中国で「抗日」の女性画像がネットで論議。「日本と開戦せよ」との声多数

画像


こちら画像は、ここのところネット上の大きな掲示板に載せられ、話題となっているもの。
ショーツの屁股(お尻)の部分に日の丸を配して「抗日」、前には「莫忘国耻(国恥をわすれることなかれ)」などと書かれ、いかにも日本を挑発している画像ですが、各掲示板では以前、精華大学の掲示板に自分の写真を貼りつけて一時、ネットアイドルとなった芙蓉姐姐同様、この女性を単なる「目立ちたがり」としながらも、女性の行為そのものにはネットユーザらから多くの支持があつまっているようです。
画像に添えられていた説明によると、女性は自分を「美人思」と名乗る高校生。かつて、ネットに載せた自分の写真を「日本の女優」に似ていると言われ、はじけてしまった彼女は日本に行って本格的に勉強をしようと試みましたが、日本ではその顔立ちが「あまりに美しい」という理由から丁重に断られ、以来反日の道をひた走ることになったのだそう。ただし、確実な情報ではありません。
しかしながら先日の「毛沢東の立像にまたがった女性」とも比べられ、「彼女の行為は現代の若者に先の大戦でうけた「国恥」を喚起させる」などとの支持の意見が多く、まあ一種異様な雰囲気。
ちなみに記事下の掲示板に寄せられた書き込みのうち、「私もそう思う」は、多い順に
# 開戦せよ。80后(1980年代生まれ)の代表として本人に宣誓してもらい、国家が我々に不屈の精神をもとめるならば。
70后と90后は静かに80后につき従う。
# 抗日、この言葉には2つの意味がある。
# 牛逼(すっげぇ!)
# 抗日抗菊爆
# 抗日
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-4078.html

続きを読む

“無理無理、絶対……”拒む「ベッキー」を長崎の実家に誘った「ゲス川谷」(デイリー新潮)

1月末、ベッキー(31)が所属する「サンミュージックプロダクション」の担当マネージャーによって、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)への“事情聴取”が行われていた。川谷は、ベッキーとの2度目の密会の場で“(妻と)年内に別れようと思っている”と伝えたという。
***
そもそもベッキーの取った行動は法的に不倫と見なされるのか否か。フラクタル法律事務所の田村勇人弁護士は、
「交際前に、“妻から離婚を切り出され、すでに別居中で、年内には離婚”という情報が伝えられたとすれば、これは不倫に当らないと思います」
そう指摘する一方で、
「“妻とうまくいっていないんだ”という台詞は不倫男の常套句。それだけで破綻していると信じてしまうのはどうでしょう」
と疑問を投げかける。思慕する人から妻との、「感情のもつれ」を打ち明けられたら鵜呑みにしたくなるのが、恋する女の本能というもの。だが、別居の事実などなく、ベッキーを離したくない一心で、男が状況を“騙(かた)った”可能性も否定できない。そう考えると、17歳から生き馬の目を抜く芸能界の荒波に揉まれてきた彼女にしては、軽率だったと言わざるを得まい。
■ゲスのマネージャーも引きとめたが……
もっとも、そうやってベッキーを走らせたものを、
「恋愛経験の乏しさ」
と“分析”するのは、彼女をよく知る関係者である。箸が転んでも笑う年頃じゃあるまいしと、首を傾げる向きも多かろうが、
「事務所から恋愛禁止を言い渡されていたわけではなく、彼女の方が“20代は全力で仕事に打ち込みたい”と封印してきたのです。もちろん気になるオトコができたこともありましたが、必ずマネージャーに報告していたし、常に仕事を優先していました」
いわば耐えねばならなかった時間が過ぎ、三十路を迎えたベッキーの心に隙ができた。そしてそこへ川谷が入り込んだ恰好なのだ。それでもベッキーは12月下旬になって、関係を担当者にこう説明している。
「“彼女がいる人を好きになっちゃった。でも年内には別れるみたい”と、川谷の名前もあげて話したそうです」(番組制作会社幹部)
彼女がいるとは言ったが、妻帯者とは告げなかった。破綻している関係とはいえ奥さんがいるとわかれば、マネージャーは全力で止めていたに違いない。相前後し、川谷も付き人に、「離婚と彼女との交際」を明かしている。
「事務所の人間は、“それなら早く離婚届を出すべきだ。スキャンダルになって相手に迷惑がかかってしまう”と引き止めたんですが、当の彼が聞く耳をもたなかった」(先の音楽関係者)
続き
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160308-00506312-shincho-ent
デイリー新潮 3月8日(火)4時0分配信
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1457389935/
【芸能】“無理無理、絶対……” 拒む「ベッキー」を長崎の実家に誘った「ゲス川谷」(デイリー新潮)

続きを読む

平成の30年間のテレビCMのタレント出演秒数ランキング、「CM女王」は・・・

平成の「CM女王」は女優の上戸彩さん(33)-。ビデオリサーチは4日、平成の30年間のテレビCMのタレント出演秒数ランキングを発表し、上戸さんが1位に輝いた。上戸さんは平成19年からの「ソフトバンク」のCMをはじめ、同一企業のCMに長年出演、合計出演時間が892時間50分20秒に達した。
2位は
(省略)
全文
2019.4.4 19:21
https://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/190404/ent19040419210024-n1.html
写真

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554383029/

続きを読む

沖縄の反基地活動家の違法テントが米軍に強制撤去された模様パヨク発狂中

東村高江区でオスプレイの着陸帯工事に、抗議する人たちのテントなどが、米海兵隊に撤去されていたことがわかりました。
(省略)
全文

東村高江 米軍が抗議テントなど撤去



撤去されたのは通称「N1テント」と呼ばれるテント


転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1554378301/

続きを読む

日本の癌が増えすぎ

国立がん研究センターは29日、2012年の1年間に新たにがんと診断された患者は推計約86万5千人で、前年より1万4千人増加したと発表した。03年に算出を始めて以来、過去最多となった。同センターは高齢化の進行が原因とみている。
がんの種類によって患者の割合に地域差があり、胃がんは東北地方や日本海側で高い傾向にあることも分かった。
同センターは、都道府県が「地域がん登録」として集計したがん患者や死亡者のデータを基に全国の患者数を推計した。新規の患者数は男性が約50万4千人、女性は約36万1千人。
http://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201606/0009234843.shtml
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1467207891/
日本の癌が増えすぎ

続きを読む