日本

中国人観光客の増加で日本の観光地の環境破壊が大問題奈良公園で中国人がシカを虐待

最近、「観光公害」という言葉を見聞きすることが増えた。観光客の増加で、さまざまな被害や環境の変化に辟易とする住民や利用者たち。日本のワーストスポットはここだった!

生態系の破壊や聖地に対する冒行為が頻発!
(省略)
全文

観光客の増加で「環境破壊が大問題」なスポット10


転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1547452824/

続きを読む

韓国5大産業の決算総崩れ…ヒュンダイでは、ギアをPに入れても停止せずリコール

韓国企業の業績が悲惨なことになっている。4〜6月期決算ではサムスン電子が大幅減益となったが、ほかにも現代(ヒュンダイ)自動車やポスコなど、日本メーカーからシェアを奪っていた財閥企業が軒並み減益や赤字に沈み、スマートフォン、自動車、造船、鉄鋼、石油化学の5大産業は総崩れ状態だ。朴槿恵(パク・クネ)政権は緊急経済対策を打ち出すが、低迷を抜け出せるか疑問視されている。
スマホやタブレットなど「ギャラクシー」シリーズの販売不振で営業利益を24%も減らしたサムスン電子だが、その不調は、系列企業にも大きな打撃を与えた。
電子部品メーカーのサムスン電機の売上高は前年同期比22%減、営業利益は90・5%減と10分の1以下になった。スマホ向けバッテリーなどを供給するサムスンSDIも9割超の減益だった。
韓国メディアは「ギャラクシー・ショック」と呼び、人員削減などリストラが実施されるという報道も相次いだ。
電機関連ではLG電子が増収増益となったものの、半導体製造会社のSKハイニックスが2年ぶりの営業減益となるなどウォン高に足を引っ張られた。
自動車産業も無傷ではいられない。最大手の現代自動車の営業利益は13%減。傘下の起亜自動車は31%の大幅減益となった。かつては“日本車キラー”と呼ばれ、米国市場などでシェアを拡大した現代自だが、ウォン安の追い風が止まったとたんに勢いをなくし、トヨタ自動車など日本メーカーに突き放された。
主力車「ソナタ」については、変速機を駐車の位置に動かしても完全に停止できず、突然動き出して事故が発生する恐れがあるとして米国で7月末にリコールとなるなど品質にも疑問符がつく。
現代自といえば労働組合が強力で、ストライキが頻発することでも有名だ。7月31日までの賃金をめぐる労使交渉は決裂しており、今後ストに突入して生産体制を圧迫する恐れもある。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140811/frn1408111820010-n1.htm
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407759454/
韓国5大産業の決算総崩れ…ヒュンダイでは、ギアをPに入れても停止せずリコール

続きを読む

【もっとやれww】産経新聞ソウル支局長に「オンライン名誉毀損罪」の適用を検討懲役7年以下の服役生活へww

産経支局長に「オンライン名誉毀損」の適用検討=韓国検察
韓国の検察は、朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つけた疑いがあるとして、産経新聞の加藤達也ソウル支局長に対し情報通信網法における名誉毀損罪の適用を検討していることが11日、分かった。
検察によると、ソウル中央地検は旅客船セウォル号沈没事故当日の朴大統領の行動を扱った同紙の記事のうち、紙面よりもインターネットサイトに掲載された記事が朴大統領に対する名誉毀損の度合いが強いとみて、関連法を検討中という。
同記事は朝鮮日報のコラムや証券業界の情報などを引用し、朴大統領の私生活に関するうわさを報じており、外国のマスコミが他国の首脳を侮辱したと物議を醸していた。
情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律(情報通信網法)は「人を誹謗(ひぼう)する目的で情報通信網を通じ、公然と偽りの事実により、他人の名誉を傷つけた者は7年以下の懲役、10年以下の資格停止または5000万ウォン(約495万円)以下の罰金に処する」と規定している。
検察は加藤支局長を出国禁止とし、12日に出頭するよう求めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140811-00000046-yonh-kr
加藤支局長の英霊に敬礼 /)`ω´)

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407748955/
【もっとやれww】 産経新聞ソウル支局長、「オンライン名誉毀損罪」の適用で懲役7年の服役生活へww

