コーヒー

【社会】コーヒー豆を洗浄する機械に巻き込まれ男性社員死亡…神奈川

機械に巻き込まれ男性社員死亡、コーヒー豆卸で装置清掃中/愛川
2011年3月30日
29日午後4時45分ごろ、愛川町中津のコーヒー豆卸「ユニカフェ」で、相模原市中央区田名、同社社員の男性(26)が、コーヒー豆を洗浄する機械に巻き込まれ、死亡した。
厚木署によると、装置は深さ、幅、奥行きともに約80センチのおけ状で、豆をかき混ぜるための4枚羽のプロペラが動いていた。男性は、装置を清掃中に頭から羽に巻きこまれたとみられるという。
神奈川新聞
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103300044/

続きを読む

マクドナルド「我々が苦戦している原因の一因はコンビニコーヒーのせい。」

100円の淹れたてコンビニコーヒー戦争が激化 マクドナルド苦戦の一因に
コーヒー戦略をめぐり、異業種入り乱れた競争がいっそう過熱してきている
セブンイレブンを意識し、ローソンも100円コーヒー戦争に参入した
この戦いでコンビニに顧客を奪われたマクドナルドは、苦戦を強いられている
いかそ
http://news.livedoor.com/article/detail/9311251/

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412341606/
マクドナルド 「我々が苦戦している原因の一因はコンビニコーヒーのせい。」

続きを読む

次世代自販機はここまできた!センサーで判別し「おすすめ」表示する自販機

自動販売機の前に立つと、大型ディスプレイに飲料の画像が表れ、センサーによって自動的に購入者の年齢層と性別を判断、その属性に気温や時間帯などを加味して、おすすめ商品を表示してくれる――。そんなコミュニケーション機能をもった「次世代自動販売機」を、東日本旅客鉄道(JR東日本)の100%子会社で、駅構内を中心とした自動販売機事業などを手掛けるJR東日本ウォータービジネス(東京・代々木)が開発。11月より本格展開を始めた。
次世代自販機の仕組みや企画開発の狙いをJR東日本ウォータービジネスの阿部健司・営業本部自動販売機事業部長兼SV統括室長に聞いた。自販機で飲料を買う行為に「遊び感覚」を加える
――最初に次世代自販機の概要、仕組みを教えてください。
阿部 この自販機は本体前面に47インチの大型タッチパネルディスプレイを備えているほか、顧客の属性判定用センサー、人感センサー、高速無線通信のWiMAX機器、非接触ICカード技術「FeliCa」対応のリーダー・ライターなどを搭載しています。
自販機の前に購入客がいない時には、ディスプレイに水、コーヒーなどの商品購入を促すコンテンツを映し出すデジタルサイネージ(電子看板)として活用します。コンテンツはWiMAXネットワークを通じて配信。気温、時間帯などに応じて、タイムリーな商品訴求を行います。これは「遠隔コンテンツ」と呼んでいる画面ですが、購入客が自販機の前に立つと、「ストアモード」と呼ぶ画面に変わります。「ストアモード」では購入できる飲料の画像を表示します。
(省略)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20101221/255381/
全5ページ (/?P=1〜/?P=5)

購入者が自販機の前にいないときの「遠隔コンテンツ」。デジタルサイネージのネットワークを通じ、気温や時間帯などに応じて表示する

購入者が近づくと表示される「ストアモード」。すっきりとしたデザインで商品の魅力を表現するように工夫した

センサーが年齢層や性別を判断し、時間帯や気温などの情報を加味して「おすすめ」マークを表示する

続きを読む

缶コーヒーって突然飲みたくなるとね

アサヒ飲料、マイルド&ビターな微糖缶コーヒー「ワンダ オーロラプレッソ 缶185g」を発売
〜いいこと、いつも、[WONDA]から〜
オーロラという名のエスプレッソ誕生!
『ワンダ オーロラプレッソ 缶185g』
2011年1月11日(火)新発売!
アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 菊地 史朗)は、エスプレッソコーヒーならではのコクと苦味を実現しつつ、飲みやすくマイルドな味わいに仕上げた微糖缶コーヒー『ワンダ オーロラプレッソ 缶185g』を、2011年1月11日(火)より、全国で新発売します。
『ワンダ オーロラプレッソ』は、深煎りと浅煎りの焙煎度のことなるコーヒー豆を絶妙なバランスでブレンド、100%エスプレッソ抽出し、コクと苦味をひきだしつつマイルドな飲み口を実現しました。また、微糖設計とすることですっきりとした味わいの仕立てとしています。
ネーミングは、中味の特長である、混じり合い華やかに広がるマイルド&ビターな味わいの「層」を「オーロラ」に喩え表現しました。
パッケージは、「オーロラ」をイメージさせる複数色を使った象徴的なデザインを採用し、大きく「ESPRESSO」と表記することで商品特長を、インパクトを持って表現しました。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=269084&lindID=4

続きを読む