関係部局から話を聞き、動きます!」とツイートし、LINE問題を追及する姿勢を示した。片山氏は12年には、有名お笑い芸人の母親が生活保護を受給しているという週刊誌の報道をツイッターで取り上げ、これをきっかけに生活保護の不正受給問題を追及したという経緯がある。今回も、片山氏の働きかけをきっかけにLINEをめぐる情報セキュリティーの問題がクローズアップされる可能性もある。
http://www.j-cast.com/2014/06/20208280.html?p=all
片山議員のツイート


関連記事
2014-06-18
【LINE】韓国政府の諜報機関、LINEの通信内容を傍受していることが判明
2014-06-19
韓国がLINEの通信内容を傍受していると言う報道に日本のLINE代表森川氏が全否定
2014-06-20
愛子さまがLINEを開始 初等科時代の同級生らと連絡取り合う → 「このタイミングかよ!」
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403290927/
LINE傍受問題にネット議員片山さつき氏が参戦!

続きを読む

シャープ「もうアカン…中国に液晶技術売るわ」

シャープ、液晶技術をインド企業に提供へ 利益確保狙う
経営再建中のシャープは、インドの大手素材メーカーに、液晶パネルの技術を提供する方針を固めた。生産ラインの立ち上げを指導することで、70億円超の報酬を見込む。国内の大手電機メーカーが、自社で囲い込んできた技術を海外に売り出すのは異例だ。業績が苦しいなか資産の売却を進めており、海外から評価の高い技術も売ることで、少しでも利益を確保しようとしている。
インドの「スターライトテクノロジーズ」に、主にテレビ向けの液晶パネルの作り方を、人材も派遣して教える。スターライトは液晶事業のノウハウが少なく、シャープの技術を活用して、新規参入をめざす。シャープはかつて液晶技術を「門外不出」とし、囲い込む戦略だった。韓国や中国などのライバルに渡ると、高品質の製品を安く作られて、価格競争で負けてしまう恐れがあるためだ。だが、過大投資もあってここ数年は経営が予想以上に悪化。大阪市の本社の土地や建物の売却を決めるなど、資産の処分を迫られていた。
売れる資産には限りがあるため、技術を提供してでも、利益を得ようとしている。韓国や中国に比べて液晶事業の蓄積が少ないインドの企業であれば、技術を渡しても、すぐには競合相手にならないとの判断もある。業績に早く反映させるため、交渉を今年度内にまとめたい考えだ。
シャープは他にも、中国の液晶メーカーなどへの技術提供を、検討しているとみられる。
元記事(登録必要)
http://www.asahi.com/articles/ASHCW42H7HCWPLFA004.html?iref=comtop_6_02
auヘッドラインのキャッシュ
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:hihpiY_rkQcJ:hl.auone.jp/article/detail%3Fgenreid%3D7%26subgenreid%3D19%26articleid%3DKTT201511280457+&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1448669177/
シャープ「もうアカン…中国に液晶技術売るわ」

続きを読む