続きを読む

IMF「アベノミクスが日本を景気低迷から浮上させた」年次審査で声明

「アベノミクスが景気を浮上」 IMF、年次審査で声明
国際通貨基金(IMF)は22日、日本経済についての年次審査を終え、声明を発表した。安倍政権の経済政策「アベノミクス」が景気を改善させたと評価する一方、信頼できる中期的な財政健全化計画や構造改革の加速を求めた。
声明は「アベノミクスが日本を景気低迷から浮上させた」と指摘。輸出や個人消費が回復し、雇用環境も改善して賃金も上向き始めているとして、「緩やかな景気回復が続いている」と分析した。ただ、米中の成長鈍化などによる懸念も指摘している。
財政健全化のため、日本政府は政策に必要な予算を借金に頼らずにまかなえているかをみる「基礎的財政収支」(プライマリーバランス)の黒字化に向けた新計画づくりを進めている。声明は「過度に楽観的な経済前提は政府への信認を損なうおそれがある」として、現実的な予測に基づくようクギを刺した。
インフレ率「年2%」を目標に日本銀行が進める金融緩和は「目標を安定的に達成することをより強調すべきだ」として、先行きの政策方針についてのより明確な説明や、追加緩和への準備などを求めた。
http://www.asahi.com/articles/ASH5Q4FLMH5QUHBI013.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1432377441/
【サヨク悲報】 国際通貨基金(IMF)が声明発表 「アベノミクスが日本を景気低迷から浮上させた」

続きを読む

「少女時代」サニーがSNSで反日メッセージ「歴史を忘れた民族には未来は無い」

TVreport.co.kr 2015-03-01 14:23:31
少女時代サニーが3.1節を迎え掲載した個人SNS文に日本ネチズンが非難を浴びせている。
サニーは1日午前、自身のインスタグラムに「歴史を忘れた民族に未来はない」という文と一緒に太極旗を掲載した。サニーの正しい心が載ったこの記事には現在10万人を遥かに越えた人々が「いいね」をクリックし、彼女の歴史意識を共有している。
ただし、一部のネチズンたちはサニーの個人SNSに訪ねてきて悪質な書き込みをして彼女の行動を非難している。日本で熱い愛を受けている少女時代のメンバーがこのような行動をするのは理解できないということだ。日本ネチズンと推定される彼らは「反日発言ではないか」「こんな気持ちで日本での活動していたのか」「二度と日本に来るな」と激しい反応を見せた。以下略
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=664075
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1425218930/
「少女時代」サニーがSNSで反日メッセージ 「歴史を忘れた民族には未来は無い」

続きを読む

「歯舞、色丹島を日本に引き渡し、国後、択捉島を経済特区にする」日露の元外交官が共同提案

(略)
もちろん、北方4島の日本の主権確認という日本政府の主張が通ればそれにこしたことはない。
しかし、択捉島とウルップ島の間に国境線を画定するという1998年の川奈秘密提案はロシア側によって拒否された。以前に記したように、プーチン政権が想定する最大限の譲歩は日ソ共同宣言の履行とみられるだけに、4島の面積等分、あるいは3島の引き渡しといった案も非現実的だ。「双方に受け入れ可能な解決策」の妙案はおのずと限られてくる。
共同経済活動については例えば、日ロの元外交官がこんな提案をしている。
日ソ共同宣言の中で、平和条約締結後の歯舞、色丹島の日本への引き渡しを定めた条項を交渉の出発点とするとともに、同時並行で国後、択捉島に双方が受け入れ可能な法的地位をもった「特別共同経済地区」をつくる交渉を進めるというものだ。パノフ元駐日ロシア大使と東郷和彦・元外務省欧亜局長が2013年7月、ロシアのネザビシマヤ・ガゼタ(独立新聞)に共同で寄稿した。
日本はあくまで原則論を貫くのか。あるいは共同経済活動を前向きに検討し、日ソ共同宣言の履行(歯舞、色丹島の日本への引き渡し)と国後、択捉両島の共同経済活動という合わせ技で解決策を模索するのか。はたまた第3の案を練るのか。
当面は年末に見込まれるプーチン大統領の訪日を視野に、「新アプローチ」による水面下での交渉が本格化していくことだろう。
北方領土交渉進展に向けたロシア側の“秘策”
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/040400028/062200009/?P=5
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1468124886/
「歯舞、色丹島を日本に引き渡し、国後、択捉島を経済特区にする」 日露の元外交官が共同提案

続きを読む