ビール

ピザ風味のビールが人気米国の夫婦が開発

ソースはナリナリドットコム
http://www.narinari.com/Nd/20120217308.html
程良い苦みとすっきりした喉越しが、多くの人にとって1日の癒しとなっているであろうビール。一口にビールと言っても、世界にはさまざまな風味や特徴を備えた数多のブランドがあるほど、その世界は奥深い。中には普段口にするのとは少し違う、変わったビールも世の中には少なくないが、米国には“ピザビール”なるものがあるという。文字通り、1口飲めばビールとピザの味わいを一緒に堪能できるこの商品は、米国内でも人気は上々とされ、勢いを駆って英国への進出も目前に迫っているそうだ。
このピザビールの生みの親は、イリノイ州セント・チャールズでこのために醸造所を立ち上げた、トム・シーファースさんと妻アテナさんの夫妻。2人が今日の成功を手にするアイデアを思い付いたのは2006年9月のことだった。米国の祝日「労働者の日(レイバー・デー)」にハーブを植えるため庭の菜園で作業をしていた2人は、そのときに収穫したトマトやニンニクを見て、ピザビールを作ってみたくなったそうだ。
そこで2人は、すぐに醸造所を設立。まずはビールをどのように作るのかを知るため、「インターネットで検索」(Pizza Beer公式サイトより)するところから始めたそう。やがて作り方のレシピを見つけ、アドバイスを受けようとビール製造者たちにも積極的にコンタクトを重ねて知識を身につけていった結果、ほどなくしてアルコール分4.7%のピザビールを完成させるに至った。
その味は「トマトの風味」(カナダ放送局CBCより)をベースに、バジルやニンニク、オレガノをスパイスとしてプラス。トムさんによれば、「舌に乗せたときは普通のビールの味」で、飲み込むと「ピザのトッピングの後味が得られる」と、2度美味しい味わいが楽しめるそうだ。
そんなピザビールは、ビールフェスタでのプロモーションをはじめ、地道に営業活動を展開。現在は「米国で成功を収めた」(英ニュースサイト・ニュースライトより)と言われるほど売れ行きは順調で、米国を飛び出し、すでにカナダへも進出しているという。
そしてアイデア誕生から5年余り、勢いに乗るピザビールはこのほど大西洋を渡り、英国への進出が決定。その準備は着々と進められており、間もなく販売が開始される見込みとされている。米国では2.99ドル(約230円)と、手頃な価格で売られているピザビール。トムさんは「ピザをたくさん食べるくらいなら、このビールをたくさん飲んで味わうほうがいい」と商品の良さをアピールしているが、果たして英国でもその味は受け入れられるのか、注目したいところだ。
-以上です-
画像は

Tom Seefurth’s Mamma Mia Pizza Beer
http://www.mammamiapizzabeer.com/main.php

続きを読む

【画像】韓国人さっそく経済産業省の前でデモなぜかマッコリを飲む

日・経済産業省の前で対韓輸出規制糾弾1人デモ
https://news.v.daum.net/v/20190708111224841
「青い世界グリーンワールド」バクイルソン代表が8日午前千代田区霞が関の経済産業省庁舎前で韓国商品愛用意味を込めたマッコリ飲みパフォーマンスをしている。


