ドイツ

ボクが台湾を「大っ嫌い」な3つの理由―ドイツ人が発言、動画が評判に

台湾で、インターネットで3日に公開された「ドイツの男が台湾を“大っ嫌い”な3つの理由」と題する動画が注目を集めている。7日午後4時までに閲覧回数は36万回を超えた。カメラに向かってドイツ人という若い男性が、「台湾を大っ嫌いな第1の理由は人々がフレンドリーすぎること。おかげで道を覚えられない」、「食べ物がおいしすぎる。ぶくぶくに太ってしまう」、「自然が美しすぎる」などと述べ「(ドイツに)帰りたくないんだよ。これ以上ここにいたら、ママに殺されちゃうよ」などと、台湾のすばらしさを“批判”した。
3日に公開され、2日間で閲覧回数は5万を突破。その後、台湾のテレビで紹介されたこともあり、7日午後4時までに閲覧回数は36万回を超えた。
画面ではワイシャツにネクタイ姿の若い男性が、「台湾に来て、ずいぶんたつけど、台湾が本当に大っ嫌いな3つの理由があるんだ。それは人、食べ物、自然さ」と話しはじめる。「ドイツ人」と紹介されているが、男性は英語で語っており、中国語と英語の字幕がつけられている。
男性はまず台湾人について「フレンドリーすぎるのさ」と述べ、「いつもボクに、何か困っていることはないかと尋ねてくる」、「道に迷うと、きっと教えてくれるんだ。だからボクは、また(同じ場所で)道に迷うことなる」と“不満”を語った。
次に台湾の食べ物を“批判”。「台湾の食べ物は、おいしすぎるんだ」、「これ以上食べたら、ぶくぶくに太ってしまう」と述べた。
男性の話す言葉の一部は、「放送禁止用語」をカットするように信号音をかぶせられている。やや下卑た口語表現で、台湾人の性格のよさや食べ物のおいしさを強調した部分をカットすることで、面白さを演出したと思われる。
同男性は最後に、台湾の自然の素晴らしさに言及。「あまりにも美しすぎる」と述べた上で、「(ドイツに)帰りたくないんだよ。これ以上ここにいたら、ママに殺されちゃうよ」と“ボヤい”てみせた。
全文を読む
http://news.searchina.net/id/1529141
転載元スレッド:
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396919504/
ボクが台湾を「大っ嫌い」な3つの理由―ドイツ人が発言、動画が評判に

続きを読む

人間の腰骨で作った椅子に座る男!独裁者ヒトラーの右腕、ヒムラーの怖すぎる正体

人間の腰骨で作った椅子に座る男! 独裁者ヒトラーの右腕、ヒムラーの怖すぎる正体

恐怖の独裁者として名高いアドルフ・ヒトラー。そのヒトラーが特に信頼を置いた側近に、ハインリヒ・ヒムラーという男がいる。
ナチス親衛隊“SS”の隊長であったヒムラーは、ユダヤ人をはじめとする1,000万人以上の人々の命を虐殺により奪った責任者とされている。その狂気のもととなったものに、オカルト思想があったことはご存じだろうか。ヒトラーもオカルトに傾倒していたことで知られるが、側近のヒムラーもまた、ヒトラー以上に熱心なオカルトマニアであり、ナチスのオカルト色を一層強めた張本人だといわれている。
ヒムラーとは、どのような人物だったのだろうか?
■ハインリヒ・ヒムラーとは?
(省略)
一気に権力の階段を駆け上がったヒムラーは、自ら世界を支配する妄想を抱くようになり、オカルト的な思想を強めていった。
■ヒムラーのナチスオカルト化計画
地位と権力を得たヒムラーは、次第に「自身は聖なる使命を帯びている」という妄想に取り憑かれるようになった。そして親衛隊に、今までの軍にはない、神秘的な要素を取り入れるようになる。ドクロマークをつけた帽子、ハーケンクロイツの腕章、黒い長靴など全身黒ずくめの親衛隊の制服は今でもコスプレマニアの間では人気があり、有名である。
また、中世「ドイツ騎士団」を憧憬していたヒムラーは、ナチス親衛隊“SS”を「20世紀の新たな騎士団」にしたいと考え、親衛隊の拠点として、古城「ヴェヴェルスブルク城」を購入した。そして、古城で怪しげな儀式を繰り返すようになるのだった。
ヒムラーは部下の将校たちと、古城の地下の一室で、黒衣に身を包み、瞑想するだけでなく、悪魔を召喚したり、宇宙人とチャネリングしたりしていたという。また、「輪廻転生」を信じるヒムラーは、自分を10世紀のドイツ王ハインリッヒ1世の生まれ変わりだと思い込み、しばしばハインリッヒ1世と交信していたとも伝えられる。
そして、今なお究極のミステリーとして語り継がれているのが、ヒムラーたちが儀式に使用していた部屋に、どこにも出入り口がなかったということだ。現在は、その部屋に通ずる出入り口が作られたものの、ヒムラーたちがどのようにして秘密の部屋に出入りすることができたのか、いまだに謎なのだという。テレポーテーションで移動していたのか……答えは解明されていない。
また、当時のヒムラーの家を訪れた者によると、「人間の大腿骨を足にしたテーブル」「腰骨で作った椅子」「人間の皮膚で作った電気スタンド」などの人間家具、また、「人間の背中の皮膚でできた表紙の本」があったりして、大変驚いたそうだ。
■ヒムラーの最期
ヒトラーの側近として有名なヒムラーだが、ヒトラーは愛人のエバ・ブラウンに「あいつにだけは気をつけろ。あいつはカメレオンで危険な男だ」と、漏らしていたという。
事実、ヒムラーは最終的にヒトラーを裏切ることになる。
大戦後期、ドイツ軍は敗退を重ねた。ヒムラーは、ヒトラーから国内軍の総司令官に任命されるものの、軍事的経験が乏しかったため戦果を挙げられなかった。ドイツの敗北を予感したヒムラーは、生き残るために極秘で和平交渉に努めた。そして、勝手にアメリカとイギリスに対して無条件降伏を申し出たことが、ヒトラーの耳に入ってしまたのだった。これを最大の裏切りだと激昂したヒトラーは、ヒムラーをすべての役職から解任し権力を剥奪した。
孤立したヒムラーは、戦争責任を逃れるために逃亡を図るものの、イギリス軍に拘束され捕虜となり、隠し持っていた毒薬を服用し自殺。 44歳の生涯を閉じた。
こうして、いつしかヒトラーをしのぐ権力者となり、黒い騎士団“SS”を頂点としたオカルト帝国を築き上げようとしたヒムラーの夢は、 もろくも崩れ去ったのだった。 (白神じゅりこ)
http://happism.cyzowoman.com/2013/04/post_2151.html
転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364996462/

