科学・技術

東芝、絶対に破られない究極の暗号「量子暗号通信」を実用化へ

東芝は「理論上破られない」究極の暗号とされる量子暗号通信の実用化にめどをつけた。一般回線を使った量子暗号通信の実証実験や、同時に複数の拠点と情報をやり取りすることに成功し、インターネットでの活用にも道を開いた。東芝は5年後をめどに実用化する。光回線の情報を「盗聴」するなど、巧妙さと悪質さを増しているサイバー攻撃への対策に役立てる。
量子暗号通信は暗号処理を施したデータとその暗号を解く鍵を、光ファ…
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ3000V_Q4A830C1MM8000/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409427181/
東芝、絶対に破られない究極の暗号「量子暗号通信」を実用化へ

続きを読む

【速報】アメリカのパデュー大学が第6の味覚を発見その名も「脂味」

第6の味覚は「脂味」 米パデュー大の研究チームが発見
甘味、酸味、塩味、苦味、うま味に続く「第6の味覚」を、米パデュー大学の研究チームが発見し、学術誌Chemical Sensesに論文(Oleogustus: The Unique Taste of Fat)が掲載されています。
【脂、おいしいよね!(知ってた)】

大学の発表によると、同大学の研究チームは「脂味(Oleogustus)」を第6の味覚として提唱。研究では102人のサンプルに対し、脂肪酸を含む液体と含まない液体を与えて区別させたところ、ほとんどの人が脂肪酸が入っている方をはっきりと区別することができたそうです。
従来の研究では、脂は「味覚刺激物」ではなく、あくまで食感(脂っこさ)に影響を与えているだけ――という見方が有力でした。しかしこの実験により、脂(脂肪酸)にはただ食感を変化させるだけでなく、苦味や酸味、うま味などとも違う、独特の味覚を引き起こす要素があることが証明された形となります。
同チームは、「脂」を第6の味覚として定義することで、今後さらなる食品開発や健康管理などに役立てていくことができるだろうとコメントしています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000090-it_nlab-sci
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438069223/
【速報】アメリカのパデュー大学が第6の味覚を発見 その名も「脂味」

続きを読む

ムーアの法則の限界を突破へ!!

「ムーアの法則」の限界がささやかれている半導体に代わって、新たに「Metal-Air Transistor(金属-空気トランジスタ)」と呼ばれる技術が開発されています。金属-空気トランジスタが実現することで、ムーアの法則はあと20年間は維持されると言われています。
(省略)

全文
GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20181203-metal-air-transistor/
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1543840359/

続きを読む

東京大学工学部が燃えないリチウムイオン電池を開発

東京大学工学部化学システム工学専攻の山田淳夫教授、山田裕貴助教らは、燃えにくい電解液を用いた高性能4.6Vリチウムイオン電池の開発に成功した。
電気を蓄え、必要なときに取り出すことのできる二次電池は、電気自動車の普及に基づく低炭素社会の実現に向けた中核技術だ。
現在最も優れた二次電池はリチウムイオン電池だが、高密度エネルギー貯蔵(小型・軽量化)のため、現在の3.7Vから5V級への高電圧化の要請が強まっている。
このため、高電圧を発生する電極材料の研究開発が進んでおり、さまざまな5V級正極材料が提案されてきた。
しかし、既存の有機電解液を用いると、高電圧による副反応が継続的に起こることが問題になっている。
これまで、添加剤の使用など、既存電解液をベースとしたさまざまな改良が行われてきたものの、安定した充放電反応には至っていない。
加えて、既存の有機電解液は可燃性の有機溶媒を使用しているため、高電圧作動における安全性の確保も課題となっている。
既存電解液の延長線上ではない、革新的な電解液の開発が急務となっていた。
今回、東京大学大学院工学系研究科の山田教授と山田助教らのグループは、物質・材料研究機構の館山佳尚グループリーダー、
科学技術振興機構の袖山慶太郎さきがけ研究員らとの共同研究により、リチウムイオン電池の高電圧作動を可能にする新規な難燃性電解液を開発した。
この電解液は、2014年に発表した「濃い電解液」(高濃度電解液)の概念に基づいて新たに設計されたもので、リチウムイオンの濃度を極限まで高めることによって、
リチウムイオン、アニオン(マイナスイオン)、有機溶媒分子が相互に結び付いたネットワーク構造を持つことが、理化学研究所のスーパーコンピュータ「京」を用いたシミュレーションにより明らかとなった。
http://response.jp/article/2016/07/06/278019.html

