ピエール

宮迫博之謹慎で違約金がやばいことに?アメトークは番組差し替えアベンジャーズは違約金100億円

2019年6月24日の15時半頃に吉本興業から宮迫博之らの闇営業の謹慎処分について発表された。
発表内容によると宮迫博之、田村亮、レイザーラモン HG、福島善成、くまだまさし、パンチ浜崎、木村卓寛、ムーディ勝山、2700、ディエゴの11名を本日をもって当面の間活動停止し謹慎処分とするというもの。謹慎期間は発表されておらずまた金銭を受け取っていたことも発覚。
これにより降りかかってくるのが芸能人の違約金だ。逮捕ではなく活動停止なのでどこまで違約金が絡んでくるかわからないが、
(省略)
全文
https://gogotsu.com/archives/51767

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1561360421/

続きを読む

「もしもし私リカちゃん。私のパパの名前はピエール。薬物で逮捕されちゃった」

リカちゃんパパ、平成映す 最初は行方不明、今イクメン

「男は仕事、女は家庭」。平成は、こうした固定観念の見直しが進んだ時代でした。子どもたちが手にとる人形の世界にも変化がありました。
1967年の発売以来、子どもたちに親しまれているリカちゃん人形。89(平成元)年は、それまで「行方不明」という設定だったパパの香山ピエール(36)が発売された年でもあった。デザイナーのママは69年に発売されていたが、「当初のリカちゃんは少女漫画のように『悲劇のヒロイン』をイメージしていて、父親は行方不明という設定にしていた」。発売元のタカラトミーの担当者は話す。
(省略)
全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000010-asahi-soci
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1555895034/

続きを読む

ピエール瀧、コカイン密輸に関与の噂

芸能界にまた激震が走った。関東信越厚生局麻薬取締部(通称・マトリ)は12日、麻薬取締法違反(使用)の疑いでミュージシャンで俳優のピエール瀧こと本名・瀧正則容疑者(51)を逮捕した。
(省略)
また、瀧容疑者と薬物のつながりを思わせるような危険な“密輸発言”を証言するのは、あるライターだ。
全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000008-tospoweb-ent
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1552563095/

続きを読む