東電

【原発事故】殺人未遂に問えないのか!A級戦犯「菅直人」の刑事責任

「後進国だったら裁判にかけ、死刑という話につながりかねない」
この物騒な発言の主は「サンデー毎日」の「A級戦犯 菅直人の刑事責任」の中の溝手顕正・自民党参院幹事長である。
東日本大震災から1年をふり返る特集を各誌がやっているが、内容は似たり寄ったりである。その中で、菅直人前総理を「殺人未遂に問えないのか」とタイトルを打った毎日が目立つ。
原発事故を検証する「福島原発事故独立検証委員会」が2月28日に公表した約400ページに及ぶ文書には、原発事故当初、菅政権中枢がいかに混迷していたかが詳細に書かれている。
とくに菅首相は事故直後は斑目春樹内閣府原子力安全委員長としか話さず、怒りっぽく独善的なやり方で終始し、「国民への情報が遅れ、マイクロマネジメントにまで走った。全体として不合格と言わざるをえない」と断じている。
菅首相は2010年10月に中部電力浜岡原発で行われた防災訓練で対策本部長を務め、そのときにSPEEDI(緊急迅速放射能影響予測システム)を用いているにもかかわらず、福島原発事故では活用せず被曝を拡大させてしまった。
女房役の枝野幸男官房長官は何ら根拠がないにもかかわらず、記者会見で「(放射能汚染は)ただちに影響が出るものではない」という無責任な発言を繰り返した。さらに事故の対応を議論する際に議事録もとっていなかったのである。
そこで編集部は「政治の根本は国民の生命と財産を守ることだ。人命を最優先すべき政治家が、白血病になるほどの放射線量と知りながらパニックを恐れて放置・隠蔽した場合、『殺人未遂』に問える可能性はないのか」と疑問を持ち、元最高検検事で筑波大学名誉教授の土本武司に聞きに行く。
土本は「適用するなら業務上過失傷害か業務上過失致死でしょうが、因果関係の立証は非常に難しい」とする。だが、「国会事故調査委員会」のようなところが、国会に対して菅の証人喚問を要請し、そこで嘘をつけば偽証罪で刑事責任が問える。
また、東京地検特捜部に、この問題を捜査したらどうかと水を向けている。
大震災から1年が過ぎようとしているのに瓦礫処理も遅々として進まず、原発事故の完全な収束の見通しも立たない。
無責任な政治家の象徴として菅や枝野を証人喚問することは賛成である。原発事故は人災である。被災者はもちろん日本人全体が泣き寝入りしてはいけない。
http://www.j-cast.com/tv/2012/03/08124877.html

続きを読む

【東電】90京ベクレル放出を公表へ

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、外部に放出された放射性物質の量は、これまで国などが試算した値よりも多い90京ベクレルで、大半は、水素爆発やベントによる放出ではなく、メルトダウンによって格納容器が閉じ込め機能を失い放出されたなどとする評価結果を東京電力が公表しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120524/k10015356111000.html

続きを読む

東電社長がS・ジョブズばりのカジュアル記者会見「その会見、福島でもできますか?」→ツッコミに会場凍り付く

東電社長がS・ジョブズばりのカジュアル記者会見「その会見、福島でもできますか?」
地元紙のツッコミに会場凍り付く
企業トップが壇上を歩き回りながら、身ぶり手ぶりでプレゼンテーションする-。米アップル社の共同創業者、スティーブ・ジョブズ氏でおなじみとなった会見スタイルだ。「欧米式でカジュアル」と評されるこのスタイルは、国内でも携帯大手やメーカーの新商品発表会見などで広がりつつあるが、「お堅い」イメージの東京電力が8月、会見にこの方式を取り入れ、話題を呼んだ。来春の電力小売り全面自由化にともなう競争激化に備え、東電を消費者に強くアピールするのが狙いだ。ただこの会見方式には、福島第1原発を抱える福島県の地元紙記者が反発。積極的なPR戦略で顧客を獲得したいものの、被災者への配慮はなおざりにできない東電の苦慮が続きそうだ。
今回の都電の会見で“ジョブズ式”を取り入れることには広瀬社長が前向きで、事前にかなりの練習を積んだという。プレゼンには「改革」「イノベーション」という言葉をちりばめて、「新生・東電」を強く訴えた。広瀬社長は説明内容をすべて頭にたたき込み、会見開始直後の記者たちの受け止めは、「ぎこちないが
懸命に努力している」と、おおむね好意的だった。
空気が一変したのは、2011年の東日本大震災で事故を起こした福島第1原発を抱える福島県の地元紙記者が、厳しい口調で次の質問をしたときだった。
「社長、今のようにスライドを回し、手を広げて歩き回るプレゼンを福島県でできますか?」
重い一言だった。福島県民はいまなお避難を余儀なくされるなど、苦しい生活を強いられ、同時に、復興に向けて必死の努力を続けている。東京の記者からみれば「懸命の企業努力」として評価できる取り組みも、福島県民からみれば、軽々しく見えたのかもしれない。
http://www.sankei.com/premium/news/150908/prm1509080004-n1.html

