トランプ

トランプ「国家主席、あなたに説明したいことがある。我々はたった今、59発のミサイルを発射した」習近平、10秒沈黙「もう一度言ってほしい」

トランプ氏「習主席は10秒沈黙」シリア攻撃報告は食後
朝日新聞デジタル 4/13(木) 23:08配信
中国の習近平(シーチンピン)国家主席は10秒間沈黙し、通訳に「もう一度言ってほしい」と聞き返した――。習氏との先週の米中首脳会談で、
(省略)
「国家主席、あなたに説明したいことがある」。こう切り出し、「我々はたった今、59発のミサイルを(シリアに)発射したところです」と説明した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000092-asahi-int
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492094245/

続きを読む

大統領確実と思われたトランプ氏に脱税疑惑・不倫疑惑浮上で大ピンチwwwwww

米大統領選で共和党の候補者指名が確実となった実業家のトランプ氏(69)に二つの逆風が吹いている。透明性の観点から過去の候補が明らかにしてきた納税申告書の公表を拒否。過去の女性遍歴を語ったとされる音声テープも公開され、「自分の声ではない」と防戦を余儀なくされている。
納税申告書の公開は義務ではないが、大統領候補が公表するのが慣例。しかしトランプ氏は、米内国歳入庁(IRS)の監査中だとして公開を拒否。13日のテレビでも、有権者が申告書を見る権利について問われ、「そうは思わない」とし、適用される所得税率も「あなたの知ったことではない」と答えなかった。
納税申告書の公表では、2012年の共和党候補のロムニー氏の所得税率が多くの納税者より低い14%だったことから、オバマ陣営から裕福で庶民の気持ちが理解できないと攻撃を受けた。
トランプ氏の指名獲得に反対する共和党のロムニー氏は、「外国企業や犯罪組織などとの不適切なつながりがあるからではないか」と批判している。
一方、ワシントン・ポストは、トランプ氏の広報担当者を名乗る男が1991年当時、同氏が複数の女性と交際していることなどを電話取材で語った録音テープを公開。トランプ氏と語り口がそっくりで、本人ではないかという疑惑が持ち上がっている。トランプ氏は自分ではないと主張しているが、本人なら物議をかもしそうだ。
納税申告書の非公開・女性遍歴テープ…トランプ氏に逆風
http://www.asahi.com/articles/ASJ5G2CLKJ5GUHBI006.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1463223367/
大統領確実と思われたトランプ氏に脱税疑惑・不倫疑惑浮上で大ピンチwwwwww

続きを読む