ラーメン

小学生が本格ラーメンを100円で提供30分で売り切れる

酒田市ひらたタウンセンターで27日、「ジュニアラーメンフェスティバル」が開かれた。小学生たちが「ラーメンにっこり」「ラーメン味good」「AZIMARUラーメン」といった5店のオリジナルラーメン店を開設し
1杯100円で販売。「おいしい」と好評で、早々と売り切れた。
調理を担当したのは一條小など市内の小学生26人。昨秋から市内ラーメン店の協力を得て数回にわたって“修業”を行い、麺の太さや「あっさり魚だし」「背脂入り」などスープの味、ワカメやコーンなどトッピング内容を決めた。
この日は午前9時、同センターに集合。5グループに分かれ、前日に仕込んだスープを温め、麺をほぐしたり具材をそろえるなど準備に当たった。開店の正午が近づくと、市民らが大勢詰め掛けて長い列。
「食堂」として開放した集会室も、注文の品を味わったり出来上がりを待つ家族連れらでいっぱいになった。
ラーメンは各店限定50杯。チケットはオープンから30分余りでほぼ売り切れ、その後に追加した分も含め1時間足らずで約300食を提供した。
2店目のラーメンを食べていた佐藤拓実君(12)=一條小6年=は「味は濃いめとあっさりで違うけど、どっちもうまい」と感想。「ラーメンにっこり」店のリーダーを務めた竹内竜也君(12)=同=は、
「にっこり食べてもらえるようにと思い、店の名前を付けた。みんなで力を合わせてできたから、うれしいし楽しい」と話していた。
このイベントは、子供が成長していく上で必要なさまざまな体験が少なくなる中、子供たちに夢を与える「○○ごっこ」を企画し、父親も一緒に参加することで「家族の絆」「地域の絆」を深め、
人材育成や地域活性化に結び付ける狙い。NPO法人「いぶき」など同市内の4法人と県子育て支援課で構成するGOCCO(ごっこ)推進協議会(星川龍一代表)が、
県の本年度「新しい公共の場づくりのためのモデル事業」の採択を受け、初めて実施した。
http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2013:01:29:5147

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1359359528/
小学生が本格ラーメンを100円で提供 30分で売り切れる

続きを読む

ミシュラン1つ星獲得ラーメン屋の2号店が年内で休業へ

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1512/17/news077.html
世界で初めて「ミシュランガイド」で1つ星を獲得したラーメン屋「Japanese Soba Noodles 蔦(つた)」(関連記事)が、2号店「蔦の葉」の年内休業をブログで発表しました。また、本店で行われている「二毛作の味噌の陣」も年内限りとなるようですブログには「人手不足もありますが、苦情も多く、巣鴨から蔦グループは撤退を考えて今の結論に至りました」と書かれており、あまりの人気に増えすぎた客をさばききれなくなっているようです。ブログの過去記事や公式Twitterのツイートからも、苦情への対処にかなり苦心している様子がうかがえました。
12月17日のツイートでは「踏ん張れるまで本店は巣鴨の地で頑張ります」とのことですが、ブログの最新記事では「現在物件も平行して探しておりますので、良い物件が見つかりましたらそこで一から始めようと考えております」とも書かれているため、本店も近いうちに移転するかもしれません。ただし、これらの事態は「ミシュランのせいではない」「両店とも名誉の受賞をいただいた気持ち」とも語っています。
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1450332598/
【外食】ミシュラン1つ星獲得ラーメン屋の2号店が年内で休業へ

