任天堂

任天堂がゲーム機「WiiU」をメディアに披露CES

米ラスベガスで開催中の世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で、任天堂は年内の発売を予定している新型ゲーム機「Wii U」のデモ機を一部メディア向けに公開した。
ゲーム機本体の外観は現行機と大して変わらない。だが
コントローラーは27センチ×17センチと大型で、6.2インチのタッチスクリーンを搭載
している。このスクリーンにはテレビと同じゲーム画面をそのまま映し出すことができる(現行のWiiリモコンでも操作可)。
例えばデモ用に用意された鬼ごっこゲーム「Chase Mii」の場合、従来型のWiiリモコンを使っているプレーヤーは、自分のキャラクターが走り回っているのをテレビ画面上で見ることしかできない。だがWii Uのコントローラー画面には、自分のキャラが走る様子と、他のプレーヤーの居場所を示すマップが並べて映し出される。
実際に操作することはできなかったが、「ゼルダの伝説」のデモではボタン1つでマップをテレビ画面とコントローラー画面の間で移動させる機能が披露された。
価格や発売日はことし後半に発表される予定だ。
ソースは
http://www.cnn.co.jp/tech/30005261.html
画像は

■任天堂
http://www.nintendo.co.jp/
2011年6月8日 6.2インチ液晶を搭載したコントローラとの組み合せでゲームの新しい構造を提案する「Wii U」発表

http://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2011/110608.html
株価
http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7974
dat落ちしていますが、関連スレは
【ゲーム】任天堂、次世代ゲーム機「Wii U」を発表[11/06/08]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1307488730/
など。

続きを読む

【速報】任天堂・宮本茂、引退へ「自分がいなくならないと若手が困るだろうし」

宮本茂氏、第一線のゲーム開発から退く考えを明らかに
『スーパーマリオ』や『ゼルダの伝説』最新作をはじめ、今も主力級タイトルの開発で腕をふるう任天堂のゲームクリエイター宮本茂氏(現専務取締役情報開発本部長)が、現在の役職を退く考えであることが、海外サイトのインタビューで明らかにされています。
Wired.comのインタビューで氏が打ち明けた内容によると、宮本氏は今後ゲーム開発から完全に離れるわけではなく、任天堂の若い開発者らと共にこれまでより小規模なプロジェクトに着手したり、自分自身のために何かを作ってみたいとのこと。また宮本氏は、第一線を退く理由について、
「自分がいなくならない限り若い開発者を育てることができない」
などと説明、今の立場にいることで若い開発者は常に宮本氏のアイデアを聞こうとする関係があるため、そうした後輩らにもっと成長してほしいという意図があるようです。
宮本氏は、今回明らかにした小規模の新作ゲーム開発に来年以降取り組み、同年内の一般向け公開を望んでいるということです。
http://gs.inside-games.jp/news/309/30957.html

続きを読む

【速報】任天堂岩田社長「マリオ等のキャラクターをスマホゲーム会社等に貸し出す。時代は変わった」

任天堂の岩田聡社長は7日までに毎日新聞のインタビューに応じ、「スーパーマリオ」など同社のゲームの人気キャラクター活用を外部企業に認めて使用料を得るライセンス事業を新たな収益源にしていく考えを示した。キャラのイメージや価値感を損なわないことが条件で、スマートフォン向けゲームをヒットさせたソフト会社が任天堂のゲーム専用機向けに移植版ソフトを展開する場合のほか、自動車など異業種の広告に活用してもらう。岩田社長は「時代の変化に対応し、収益機会を最大化する」と説明した。
任天堂は従来、自社のゲームのキャラクターの外部使用に慎重だった。しかし、スマホゲーム台頭などで家庭用ゲーム市場が伸び悩む中、1985年の発売以来、国内外で大ヒットし、世界的に知名度が高いマリオなどのキャラクター資産を収益につなげる道を探る方針に転換した。現在、複数の企業と交渉中で年内にも発表する。
キャラクター提供にはスマホ向けでヒットしたソフトを自社のゲーム専用機「ニンテンドー3DS」や「Wii U(ウィーユー)」向けに取り込む思惑がある。すでにスマホ用ゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」をヒットさせた「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」と提携。ガンホーは4月、マリオが登場する3DS版パズドラを発売する予定で、マリオの知名度を生かして海外市場本格進出を狙う。岩田社長は「本当に面白いゲームソフトの世界展開をマリオが手伝えるなら結構なこと」と意義を強調した。
一方、異業種の広告向けのキャラクター提供では昨年、メルセデスベンツの新車とマリオのコラボレーション広告が話題を集めた。岩田社長は「(ベンツのCMのように)価値のある場所にキャラクターが露出できれば、うちのゲーム事業にも相乗効果が期待できる」と語った。
岩田社長は2015年度にスマホを使って睡眠の質の向上を支援する健康サービスに参入する方針も表明。キャラクター事業の本格展開と併せて収益源を広げて「目標に掲げた16年度の営業利益1000億円超達成につなげたい」と語った。
http://mainichi.jp/select/news/20150208k0000e020141000c.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1423367694/
【速報】任天堂岩田社長「マリオ等のキャラクターをスマホゲーム会社等に貸し出す。時代は変わった」