韓国から来た市民運動家が8日、日本経済産業省庁舎前で、日本政府の韓国に対する半導体とディスプレイ材料などの輸出規制を糾弾する1人デモを行った。「青い世界グリーンワールド」のパクイルソン代表はこの日午前、千代田区霞が関経済産業省庁舎前で「韓国叩きで選挙に勝利しようとする安倍政権を日韓平和連帯で防ごう!」と、声明を発表した。
パク代表は「徴用被害者に対する韓国最高裁賠償判決に対する報復として、いくつかの品目の輸出を制御することは明らか経済侵略」と安倍晋三首相が率いる現日本政府の今回の措置は、韓国民が成し遂げた民主主義を踏みつけ、韓国司法の独立性を深刻に毀損する干渉と変わらないもので、
国際社会の批判を受けて当然だと主張した。
彼は「良心ある日本市民各界は安倍政権を批判し、審判に取り組まなければならない」とし「アジアの平和と幸福、公正かつ自由な貿易のために、日韓の市民が堅固な平和連帯を成し遂げなければならない」と述べた。彼はまた、日本国民に向かって「アジアで自由民主主義と市場経済を共有する国がまさに日本と韓国」と「一緒に手を取り合ってアジア人の幸福と平和、民主主義のために努力しよう」と訴えた。
パク代表は最後に、そのいくつかの日本の政権でも日帝被害者と被害国民が納得するまで謝罪し、韓国司法を否定する卑劣な経済侵略と主権侵害を直ちに撤回するようなどの主張を朗読した後、韓国の商品を愛用するという意味を込めたマッコリ飲みパフォーマンスを繰り広げた。
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1562563721/

続きを読む

キリン社長、アサヒのノンアルコールビールが「ビールに似ている」と厳しく批判

「かなりスーパードライに似ている。ビールの誤飲による飲酒運転にもつながりかねない」。
キリンビールの松沢幸一社長は11日の記者会見で、アサヒビールが前日発表したノンアルコールビール「ドライゼロ」のデザインと名前を厳しく批判した。
キリンは2009年発売の
「フリー」でこの市場を広げてきたが、「ノンアルと分かる売り方をしてきた」
。ビールに似ていると、ノンアルを飲んだつもりがビールだったというトラブルを招きかねず、
「ノンアルビールそのものが規制されかねない」
と訴える。
ソースは
http://www.asahi.com/food/news/TKY201201110554.html
アサヒビールが発売する「アサヒドライゼロ」

アサヒ スーパードライ

続きを読む

体内でビールを醸造して酔っぱらえるという酒代が全くかからない夢のようなオッサンが発見される

太ってお腹がぽっこり出てくることを「ビール腹」と表現しますが、体内で発酵が起こり実際に体内でビールを醸造してしまうのが腸発酵症候群、通称ビール自動醸造症候群です。
この聞き慣れない症例が見つかったのはアメリカ・テキサス州。病院の緊急処置室にめまいを訴える61歳の男性がやってきたのがきっかけです。病院の看護婦が男性を呼気検査をしたところ男性の血中アルコール濃度は0.37%。テキサスにおいてこれは運転における法定基準のほぼ5倍にあたる数値でした。普通に考えるとただ酩酊した状態に見えるのですが、この男性はその日1滴のアルコールも摂取していなかったのです。男性は例えそれが日曜日の礼拝後であっても唐突に酔っぱらってしまうという症状を持っており、彼の妻はうろたえて自身で呼気検査機を買ったほどでした。
何人かの専門家は彼について「隠れて飲酒している」と記録しましたが、アメリカ・テキサス州の胃腸病学者であるジャスティン・マッカーシー博士とカルタゴ・パノラ大学の看護学長バーバラ・コーデル博士は事態の解明にのぞみました。
調査チームはまず男性の携帯品を調べてから病院の一室に24時間隔離。男性は炭水化物を摂取し、医師が血中アルコール濃度を調べたところ、ある時点において濃度は0.12%にまで上昇しました。このことからコーデル博士とマッカーシー博士は男性の腸内で酵母過多が生じていると結論付けました。つまり、男性の腸の中はビールの醸造所のような作用を持ち、炭水化物を発酵させていたのです。
コーデル博士によると男性は出芽酵母(イースト)に感染しており、ベーグルやパスタなどでんぷんを摂取すると酵母が糖をアルコールに変えるため、腸内でビールを醸造、結果として食事をするだけで酔っぱらってしまうのです。両博士は臨床医学の雑誌の中でこの「ビール自動醸造症候群」についての記事を読んだ時、自然発火と同様にありえないことだと思ったそうですが、事実、この腸は多くのエタノールを生成することができました。
デューク大学の微生物学者Joseph Heitman氏によると、イーストは通常人間の体内に取り入れられても危害を及ぼさないのですが、まれに長期にわたって体内にとどまり問題を引き起こす可能性もあるとのこと。Heitman氏によれば出芽酵母は腸の中で成長する可能性があるものの、それが何らかの疾患と関係しているかなどは明らかになっていないそうです。
このビール自動醸造症候群の症例は少ないながらもいくつか報告されており、日本でも1970年に報告されました。多くの事例が抗生物質を摂取した後、腸の中が一掃された状態で生じています。
http://gigazine.net/news/20130919-auto-brewery-syndrome/
転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1379594945/
体内でビールを醸造して酔っぱらえるという酒代が全くかからない夢のようなオッサンが発見される

