漫画・小説関連

アカギ、連載19年たっても作中時間が1日も進んでいないwwww

http://natalie.mu/comic/news/214161
2016年12月21日 15:41
TBSのテレビ番組「水曜日のダウンタウン」が、本日12月21日放送回にて「時間の進みが遅い漫画ランキング」を発表する。
「水曜日のダウンタウン」は「人は誰しも自分だけが信じる“説”をもっているはず」という趣旨で、著名人がプレゼンする様々な説を検証する情報エンタテインメント番組。本日12月21日の放送回では「現実との時間経過の乖離が最も激しい漫画『アカギ』説」がプレゼンされ、執筆期間の長さと作中の時間経過が乖離している作品を調査した結果がランキング形式で発表される。
福本伸行の「アカギ」は一晩の麻雀が連載19年以上にわたって続いている作品だが、はたして本当に1位となるのか。答えは番組で確認しよう。

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1482325159/

続きを読む

「ドラゴンボール」で超サイヤ人が金髪になった意外な理由

19日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、少年誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の11代目編集長・中野博之氏が、漫画「ドラゴンボール」に登場する超(スーパー)サイヤ人の髪が金色になった理由を明かした。
(省略)
中野氏によると、鳥山氏が「黒く塗る手間を省きたかった」からだという。当時、鳥山氏もアシスタントも多忙で、作業効率を上げるために金髪にしたというのだ。
全文
2018年3月19日 16時0分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14454609/
画像

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521454759/

続きを読む

銀魂新年挨拶動画に「旭日旗はやめて!」のツイートが寄せられ物議!

2017年夏に公開予定の実写映画『銀魂』。1月1日、主演の小栗旬さんや菅田将暉さん、橋本環奈さんがそれぞれのキャラに扮し、新年の挨拶をしている動画が公式サイトにアップされた。
「あけましておめでとうございます」と三人並んで挨拶し、「それ銀魂音頭でギンギンギン」と『銀魂音頭 お正月篇』を歌い踊るというなんとも楽しいもの。
背景には「迎春」という文字と富士山に初日の出、といった具合でめでたさ満載。
映画『銀魂』公式の『Twitter』アカウント(@gintama_film)も
明けましておめでとうございます
今年の夏は「銀魂」だ〜♪
銀さん、ぱっつぁん、神楽から新年のご挨拶です。
(作詞:小栗旬、作曲:橋本環奈、振付:菅田将暉)
※映像は本編の内容と異なる場合があります。
とツイートし動画をアップしていた。
しかし、背景の日の出がいわゆる「旭日旗」だということで、反発するユーザーがいた模様。「旭日旗は抜いて!!」というツイートや、ハングル語で書かれたツイートが寄せられる。それに反論する別のユーザーもいて、物議を醸しているようである。
写真

2017年1月2日 7時10分 ガジェット通信
http://news.livedoor.com/article/detail/12490051/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1483341882/

続きを読む

【衝撃】ジャンプ新連載「ドラゴンボール外伝〜転生したらヤムチャだった件〜」がネットで大絶賛(笑)

新連載の漫画「ドラゴンボール外伝 〜転生したらヤムチャだった件〜」が、インターネット上で大絶賛されている。この作品は、漫画を無料で読むことができる週刊少年ジャンプのインターネットサイト「ジャンプ+」に掲載されているもので、ブラウザやアプリで読むことができる。
・よりによってヤムチャになった
ストーリーは非常に奇抜だ。リアルな世界で学生をしている、ドラゴンボールが大好きな少年が主人公。とある事故がきっかけで、気か付くとドラゴンボールの世界にいた。よりによって、ヤムチャになって!
ドラゴンボールの読者なら、絶望するに違いないシチュエーション(笑)。はたして、どうやって「ヤムチャの不憫な人生」を生き抜いていくのだろうか……。
・「弱さ」がネタにされるヤムチャ
ヤムチャはドラゴンボール登場キャラクターのなかでも最弱の部類に属し、敵と戦ってもすぐに倒されてしまうことで有名。ファンの間では「弱さ」がネタにされることはあったが、今回は集英社が公式で「弱さ」をネタにしているのである。
・ドラゴン画廊リー先生が作画
原作者は鳥山明先生だが、作画は「ドラゴン画廊・リー」がおこなっている。リアル世界とドラゴンボール世界の絵柄の使い分け、そして「あえて完璧に似すぎないようにしている工夫」などが見て取れる。読んでいて違和感がないし、申し分ない作画といえるだろう。
ちなみに、鳥山明先生以外が描いたドラゴンボール外伝としてはこれが2作目にあたり、一作目は漫☆画太郎先生が1990年に描いた「DRAGON BALL外伝」が最初となる。
・とてもチャレンジングな作品
実際に漫画を読めば、単なるパロディや外伝ではないことがわかる。スムーズにすらすらと読み進められるだけでなく、ストーリーも気持ちがよいくらいスピーディーに進み、読者がストレスを感じない展開となっている。
この作品は非常に冒険的であり、チャレンジングな作品なのは間違いない。

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1481487402/

続きを読む

さくらももこさん死去まる子声優TARAKOが追悼コメント

さくらももこさん死去 まる子声優TARAKOが追悼【コメント全文】
『ちびまる子ちゃん』の作者として知られる漫画家・さくらももこさんが、乳がんのため、15日に死去した。53歳だった。これを受け、主人公・まる子の声優・TARAKOが故人を偲び、コメントを寄せた。以下、コメント全文。
■声優・TARAKOコメント
(省略)
全文
https://music.oricon.co.jp/php/news/NewsInfo.php?news=2118362
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1535367402/

続きを読む