続きを読む

世界的ラーメンブームの次は「Udon」ブームへ!英紙記者をうどん県に派遣して分析

うどん…見つかった? ニューヨーカーが「次のラーメン」に指名、英紙は「うどん国」を調査


ラーメンの次はうどん?世界でラーメンブームが続く中、一部のニューヨークメディアが「2016年はUdon(うどん)が来る」と予想している。英紙インディペンデントも、記者を「うどん国」香川県に派遣して、麺の作り方からUdonを徹底分析。まだ海外でそれほど認知度が高くないうどんだが、一気にブーム到来となるか?
◆NYではラーメンは飽和状態
国際都市ニューヨークでは、日常的に世界各国のグルメが味わえる。特にラーメン人気は異常とも言えるようだ。グルメサイト『New York EATER』は「ここ数年、私たちはラーメンに爆撃された」、日系紙『Bi-DAILYSUN』は「ジャパニーズラーメンの一大ブーム」だと記す。今、ニューヨークでは、高級なジャージー牛の具が乗ったラーメン、はたまたユダヤ食風、ヒマラヤのヤク(高山に住む牛の一種)からダシを取ったスープなど、ありとあらゆるラーメンが味わえるという。裏を返せば、ネタが出尽くして飽和状態になっているとも言える。流行の最先端を行くだけに、その移り変わりも早い。『New York EATER』は一言、「But now we’re bored(もう飽きた)」と書く。
そこで、早くも「次のジャパニーズ・ヌードル」待望論が出始めている。『New York EATER』と『Bi-DAILYSUN』は揃って「Udon」を挙げる。『New York EATER』は、ほとんどのニューヨーカーは「何年もうどんを無視してきた」と記す。1990年代にはそばの大ブームがあったといい、“忘れられたビッグネーム”がまだ1つ残っているというわけだ。『Bi-DAILYSUN』も、2016年の食の流行予想に、ビーガン(完全菜食主義)食と共にうどんを挙げる。「日本食への信頼はとにかく厚い。スシ、テリヤキ、イザカヤ、そしてラーメンの次は、ずばりウドンがくるとされている。空前のラーメンブームによって、ニッポンのヌードルの底力を知ったニューヨーカーたちは、次は何だとわくわくしながら、待っているのだ。麺をすすることが苦手な欧米人にとっては、元々柔らかいウドンはすぐに愛される気がする」(『Bi-DAILYSUN』)
◆英紙は「うどん県」現地取材で徹底分析
とはいえ、さしものニューヨーカーたちの間でもうどんの認知度はまだ低いようだ。『New York EATER』は、「このモチモチとした白いヌードルはヘルシーには見えない。カブトムシの幼虫か太った貧血の子供のようだ」と、冗談めかして表現する。一方で、「日本人は、ラーメンは中国から輸入されたもので完全に日本のものだとは思っていないが、そばとうどんは完全な日本列島ネイティブだと考えられている。そのため、プライドとリスペクトをもって受け入れられている」と説明する。そして、そばに比べて、うどんはカジュアルで気楽に楽しめる麺だとしている。
ニューヨークでうどんブームの予兆があれば、大西洋を隔てたロンドンでも注目されるのが道理だ。インディペンデント紙は、早速グルメ記事担当のサミュエル・マストン記者を香川県に派遣。讃岐うどんの手打ち教室「中野うどん学校」(香川県琴平町)での麺生地の足踏み体験や、日本とイギリスのうどん事情、うどんの歴史などを詳報している。ファレル・ウィリアムスの“Happy”のリズムに乗って汗をしたたらせながら生地を踏み続けたマストン記者は、「日本のこの地域では、伝統が非常に大事にされている。その伝統とは、足踏みをしてうどんを作ることだ」と、足踏みは汗の塩味を加えるためではないと断りつつ、「トリッキーなうどん作りの技法」を紹介している。
マストン記者は通訳から、うどんは「イギリスのハムサンドのようなものだ」と、その普遍性を説明されたという。併せて、特にここ10年ほどで讃岐うどんが日本全国に広まっている状況を紹介。聖地・高松では、うどんの丼を乗せたタクシーが、低料金でお勧めの「うどんバー」まで連れて行ってくれると、急増中の外国人観光客向けの情報も載せている。また、「イギリスのサンドイッチとは違い、味付けはされていない。スパゲッティと同じように、お楽しみは食感の方にある」と、うどん独特の「コシ」についても触れている。
続き
転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1455410115/
【食】アメリカでラーメンブームに陰り、今度は日本の「Udon」に注目集まる

続きを読む

「フードコートでジジイがJCの食べ終わったラーメンの汁を横から飲んだ。非常識だ!」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1245532272
非常識すぎる…(-_-;)
以前 とあるフードコートで食事中、隣りの席のおじいさんのことなんですが…
おじいさんはビビンバを食べ終わり、どこかへ行かれた奥さんでも待っているのか休憩中。
そこへ、また近くの席の女子中学生2人組が、スガキヤのラーメンを食べ終わりました。
すると、そのおじいさん、女子中学生に向かって、
「その汁、もぅいらんのか?ちょっとくれ」
と、丼を自分のとこへもらい、ビビンバのスプーンで一口飲むと
「旨いな、ありがとう」
と返したのです。
いくら食べ終わってても全くの他人にそんなことされて、許せますか?
女子中学生たちは何も言えず…って感じでした。
非常識すぎて呆れました。

続きを読む