続きを読む

【サヨク画報】ドイツ人「えっ、こんなヤツらが来たんだ・・・。」

Isseki Nagae @Isseki3 18:14 – 2015年9月15日
Facebookに流れて来た中東難民が通り過ぎたミュンヘン駅だそうな・・事情はわかるけど、我々日本人ならもうちょっとゴミはまとめるとかすると思う。文化の違いって凄いよね・・・
几帳面なドイツ人とか、びびってるらしいです
https://twitter.com/Isseki3/status/643714380941561856
【画像】

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1442360790/
【サヨク画報】ドイツ人「えっ、こんなヤツらが来たんだ・・・。」

続きを読む

ドイツ議会にサイバー攻撃修復不能か

6月11日 21時29分
ドイツ議会のコンピューターネットワークが大規模なサイバー攻撃を受け、データが流出したうえに修復ができない状態に陥っていると地元メディアが伝えています。ドイツの有力紙、南ドイツ新聞は11日、ドイツの連邦議会のコンピューターネットワークが大規模なサイバー攻撃を受け、修復ができない状態に陥っていると伝えました。
サイバー攻撃は先月8日に発覚し、その後、議会にあるおよそ2万台のパソコンをハッカーが自由に操作できる状態になっていることが分かったということです。これまでに少なくとも5人の議員のパソコンからデータが流出したことが確認されたほか、現在もパスワードや機密文書、法案などが流出するおそれがあるということで、議員や議会事務局の職員らの間で混乱が広がっています。
有力誌のシュピーゲルは、ネットワークを再構築するためにはコンピューターの設備全体を入れ替えなければならない可能性があり、その場合、コストは1000万ユーロ(13億円)以上に上ると伝えています。

何者によるサイバー攻撃だったのか、今のところ明らかになっていませんが、ロシアの情報機関が関与したのではないかという見方も出ています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150611/k10010111521000.html
転載元スレッド:
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434026980/
【国際】ドイツ議会にサイバー攻撃 修復不能か

続きを読む

残業がほとんどないのに、生産性の高い働き方『ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか』

○生産性は高く、残業はほとんどない
諸外国に比べて日本人の労働時間は長い、とよく言われる。サービス残業が常態化しているブラック企業の労働時間が長いのは当然として、普通の企業であっても残業がまったくないということは珍しい。有給休暇をほとんど消化できないという悩みもよく耳にする。残念ながら、多くの労働者にとって日本の労働環境はよいとは言えない。労働基準法という法律はあるものの、厳密に運用されているとは到底思えない。
一方で外国に目を向けてみると、日本よりもずっと労働時間が短く、有給休暇もほぼ100%消化できるという国がいくつかある。たとえば、ドイツではほとんどの会社員が毎年約30日の有給休暇をほぼ100%消化し、1日10時間以上は働かない。ではその分ドイツの人たちの仕事のアウトプット量が少ないのかというと、決してそういうわけではない。むしろ、彼らは日本人よりも高い生産性で仕事をこなしている。経済だって好調だ。
○ドイツの年間休日は150日、残業もほとんどない
本書のタイトルにもあるが、多くのドイツ人は1年に約150日程度休みをとっている。1年は365日であるから、1年の約41%は休みだという計算になる。これは驚異的な数字だ。日本の場合、会社で長期休暇を取ろうとすると長くて1週間程度しか取れないが、ドイツでは多くの人々が少なくとも2週間の休暇を取る。
では休暇が多い分を平日の残業で補っているのかというと、決してそんなことはない。午後6時には、たいていの企業のオフィスはガランとしているという。
2012年の就業者一人あたりの労働時間は、日本が1,745時間だったのに対し、ドイツは1,393時間である。その差は歴然だ。
多くの日本の会社では、休暇を取ることは基本的には後ろめたいものとされている。(本当にバカげていると思うのだけど)有給を申請するときには「申し訳ありませんが」と枕詞をつけるし、休みをとって旅行に行ったのであれば職場にお土産を買っていくのは常識とされている。
一方で、ドイツ人にとって休暇は神聖なものだ。仕事と休暇のどっちが大事かと問われれば、多くのドイツ人は「休暇」と即答するに違いない。
全文はソースにて
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20151218/Cobs_355369.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1450417088/
残業がほとんどないのに、生産性の高い働き方 『ドイツ人はなぜ、1年に150日休んでも仕事が回るのか』

続きを読む