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1467880390/
東京大学工学部が燃えないリチウムイオン電池を開発

続きを読む

【天文学】板垣さん、5分間で2個の超新星を発見、通算139個目

山形県の板垣公一さんが11月14日に発見した新天体が超新星と確認され、SN 2018imdの符号が付けられた。
【2018年11月30日 Transient Name Server】
山形県の板垣公一さんが11月14日20時42分ごろ(世界時。日本時では15日5時42分ごろ)、おとめ座の銀河NGC 4697に15.5等の超新星候補天体を発見した。天体の位置は以下のとおり。
赤経 12h48m24.95s
赤緯 -05°47′39.20″(2000年分点)
■NGC 4697周辺の星図と、DSS画像に表示した超新星。

(省略)

全文
アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10344_sn2018imd
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1543581707/

続きを読む

NTT、透明な電池を開発

日本電信電話株式会社(NTT)は、光透過性も持った「透ける電池」の基本動作を確認したと発表した。
(省略)
開発された「透ける電池」は、光の吸収を抑制しやすい材料を電池の電極として選択。適用できる領域の拡大を目指して、電極を導電性フィルム上に成膜し、電解質をゲル化することで、「透ける」だけでなく「曲がる」電池を実現したという。
全文(リンク先に他の画像あり)
2018年11月26日 18:53
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1155136.html
透ける電池

転載元スレッド:
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543235275/

続きを読む

炭素繊維の原料を電子レンジでチンしたら生産効率が10倍になったwwwwダイアモンド級の産業革命

新エネルギー・産業 技術総合開発機構(NEDO)は2016年1月14日、炭素繊維の新しい製造技術を開発したと発表した。
NEDOの材料開発プロジェクト「革新的新構造材料等研究開発*)」の一環として、NEDOと東京大学、産業技術総合研究所(産総研)、東レ、帝人、帝人の子会社である東邦テナックス、三菱レイヨンが共同で開発したもの。
従来の方法に比べて生産性を10倍向上するだけでなく、製造する際に必要なエネルギーと、発生するCO2排出量が半減するという。
軽量で強度が高く、寿命も長いことから、航空機や自動車などで採用が進んでいる炭素繊維。原料にPAN(パン=ポリアクリロニトリル)を利用した炭素繊維(PAN系炭素繊維)は、2020年まで年成長率15%で
伸びるとされる成長市場だ。日本が世界シェアの65%を占める基幹産業でもある。
燃費向上により環境負荷を低減できるため、輸送機器に取り入れられてきた。近年の適用事例では、ボーイングの航空機「ボーイング787」や、レクサス「LFA」、BMWの「i3」「i8」などの他、商船のプロペラや風力発電のブレードなどが挙げられる。
炭素繊維のニーズが伸びる一方で、製造に時間とエネルギーがかかることから、ニーズの増加に十分応えられるだけの量が供給できないという課題を抱えている。現在の炭素繊維の年間生産量は数万トンだ。それ故コストも高く、NEDOによると、2012年度は生産量が4万トンで、価格は5000円/kgだったという。だが、多くの自動車で使おうとするなら最低でも年間数十万トンを生産する必要がある。そのため、生産性の高い製造技術の開発が切望されていた。
■鍵は新原料と“レンジでチン”
PAN系炭素繊維の製造は、
1)PANから糸を作る、
2)それを酸化する(耐炎化する)、
3)さらにそれを炭化する、
4)表面処理を行う、
という、4つの主要工程から成る。
糸を高温で何度も“蒸し焼き”にして、炭素以外の成分を取り除いていくイメージだ。
(後略)
http://eetimes.jp/ee/articles/1601/14/news042_2.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452830025/
炭素繊維の原料を電子レンジでチンしたら生産効率が10倍になったwwww ダイアモンド級の産業革命

続きを読む