アメリカ

【悲報】ソニー・ピクチャーズ、超ぽっちゃりヒロインの映画製作へ

ソニー・ピクチャーズは、出版社バリアント・コミックスの作品に関するプロジェクトの作業を開始する。新プロジェクトは「フェイス・ハーバート」という名の勇敢なスーパーヒロインの物語。
これまでのコミックスを原作としたあらゆる映画との違いは、主人公の体格。
主人公のフェイスはジャーナリスト。飛ぶことができ、念力を持っている。昼間は通信社で働く服が「プラスサイズ」のぽっちゃりした明るい性格の女性で、夜はぽっちゃり体型のスーパーヒロイン。
(省略)
全文
https://jp.sputniknews.com/entertainment/201807025067925/

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1530563766/

続きを読む

アメリカ人「日本のラノベおもしれえええええええええええええええええええええええええ」

<日本のライトノベルの英訳は「会話とキャラクターを中心に」読み進める、マンガのサブジャンルとしてアメリカでも人気が出始めた>
日本で非常に良く売れている「ライトノベル」のジャンルだが、2000年代にアメリカで翻訳出版として上陸したときには単発での成功はあったものの根付かなかった。いったん撤退したような形になったが、2014年に「再上陸」した後は売上を倍増させ、定着する気配を見せている。
アメリカには、ティーン読者を対象にしたYA(ヤングアダルト)という人気ジャンルがある。売上高が400億円近い巨大なマーケットで、ヒット作を出した作家の年収が25億円を超えることも少なくない。
中略
Yen On の現在のトップセラーは『OVERLORD(オーバーロード)』で『SWORD ART ONLINE(ソードアート・オンライン)』がそれに続く。この2作を含めたいくつかの人気ライトノベルの読者を Amazon と Goodreads でチェックしたところ、ほとんどが漫画やアニメのファンであり、通常のYAフィクションの読者とは重なっていなかった。
ライトノベルの普及に貢献しているのも、YAファンタジーのファンではなく、インターネットやソーシャルメディアで活動する日本のアニメ・漫画ファンだ。140万人の視聴者を持つユーチューバーの The Anime Man(Joey) 氏は、「ライトノベルの初心者向けガイド(The Beginner’s Guide To Light Novels)」で、ライトノベルを「漫画と小説の中間」とわかりやすく説明している。
英語圏(住む場所というよりも言語における)の漫画・アニメファンが口コミで広めやすい環境が整った現在、ライトノベルはようやくアメリカの市場に根づこうとしている。ハスラー氏によると過去3年で Yen On の売上は500%成長したという。
日本のライトノベルはようやくアメリカで根付こうとしているが、それは読者ターゲットを見極め、彼らの動向を理解したうえでのマーケティング戦略の成功と言えるだろう。
アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル
https://www.newsweekjapan.jp/watanabe/2018/06/post-46.php

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1529680283/

続きを読む