映画映像関連

【悲報】超映画批評「ルパン三世」3点(100点満点中)wwwwwwwww


珍映画史・新たなる伝説
邦画における「漫画原作の映画化」において、珍作ということで必ず話題に上るのが「ルパン三世 念力珍作戦」(74年)である。何十年たっても語り継がれるほど難しい題材なのに、それをまた実写にしようというのだからよほどの自信があるのだろうと思われたが、ふたを開ければ念力珍作戦を上回るトンデモ映画であった。
若き大泥棒ルパン三世(小栗旬)は泣く子も黙る大泥棒だが、峰不二子(黒木メイサ)を救うため、せっかく盗んだ大事なお宝を簡単に手放すほど情に厚い男。ところがその優しさを利用され裏切られたばかりか、大恩あるドーソン(ニック・テイト)の命まで奪われてしまう。そんなルパンは信用できそうな次元(玉山鉄二)と組み、さらに石川五ェ門(綾野剛)を呼び寄せ秘宝をめぐる復讐戦に挑む。
キャスティングはどうあれ、「念力珍作戦」はその時代らしさがよく出たコメディとしては悪いもので はなかった。珍作ではあるし、誰もが期待するルパン三世とは大きくかけ離れてはいるが、映画自体は 意外な実力者、といったことでどこか愛されている印象だ。
ところが14年版「ルパン三世」にはそういう愛らしさがない。
映画全体が発する自己顕示欲とでもいおうか、「このアクションカッコいいだろう」「このポーズ、格好いいだろう」「このセリフ」「この衣装」「この(略)」と、ものすごい押し出し感である。
そして大事なことに、そのどれ一つとして、まったくカッコよくないのである。
北村龍平監督の考える、”クールなもの”、コメディとして笑えるツボ、全部ズレている感じがする。
たとえば漫画的演出の最たるものである斬鉄剣が鉄を切る場面、それ自体は別にいい。そこを思いっきり、やりすぎなくらいのトンデモアクションにするのは、中途半端にリアリティを出そうとするより好感が持てるやり方だろう。
だがその凝りっぷりをすべてのシーン、すべてのショットでやろうとする必要などない。
全文
http://movie.maeda-y.com/movie/01896.htm
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409318866/
【悲報】 超映画批評 「ルパン三世」3点(100点満点中) wwwwwwwww

続きを読む

アンジェリーナ・ジョリー監督作『Unbroken』、捕虜を虐待する日本兵の残虐性に出演俳優が嘔吐

アンジェリーナ・ジョリー監督作『Unbroken(原題)』に出演した日本人のミュージシャンMIYAVIは、同作でワタナベという伍長の役を演じており、捕虜に非人道的な虐待をする役どころ。
ジャック・オコンネルが演じた主役ルイスに暴力をふるうシーンでは、その残虐性があまりにもリアルだったため、嘔吐してしまったと告白している。
「他の俳優たちを憎悪しなければいけないということは拷問のようだった。僕は単なる悪い男は演じたくなかったから、彼を殴る時、自分の家族を守っているんだと考えた。(ワタナベは)クレイジーでサディスティックだが、同時に弱くて、トラウマを抱えた人間」とそのキャラクターを明かしている。
アンジェリーナは、この役柄を演じさせるために彼を説得したのだそうで、「この作品は僕の国では今でも痛みを伴う内容だ。しかし彼女は、対立したすべての国を繋ぐ橋を作りたいと言った。彼女にはとても説得力があった」と話している。
MIYAVIは、残虐なシーンを撮り終えた後には、「涙が止まらなかった」と語っている。
映画のワンシーン

http://news.walkerplus.com/article/52185/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1415442441/
【映画】アンジェリーナ・ジョリー監督作『Unbroken』、捕虜を虐待する日本兵の残虐性に出演俳優が嘔吐

続きを読む

『ボヘミアン・ラプソディ』動員500万人&興行収入70億円突破!洋画年間1位も視野に

伝説のバンド・クイーンのフレディー・マーキュリーの生きざまを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、公開8週目で動員500万人と興行収入70億円を突破したことが30日、わかった。
(省略)
全文
https://www.oricon.co.jp/news/2126726/full/
2018-12-30 17:58


転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546161480/

続きを読む

『この世界の片隅に』3週連続で週末興収が前週越え動員ランキング4位へジャンプアップ!

『この世界の片隅に』3週連続で週末興収が前週越え! 全国映画動員ランキングは、前週6位からなんと……
2016/12/5 22:00
このたび、絶賛上映中のアニメ映画『この世界の片隅に』が、公開4週目の、12月3日(土)、4(日)の週末興行成績で、興収6,791万4,220円、動員4万6,108名、公開館数87館(初週より+5館)を記録。これにより前週比104%の興収をとなり、全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)ではなんと、4位へジャンプアップしました! 累計動員32万8,618名、累計興収4億5,074万0,140円を突破! 週を追うごとに右肩上がりに勢いを増しています。
本作は人気コミック『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)の劇場アニメ化作品。片渕須直監督が、6年の歳月をかけて作り上げできました。戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性・すずを描いている作品です。
週末興収推移
【公開週/全国動員ランキング/動員数/興行収入/公開館数)
1週目(11/12、11/13)/10位/3万2,032名/4,704万2,090円/ 63館
2週目(11/19、11/20)/10位/3万9,638名/5,679万8,980円/68館
3週目(11/26、11/27)/6位/4万4,048名/6,494万9,160円/82館
4週目(12/3、12/4)/4位/4万6,108名/6,791万4,220円/87館
(以下略、全文はソースをご覧ください。)



http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1480940059
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1480947068/

続きを読む