続きを読む

350ml缶ビールを1日1缶までそれ以上は脳の海馬が萎縮英研究

ほどほどにお酒を飲むだけでも、脳の一部が縮小してしまうなど悪影響が見られることがイギリスの研究により明らかとなっている。大量の飲酒は健康に害があるのが周知の事実であった一方で、ほどほどであればアルコールの摂取は健康にむしろいいものとも思われてきた。同研究はそうした見方を覆すものとなっており、飲酒による脳への悪影響についてこれまで以上に注意喚起している。
◆多量の飲酒は脳の萎縮を招く

(省略)
全文

350ml缶ビールを週に9本以上飲むと脳の海馬が萎縮する? 英研究


転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499487073/

続きを読む

EU「日本では欧州産ビールが発泡酒として扱われる。非関税障壁だ!」

EU:欧州「ビール」と認めて…対日EPA交渉で要求
欧州連合(EU)が日本との経済連携協定(EPA)締結交渉で、多くの欧州産ビールが日本で「発泡酒」として扱われ、ブランドイメージを損なっているとして、「ビール」とみなすよう日本側に対応を求める方針であることが22日、分かった。
EU外交筋が明らかにした。
EUは「発泡酒」としての扱いは非関税障壁に当たるとしている。近く、撤廃を求める非関税障壁の追加リストを日本側に提示する予定。欧州委員会と加盟国の間で最終調整が行われている。(共同)
http://mainichi.jp/select/news/20141123k0000m020008000c.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1416674104/
EU「日本では欧州産ビールが発泡酒として扱われる。非関税障壁だ!」

続きを読む

缶チューハイまで増税?日本の酒税は諸外国よりなぜ高い

庶民のささやかな楽しみを狙い撃ち!?
安くてうまくて、日々の晩酌に欠かせない缶チューハイーーその酒税の大幅引き上げが検討されているという。
以前から発泡酒、第三のビールの増税が取り沙汰されている中、新たに缶チューハイまでも標的にされた理由とは?
■手っ取り早く庶民から搾り取れる
現在、政府が2016年度税制改正に向け、審議を重ねているのが酒税法の改正。ビール系飲料の税額の一本化を目指しているという。これまで各メーカーが酒税法に沿って、税額の低くなる製法や原料を用いるなど工夫をこらしながら「発泡酒」「第三のビール」を開発してきたのはご存じの通り。だが、値段の高い「ビール」を減税、値段の安い発泡酒と第三のビールは増税する形で、ばらつきのある税額を統一し、安定した税収を確保しようというのである。
企業努力を無にするようなひどい話だが、それだけにとどまらない。ビール系飲料の税額一本化とともに、なぜか缶チューハイまで増税が検討されているのだ。
現在一缶(350ml)当たり、ビールは77円、発泡酒は46.98円、第三のビールと缶チューハイ(アルコール度数10%未満)は28円という同じ税額だ。これをビール系飲料は55円程度に統一し、缶チューハイも同程度の税額にするとみられる。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150810/Shueishapn_20150810_51919.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439167492/
缶チューハイまで増税? 日本の酒税は諸外国よりなぜ高い

続きを読む