転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441668003/
東電社長がS・ジョブズばりのカジュアル記者会見「その会見、福島でもできますか?」→ツッコミに会場凍り付く

続きを読む

福島第1原発、元日の「震度4」でぶっ壊れる

■福島第1原発:4号機タンク水位低下…地震の影響と発表
東京電力は2日、福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールに隣接するタンクの水位が1日異常低下し、原因は同日、関東・東北地方で最大震度4を観測した地震の影響と発表した。東電は、プール内の放射性汚染水がタンクと逆側の原子炉格納容器側に流れ込み、一時的にプールからタンクへの水の供給が途絶えたことが原因とみている。プールの冷却に影響はないという。
東電によると、タンクの水位は通常、自然蒸発などで毎時1.6センチほど低下するが、地震後、毎時8〜9センチずつ下がっていた。タンク内の汚染水は外付けの熱交換器とフィルターを通って熱やごみが取り除かれ、再びプールに戻される。【比嘉洋】
毎日新聞 2012年1月2日 23時54分
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120103k0000m040050000c.html

続きを読む

【社会】群馬大教授が「ツイッター」で暴言「福島の農家はオウム信者と同じ」「私を殺そうとしている」

福島第一原発事故による放射能汚染地図をいち早く作製したことで知られる早川由紀夫・群馬大教授(55)(火山学)が、簡易投稿サイト「ツイッター」に、福島県の農家をオウム真理教信者にたとえる書き込みをしたなどとして、同大は7日付で訓告処分にした。
同大によると、問題になったのは
「セシウムまみれの水田で毒米つくる行為も、サリンつくったオウム信者と同じことをしてる」「福島の農家が私を殺そうとしている」
などの書き込み。6月以降、再三注意したが改善されなかったという。
早川教授は8日、記者会見を開き、
「放射能の危険性を多くの人に迅速に伝えるために、あえて過激にした。処分は学問の自由を奪う行為で、大学の自殺」
と批判した。
同大の堀川光久総務部長は「研究成果とは言えず、言論統制ではない。大学にも多数の苦情が来ている」とし、改善されない場合は懲戒処分も検討するとしている。
JA福島中央会の橋本正典総務部長は
「農家の苦しみを全く理解していない。国立大の教授という立場ながら無責任極まりない」
と話している。
▼YOMIURI ONLINE(読売新聞) [2011年12月8日19時36分]
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111208-OYT1T00946.htm

続きを読む

原発作業員が16人行方不明に「そんな社員はいない」との回答

行方不明の原発作業員 民間調査会社に調査依頼へ
厚生労働省は30日、東京電力福島第1原発事故後に同原発で新規に作業を始めた後、行方が分からなくなっている作業員16人について、東電に対し、民間調査会社などに依頼して行方を捜し出し、連絡を取るよう指導したことを明らかにした。東電側も指導を了承、12月末までに調査結果を厚労省に報告する。
厚労省によると、同原発では事故後から10月末日までに約1万7700人が作業に従事。ほとんどは身元確認が行われ、内部被(ひ)曝(ばく)線量を計測するなどしているが、16人については、被曝線量計の貸し出し名簿に名前が記されているものの、内部被曝線量を測定しないまま行方が分からなくなっている。
うち6人は所属事業所などで身元が確認されたが現在の行方が分かっておらず、残る10人は、作業員が所属先として記していた事業所でも「そうした社員はいない」などとされ、存在自体が確認できていない。
厚労省は「東電による調査を待っていたが、限界がある。東電が専門の調査会社に依頼するしかないのではないか、と判断した」と話している。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111130/dst11113022400012-n1.htm

