年収

テレビ局の年収をグラフ化してみる(2011年1月版)

利用したデータは会社四季報最新版における、上場しているテレビ局(キー局5社、地方局4社)などの平均年収。さらに比較対象として国税庁の最新(2009年度分)【民間給与実態統計調査】及び厚生労働省の2009年分【国民生活基礎調査の概況】からのデータを前回のグラフに加えた。


大規模なリストラを断行し、財務上の成果を挙げたテレビ朝日と日本テレビ放送網のうち、テレビ朝日はそれを裏付ける値が出ている。一方日本テレビ放送網は「この程度で済んでいるのか」と驚きを禁じ得ない。
また本文中でNHKの値について触れたが、主要民放が押し並べてマイナス値を出している中、唯一プラスとなることがいかに特異な事例であるかが、改めて認識できよう。
詳しい説明は以下から
テレビ局の年収をグラフ化してみる(2011年1月版):Garbagenews.com
http://www.garbagenews.net/archives/1653343.html

続きを読む

年収1200万円以上の男性のセレブ妻になる為の4つの条件

年収1200万円以上の男性のセレブ妻になる為の4つの条件
結婚してセレブになる・・つまり「玉の輿婚」はみんな憧れの結婚。
年収1200万円以上の男性と結婚できたら、もう働かなくてもいいなーとか、キレイな洋服が切れるなーとか(笑)
女性ならやっぱり憧れてしまいます。
さてnanapiでは、1200万円以上の年収がある男性と結婚する条件がなにか?ズバリ教えてくれています。
■幸福感=お金ではない女性
■10年スパンで計画が立てられる女性
■無駄使いせず、コツコツお金を貯められる女性
■精神的な支えになってくれる女性
こうして「1200万円のセレブ妻になる方法」を見てみると、「結婚に成功する女の条件」だと感じませんか?
つまり・・男性を理解し、一緒に努力する気持ちをもち、堅実に支えることができる女性こそ、男性の年収をアップさせるのでは。
セレブ妻は1日にしてならず・・・ということでしょうか。
妄言ソース

年収1200万円以上の男性のセレブ妻になる為の4つの条件

続きを読む

東大卒でNHK入社2年目年収650万の自称負け組がNHKの裏事情を暴露、と話題に

NHK社員と思われる男性がtwitterでNHKの裏側を暴露していた、と話題になっている。
現在、その書き込みのほとんどが見られない状態になっているが、NHK批判の書き込みは2chにコピペされ、誰でも見られる状態になっている。
書き込みの中には、上司のパワハラの暴露や「マスコミはなくなったほうがいい」「受信料など払いたくない」
といった過激な発言も見られる。
NHKの裏事情
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/company/1280359625/
上のスレよりNHK社員と見られる男性の発言の一部
東大の非モテ学科を卒業して某団体に就職し2年目の年収650万はじゅうぶんに負け組認定されるのでこれからも負け組の立場からどんどん発言していく所存ですよ。
参院選が迫り、報道セクションがせわしなくなってきた。僕ずっと思ってるんだけど、「当確をいち早く出すこと」って意味あるの?たった数時間情報を早く出すためだけに、高学歴の記者や局内の膨大なリソースが割かれる。ホントくだらないし、これだけで「マスコミはなくなったほうがいい」と確信する。
ただ、似たような責任回避システムは旧来の日本企業でもマニュアル化されている。
ウチの局で以前、職員の放火事件があったが、そのときは当該職員にパワハラをしていた上司はすぐに他地域に異動させ(降格ではないことに注意)、代わりに局に来た管理職がほとんどのお詫び行脚をおこなった。
いまやってる「あさイチ」の「婚育力特集」がひどすぎる。
きょうび民放でもここまで一面的であからさまな偏向報道せんわ。
こんな放送をする団体に受信料など払いたくない。
話題となってる場所
http://b.hatena.ne.jp/entry/toki.2ch.net/test/read.cgi/company/1280359625/

続きを読む

社長を公募!待遇は年収3500万以上

東証1部上場の自動車部品メーカー、ユーシン(東京都港区)が、新聞広告を通じて社長を公募することを明らかにした。
条件は、(1)30〜40代で(2)英語が堪能で(3)優れた経営手腕を備え(4)365日世界を駆け回る人物|という。待遇は「年収3500万円以上」となる見込み。上場企業が新聞広告を通じて社長を募集するのは極めて異例だが、いまの会社で才能を発揮できていない社員には、一気に社長の立場を手に入れるチャンスかもしれない。
同社は今後のグローバル展開に英語力が不可欠だが、現在の幹部に適任がいないという。このためな英語力を備えた30〜40代を広く募集する。募集は8月10日までで約1カ月かけて選考し、10月に採用。来年2月に取締役に就任し、平成23年11月期中に社長に昇格する段取りという。こうした趣旨を記した募集記事を25日付の日本経済新聞と読売新聞に掲載する予定だ。
なお、現在の田辺耕二社長は健康に不安があるため23年11月期中に退任し、その後は会長か顧問に就任するという。
キーシステム、エアコンのスイッチ、ドアハンドルなどを製造している。田辺社長は14日、採用する社長の待遇は「年収3500万円以上」との考えを示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100714-00000536-san-bus_all

続きを読む