続きを読む

カートサービス『マリカー』が「任天堂は無関係」を商標出願してしまうやってることが中国人並

公道をカードで走ることが出来るサービスを提供している『マリカー(株式会社MARIモビリティ開発)』が「任天堂は無関係」という商標出願していたことがわかった。
(省略)
全文
https://gogotsu.com/archives/51786



転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1561407482/

続きを読む

サード破滅王の任天堂は何で25000円で3DSを売ったの?最初から15000円で出しとけばよかったのに

先日発表されたニンテンドー3DSの値下げと、それに伴う値下げ以前に購入したユーザーに対するキャンペーン「アンバサダー・プログラム」。この記事ではネット接続を要する「アンバサダー・プログラム」に参加するための簡単な方法をご紹介します。
■アンバサダー・プログラムとは?
2011年8月10日以前にニンテンドー3DSを購入したユーザーに対して、値下げ分となる約1万円分を特別なゲームソフトによって保障するキャンペーンです。年末までに配信が予定されているファミコンのバーチャルコンソールや、配信未定のゲームボーイアドバンスのバーチャルコンソールを10本ずつ計20本受け取ることができます。ファミコンは正式リリースよりも大幅に早い9月1日から受け取ることができ、年内に受け取れる予定のゲームボーイアドバンスに至っては、
今回挙がっているタイトルについては今後一般配信予定もないそうです。
3DS早期購入者は二度とないこの機会にぜひ20本のソフトを受け取りましょう。
※配信予定タイトル※
【ファミコン】『スーパーマリオブラザーズ』『ドンキーコングJR.』『バルーンファイト』『アイスクライマー』『ゼルダの伝説』ほか 計10本
【ゲームボーイアドバンス】『スーパーマリオアドバンス3』『マリオカートアドバンス』『メトロイドフュージョン』『メイドインワリオ』『マリオvs.ドンキーコング』ほか 計10本
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000012-isd-game

続きを読む

任天堂公式サイトにもハッカー侵入※ただし個人情報の被害はなし

不正侵入、任天堂にも飛び火 米の公式サイト
任天堂は4日、同社の米国法人が運営する公式サイトが不正侵入を受け、サーバー内の情報の一部をインターネット上で公開されていたことを明らかにした。個人情報はなかったが、外部から入手できない情報も含まれていたという。
ゲーム業界では、ソニーのオンラインサービスで約1億人分の個人情報、ゲームソフト大手スクウェア・エニックス・ホールディングスのサイトでも約2万5千人分がそれぞれ不正侵入で流出。被害が任天堂にも飛び火した形だ。
任天堂によると、子会社の米国任天堂が運営する英語版の公式サイトのサーバーで、数週間前に不正侵入を受けた。ネット上では、その際に盗んだとみられるプログラム情報が「任天堂のウェブサーバーの設定ファイルだ」として公開されていた。同社広報室は「外部からは見えない情報も取得されていた」と話す。
http://www.asahi.com/business/update/0605/TKY201106040551.html

続きを読む

GREEが迷走ラブホ予約アプリを出すも1ヶ月で終了

グリーのラブホ予約アプリ、公開から1カ月弱で終了 「経営上の判断」

グリーの100%子会社のTonightは9月3日、ラブホテルに特化した当日予約アプリ「Tonight for Two」(iOS・Android)のサービスを終了した。8月に公開したばかりのアプリだが、1カ月足らずでサービス終了となった。
グリー広報部は「サービス開始後、様々な方からのご意見、社内での議論を踏まえ、経営上総合的に勘案してサービスを中止する」と説明。「すでにご契約いただいている事業者や関係者には大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません」とコメントしている。
Tonight for Twoは、GPSと連動し、現在地周辺で当日夜に予約できるラブホテルを探して予約できるサービス。関東地方1都6県の約30のラブホテルと契約していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140904-00000047-zdn_n-sci
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409829338/
GREEが迷走 ラブホ予約アプリを出すも1ヶ月で終了

続きを読む