続きを読む

【職場で無視】東京電力が今年6月、いじめで19歳社員を自殺に追い込んでいたことが発覚

「職場で無視 19歳自殺」 元東電社員遺族が労災認定申請…山梨
真相究明求め遺族、署名提出
東京電力山梨支店に勤務していた山梨県笛吹市春日居町鎮目、芦沢拓磨さん(当時19歳)が今年6月、自ら命を絶った。
「職場で無視されるのがつらい」という遺書が残されていたが、東電は「無視という実態はなかった」との社内調査結果をまとめた。遺族は「職場でのモラルハラスメントが自殺の原因」として、労災認定を申請。28日には、真相究明を求める7370人分の署名を同支店に提出した。
遺族の関係者によると、拓磨さんは昨年4月、同支店に入社。水力発電所や変電所の保守、点検業務を担当していた。今年2月頃から拓磨さんのブログに、公私ともに面倒を見てくれていた直属上司から無視され始め、現場にも連れて行ってもらえず、事務所に取り残されることが多くなったなどと、仕事の悩みがつづられるようになった。
拓磨さんは6月16日、笛吹市の山林で首をつった状態で発見された。自宅にあった拓磨さんのパソコンには
「無視されてから本当につらい日々を送ってきました。いくら頑張っても取り戻せない状況を作ったのは、すべて私の責任です。本当に申し訳ありませんでした」
とする遺書が残されていた。
遺族側は、拓磨さんに対して職場で繰り返される精神的ないじめや嫌がらせ「モラルハラスメント」があったのではないか、と東電側へ訴えた。東電側は9月1日、社内調査の報告書で
「300時間かけて調査したが無視という実態はなかった」
と回答。納得できない遺族は11月4日付で、甲府労働基準監督署に労災認定の申請をした。
署名は、遺族が知人らを頼って集めたところ、県外からも賛同する人が出た。28日、署名を提出した拓磨さんの
母ひとみさん(49)は「どうして死を選ぶほど苦悩したのか、その真相をつまびらかにしてほしいだけ」
と言葉を詰まらせた。
東電山梨支店は「ブログに書かれていたような死に至るほどの事実は確認できなかった。今後は遺族の方に誠意を持って対応したい」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/job/news/20111129-OYT8T00310.htm

続きを読む

【速報】東電6272億円の赤字

東電、純損益6272億円の赤字=原発事故などで-9月中間連結決算
東京電力が4日発表した2011年9月中間連結決算は、東日本大震災に伴う復旧や同社福島第1原発事故の賠償などで特別損失1兆759億円を計上したことから、純損益が6272億円の赤字(前期は922億円の黒字)となった。
12年3月期の連結業績については、経常損益が4000億円の赤字、純損益が6000億円の赤字になるとの見通しを示した。(2011/11/04-16:10)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2011110400602

続きを読む

東電「今度メルトダウンするのは5000年後です。ねっ安全でしょ?(ドヤァ」

再度の炉心損傷確率、5千年に1回…東電試算
東京電力は17日、福島第一原子力発電所1〜3号機で再び炉心が損傷する確率は、約5000年に1回とする試算結果をまとめ、経済産業省原子力安全・保安院に報告した。
事故前の試算では1000万年に1回としており、2000倍も高くなった。
保安院は、試算の内容を検証し、安定化の目標である「冷温停止状態」を維持するための施設運営に生かす。
損傷確率の計算は、原子炉の注水系統の故障、外部電源の喪失、大津波など7項目を想定。それぞれの原因で、1〜3号機の一つに約20時間にわたる注水の中断が起き、炉心損傷が起きる1200度に達する確率を合計した。
項目ごとの確率では、大津波による炉心損傷が8000年に1回と最も高く、次いで、注水系統の故障による炉心損傷が1万1000年に1回だった。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111017-OYT1T01099.htm

続きを読む