イギリス

イギリス経済マジやばい日本の「失われた10年」より悲惨な状況へと突入する恐慌との指摘も

英景気回復、日本の「失われた10年」より悪い状況に-シティグループ
12月2日(ブルームバーグ):
2016年末までの英国の景気回復局面は、日本のいわゆる「失われた10年」と同様か、あるいはそれより悪い状況になる
と、シティグループは指摘した。
シティのエコノミスト、マイケル・ソーンダース氏とアン・オケリー氏は2日に電子メールで配布した顧客向けリポートで、2015年までの実質国内総生産(GDP)は、08年1-3月(第1四半期)に記録したリセッション(景気後退)前のピークの水準を回復できないと予想。08-16年の累積GDPは1990年代の日本の失われた10年と同様か、それ以下になると分析している。
エコノミストらは
「第1次と第2次世界大戦に伴う混乱を除けば、英国にとってこの100年で間違いなく最悪の景気循環だ。恐慌に関する一般的な定義はないが、それに当てはまるかもしれない」
と述べた。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LVMB6D0D9L3501.html

続きを読む

【悲報】イギリスのせいで円高に日経も大暴落

円相場 英国民投票への警戒から円高に
週明けの13日の東京外国為替市場は、イギリスで行われるEU=ヨーロッパ連合からの離脱の賛否を問う国民投票への警戒感から、比較的安全な資産とされる円を買う動きが強まり、円相場は一時、1ドル=106円台前半まで値上がりしています。
市場関係者は「今月23日に行われる国民投票の結果、仮にイギリスがEUから離脱することになれば、ユーロ圏経済だけでなく世界経済が大きく混乱するおそれがあるという見方が広がっている。このため、投資家がリスクを避けようという動きを一気に強め、比較的安全な資産とされる円はユーロだけでなくドルに対しても買われやすい展開が続いている」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160613/k10010554511000.html
株、市場に渦巻く英国のEU離脱懸念 欧州関連株に不安増す
13日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落した。英国の欧州連合(EU)離脱懸念が強まり、運用リスクを避ける動きが加速。日経平均の下げ幅は一時500円を超えた。債務問題がきっかけとなった昨年とは異なる新たな「欧州危機」に、投資家は身構えている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL13HSF_T10C16A6000000/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1465791852/
【悲報】イギリスのせいで円高に 日経も大暴落

続きを読む

イギリスの原発受注で問題になった中国企業、アメリカでのスパイ行為で起訴されるwwwwww


英南西部ヒンクリーポイントの原子力発電所=4日、ブリッジウォーター(ロイター)
【ロンドン=岡部伸】英国のキャメロン前政権が推進した英南西部、ヒンクリーポイントの原発計画に出資する中国国有の原発大手「中国広核集団」が、米国の原発施設で過去20年間、原子力の先端技術に関する企業秘密を盗むスパイ行為を行い、米司法当局から起訴されていたことが明らかになった。英タイムズ紙などが報じたもので、安全保障の観点から中国の原発投資への懸念がさらに高まりそうだ。
米司法省の起訴状によると、4月にスパイ行為で起訴されたのは「中国広核集団」と、同社の中国生まれの米国人技術者、アレン・ホー被告(66)。
被告は同社の指示で、核燃料物質の生産に詳しい米国の原子力専門家6人に接触して協力を得る活動を行った。その際、「中国独自の核燃料物質生産システムをつくる」として、「研究過程を省きたい。予算は潤沢にある」と伝えていた。同社も核燃料物質を許可なく米国外に持ち出し、開発・生産したとされる。
同社は1997年から米連邦捜査局(FBI)と司法省の国家安全保障部門が捜査しており、タイムズ紙は、中国が米国の原発から盗んだ核技術で英国に原発施設を建設する可能性が高まったと指摘。約180億ポンド(約2兆3870億円)の建設費の3分の1を中国側が出資する原発計画への懸念が広がると警告した。
計画を主導するフランス電力(EDF)は建設を承認したが、メイ英政権は「慎重に検討する」として9月まで最終承認を延期。対中蜜月関係見直しの観測も出る一方、タイムズ紙は、中国側は総額400億ポンド合意済みの対英投資を中止する-と脅しをかけたとしている。
「中国広核集団」は中国国務院国有資産監督管理委員会下の原子力企業。
ロンドン大学ユニバーシティーカレッジのエネルギー研究所のポール・ドフマン所長は、「英国の原子力施設に中国を関与させれば、大きな懸念が生じることは明らかで、問題となる」と指摘している。
http://www.sankei.com/world/news/160812/wor1608120048-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/160812/wor1608120048-n2.html
関連記事
2016-08-10
イギリス、テリーザ・メイ新首相「中国の原発導入は再検討する」
中国「おいメイ首相、中国の原発拒否したら5兆円の対英投資やめるぞ」
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471006722/
イギリスの原発受注で問題になった中国企業、アメリカでのスパイ行為で起訴されるwwwwww

続きを読む