タバコ

加熱式たばこ「三つ巴の戦い」愛好者はどこまで増えるのか

近ごろ、オフィスや街中の喫煙所、居酒屋などに行くと、みるみる愛好者が増えていることに気づく「加熱式たばこ」。その名の通り、従来の紙巻きたばこと違って火を使わず、専用のたばこスティックやカートリッジを本体に差し込み、電気で加熱しながら吸う新型たばこだ。
いま、加熱式たばこのシェアを独占しているのは、他社に先駆けて2016年4月から全国販売(試験販売は2014年11月〜)している米フィリップモリスの『IQOS(アイコス)』である。
(省略)
そんな中、アイコスの牙城を崩そうとするライバルの動きも活発になってきた。
6月29日、高級ブランド店が建ち並ぶ東京・銀座4丁目にお目見えしたのは、日本たばこ産業(JT)が満を持して全国拡販に乗り出す加熱式たばこ『プルーム・テック』の専門店だ。昨年3月よりインターネットと福岡市内限定で販売していたが、やはり品薄状態が続き、一時生産をストップしていた。
さらに、宮城県で試験販売をしてきた英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の『glo(グロー)』も7月より販売地域を3都府県に広げ、アイコスを追撃する構えだ。
以下ソース
https://www.news-postseven.com/archives/20170702_575449.html
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498947894/

続きを読む

路上喫煙「逃げ得」横行後日納付の7割滞納千代田区

全国初の罰則つき路上禁煙条例を施行して15年になる東京都千代田区で、処分件数がここ数年で増えている。路上喫煙者に科される2千円の過料を支払わない「逃げ得」も横行している。
(中略)
違反しても過料を支払わない人もいる。15年度の処分件数7207件のうち未納は1044件。違反者の約75%がその場で納付したが、後日納付を選んだ人のうち7割近くが期限内に支払わなかった。区では督促状を送るなどしているが、住所や氏名はあくまで本人申告によるもので、徴収に限界があるのが実情だ。
区では路上禁煙の推進と共に、路上での喫煙を減らすため、屋内喫煙所づくりにも力を入れてきた。区の担当者は「たばこを吸う人も吸わない人も共存できるような街づくりを進めたい」と話している。(向井宏樹)
http://www.asahi.com/articles/ASK4F4W3RK4FULZU00C.html?iref=sp_new_news_list_n
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492474873/

続きを読む

【衝撃動画】下水にタバコをポイ捨て→大爆発!!!愛煙家「禁煙するわ…」嫌煙家「ざまぁ!」と話題

最近喫煙者にとってタバコの処理が非常に困難になりつつあります。携帯用の灰皿を持てばいいのですが、面倒でもあるので段々と電子タバコにシフトしている印象です。電子タバコであれば灰も出ず、堂々と吸えるのでいいわけですが、どうしても普通の紙タバコを吸いたいという方はこの動画を見て注意したほうがいいかも。
■タバコが大爆発・大炎上!
問題の動画はイランのテヘランで発生しました。
(省略)



ツイート:


全文

【超注意】下水にたばこポイ!大爆発で男性が腰を抜かす映像が話題に!禁煙するわ。

続きを読む