映画

【悲報】超映画批評「ルパン三世」3点(100点満点中)wwwwwwwww


珍映画史・新たなる伝説
邦画における「漫画原作の映画化」において、珍作ということで必ず話題に上るのが「ルパン三世 念力珍作戦」(74年)である。何十年たっても語り継がれるほど難しい題材なのに、それをまた実写にしようというのだからよほどの自信があるのだろうと思われたが、ふたを開ければ念力珍作戦を上回るトンデモ映画であった。
若き大泥棒ルパン三世(小栗旬)は泣く子も黙る大泥棒だが、峰不二子(黒木メイサ)を救うため、せっかく盗んだ大事なお宝を簡単に手放すほど情に厚い男。ところがその優しさを利用され裏切られたばかりか、大恩あるドーソン(ニック・テイト)の命まで奪われてしまう。そんなルパンは信用できそうな次元(玉山鉄二)と組み、さらに石川五ェ門(綾野剛)を呼び寄せ秘宝をめぐる復讐戦に挑む。
キャスティングはどうあれ、「念力珍作戦」はその時代らしさがよく出たコメディとしては悪いもので はなかった。珍作ではあるし、誰もが期待するルパン三世とは大きくかけ離れてはいるが、映画自体は 意外な実力者、といったことでどこか愛されている印象だ。
ところが14年版「ルパン三世」にはそういう愛らしさがない。
映画全体が発する自己顕示欲とでもいおうか、「このアクションカッコいいだろう」「このポーズ、格好いいだろう」「このセリフ」「この衣装」「この(略)」と、ものすごい押し出し感である。
そして大事なことに、そのどれ一つとして、まったくカッコよくないのである。
北村龍平監督の考える、”クールなもの”、コメディとして笑えるツボ、全部ズレている感じがする。
たとえば漫画的演出の最たるものである斬鉄剣が鉄を切る場面、それ自体は別にいい。そこを思いっきり、やりすぎなくらいのトンデモアクションにするのは、中途半端にリアリティを出そうとするより好感が持てるやり方だろう。
だがその凝りっぷりをすべてのシーン、すべてのショットでやろうとする必要などない。
全文
http://movie.maeda-y.com/movie/01896.htm
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409318866/
【悲報】 超映画批評 「ルパン三世」3点(100点満点中) wwwwwwwww

続きを読む

アンジェリーナ・ジョリー監督作『Unbroken』、捕虜を虐待する日本兵の残虐性に出演俳優が嘔吐

アンジェリーナ・ジョリー監督作『Unbroken(原題)』に出演した日本人のミュージシャンMIYAVIは、同作でワタナベという伍長の役を演じており、捕虜に非人道的な虐待をする役どころ。
ジャック・オコンネルが演じた主役ルイスに暴力をふるうシーンでは、その残虐性があまりにもリアルだったため、嘔吐してしまったと告白している。
「他の俳優たちを憎悪しなければいけないということは拷問のようだった。僕は単なる悪い男は演じたくなかったから、彼を殴る時、自分の家族を守っているんだと考えた。(ワタナベは)クレイジーでサディスティックだが、同時に弱くて、トラウマを抱えた人間」とそのキャラクターを明かしている。
アンジェリーナは、この役柄を演じさせるために彼を説得したのだそうで、「この作品は僕の国では今でも痛みを伴う内容だ。しかし彼女は、対立したすべての国を繋ぐ橋を作りたいと言った。彼女にはとても説得力があった」と話している。
MIYAVIは、残虐なシーンを撮り終えた後には、「涙が止まらなかった」と語っている。
映画のワンシーン

http://news.walkerplus.com/article/52185/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1415442441/
【映画】アンジェリーナ・ジョリー監督作『Unbroken』、捕虜を虐待する日本兵の残虐性に出演俳優が嘔吐

続きを読む

『ボヘミアン・ラプソディ』動員500万人&興行収入70億円突破!洋画年間1位も視野に

伝説のバンド・クイーンのフレディー・マーキュリーの生きざまを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、公開8週目で動員500万人と興行収入70億円を突破したことが30日、わかった。
(省略)
全文
https://www.oricon.co.jp/news/2126726/full/
2018-12-30 17:58


転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546161480/

続きを読む

土屋アンナ裁判出席せず甲斐氏は手応え

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131007-1201099.html
歌手で女優の土屋アンナ(29)の主演舞台「誓い〜奇跡のシンガー〜」が中止になった問題で、監督の甲斐智陽氏側が土屋と所属事務所に損害賠償を求める民事訴訟の第1回口頭弁論が7日、東京・霞ケ関の東京地裁で開かれた。
甲斐氏側は3026万円の損害賠償を求めて提訴している。甲斐氏は出席したが、土屋は出席しなかった。
裁判では、甲斐氏側が訴状で、土屋が無断で稽古をさぼり、そのことによって公演中止になったなどと主張していたことなどを確認。これに対して、土屋側の弁護士は、同舞台の原案とされるノンフィクション「日本一ヘタな歌手」著者の浜田朝美氏が台本を知らなかったことをつづったブログなどを証拠として提出した。
裁判長は「もともと契約していた舞台の稽古を休む法的根拠」を次回の口頭弁論までに説明することを土屋側に要求した。次回は12月11日午後1時30分から同所で行われる。
口頭弁論後、甲斐氏側の伊藤芳朗弁護士は「裁判長は、浜田さんが台本を渡されていなかったことが、土屋さんが稽古を休む根拠の説明になってないということを鋭く突いていた。手応えを感じました」と話した。
また甲斐氏は「日本一ヘタな歌手」を原案とした映画の製作準備を進めていることも明かした。具体的な製作時期などは未定だが、現在キャスティングも進めているという。「今度は、ばっくれない人がいいな」と苦笑いした。浜田氏については「今度は、ちゃんと『(浜田さんの話とは)一切関係ありません』と一筆もらいますよ」と話した。
転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1381141681/
土屋アンナ裁判出席せず 甲斐氏は手応え

続きを読む