コーヒー

セブンイレブンがコーヒーの入れ間違いさせないために取った策が怖いと話題に

セブンイレブンのセルフコーヒーにて入れ間違いをさせないために取った苦肉の策が怖いと話題になっている。
その策とは、先日報道でも話題になった100円カップに150円のラテを注いで捕まった男性の新聞の切り抜きをセルフコーヒー機に貼り付けるというもの。
(省略)
全文

セブンイレブンがコーヒーの入れ間違いさせないために取った策が怖いと話題に



転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1548947779/

続きを読む

【研究】脳波から適正価格を判定「客はスタバのコーヒーにもっとお金を払いたがっている」

★神経生物学で考える 「スタバのコーヒーは適正価格なのか?」
「スターバックスといえば、比較的安く作れる商品を高く売って儲けているというイメージがあるかもしれません。しかし本当はその逆で、彼らは値付けを間違って大損しているのです」
こう語るのは、ドイツ人神経生物学者カイ=マルクス・ミュラー。彼は現在、脳波を測定して製品の価格を決める「ニューロ・プライシング」という新手のマーケティング術を開発中だ。
人間の脳は、なにか不釣り合いなものを目にしたとき、無意識に防衛反応が起きる仕組みになっている。例えば「コーヒーとケーキ」という組み合わせを見たときには脳波に変化はないが、「コーヒーとマスタード」という組み合わせでは明らかな変化が見られる。
これを利用して、ミュラーは
1.8ユーロで売られているスタバのコーヒー
をスクリーンに映し出し、表示価格を変えながら、被験者に見せるという実験を行った。脳波を測定すると「10セント」や「10ユーロ」といった極端な値付けをすると、驚きと疑いの感情が強く生じることがわかった。ミュラーによれば、
被験者の脳はこのコーヒーにふさわしい値段を「2.1〜2.4ユーロ」だと判断している
という。
「客はもっとお金を払いたがっているのに、価格設定が間違っているので、多額の利益が失われています」
「脳波が価格を決める」テクノロジーが、マーケティング業界に革命をもたらす日も近いかもしれない。
COURRiER Japon シュピーゲル(ドイツ)より
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37799
転載元スレッド:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1388816897/
【研究】 神経生物学で考える 「スタバのコーヒーは適正価格なのか?」 脳波を測定すると、客はもっとお金を払いたがっている

続きを読む

コンビニコーヒー導入から5年、セブンとファミマがマシン刷新エスプレッソからドリップが主流に

コンビニコーヒーに新局面 上位2社がマシン刷新、ドリップが主流に
セブンの新マシンはタッチパネル式(都内で行われた発表会で)

〈ファミマがエスプレッソからドリップに切り替え〉
コンビニエンスストア(CVS)のコーヒーが新たな局面を迎えている。業界トップのセブン‐イレブン・ジャパンと2位のファミリーマートがこの秋、新コーヒーマシンへの入れ替えを相次いで発表した。ラテにこだわり、ラテに合うコーヒーとしてエスプレッソで差別化してきたファミマが業界標準のドリップタイプに切り替える。一方でセブンはボタンを押さなくてもホットとアイス、レギュラーとラージを自動検知し、抽出時間を2割短縮する最新鋭のマシンを導入する。
(省略)
全文
http://news.livedoor.com/article/detail/15644086/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543153344/

続きを読む