男性

彼女の家に知らない男がいたからボコボコにしたったww→新宿消防署長を逮捕

新宿消防署長、交際女性宅に居合わせた男性殴る
交際していた女性宅で鉢合わせした男性を殴ったなどとして、警視庁四谷署は20日、東京消防庁新宿消防署長の増子信仁容疑者(56)を傷害と住居侵入の疑いで逮捕した。
捜査関係者によると、増子容疑者は今月18日午後6時10分頃、東京都新宿区内のマンションの20歳代の知人女性方に合鍵を使って入り、居合わせた男性(28)に殴るなどの暴行を加え、顔に軽傷を負わせた疑い。増子容疑者はこの女性と交際していたという。男性を殴った後、逃走したが、現場に携帯電話を落としていた。調べに対し、
「殴ったことは間違いない」
と供述しているという。
増子容疑者は総務省消防庁への出向や日野署長などを経て、今年4月に新宿署長に就任。東京消防庁は
「署長が逮捕されたことは誠に遺憾。事実を確認して厳正に対処したい」
とコメントした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000589-yom-soci

続きを読む

肉食系女子「イケメンと付き合うよりブサメンと付き合って自分色に染めたいな☆」

草食系男子だの肉食系女子だのと、男女のパワーバランスも劇的な変化を遂げ、「黙って俺についてこい!」なんて大口はもはや叩けないシビアな時代。巷では、“俺色”ならぬ“彼女色”に染められた男たちが急増している。それにしても、女性はなぜ、ここまで男性を改造したがるものなのか。精神科医の春日武彦氏にその心理を聞いた。
「もともと女性には“育てたい””自分の思いどおりになってほしい”という欲がありますが、これまでは子育てなどに投じられていました。最近では多様化して、ペットにも同じように愛情を注ぐ人も増え、好き放題着せ替えたりするようになった。その対象が男性にも向くようになったのでしょうね」
ペットと同格……という、寂しさはさておき、これはある意味では、女性の現実的な部分だと言う。
「憧れの芸能人とは到底付き合えないことをわかっているんです。だったら彼氏なり旦那を自分好みにしてやろう、具現化しようと考える。それに男性がすぐ応えてくれたら非常に都合がいいですよね」
とはいえ、春日氏は「男性側もまんざらじゃないはず」と指摘する。
「女装に近いんじゃないかな。男性なら誰しもやってみたいという願望はあるはず。だけど、自主的にはできない。そこで、女性の後押しで実現。普段はできないファッションをしてくれと言われたら、断る理由はほとんどないでしょう」
中には断る男性もいるが、素直な姿勢こそ女性を喜ばすのだ。
「最近ではイケメンのほうが不利かもしれません。意外性がないので育てがいがない。むしろプロデュースしがいのある非モテのほうが需要が出るでしょう。恋愛格差が徐々に埋まりつつあるようです」
非モテ諸君には朗報である。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw119618

続きを読む

仮出所希望の小児性愛者に「化学的な去勢」を義務付け法案を可決アメリカ

・仮出所希望の小児性愛者に化学的去勢を義務付けへ、米アラバマ州で法案可決
【6月6日 AFP】米アラバマ州議会は、有罪判決を受けた小児性愛者の仮出所を認める条件として、化学的去勢を義務付ける法案を可決した。化学的去勢に関しては賛否両論あるが、米国ではすでに複数の州で導入されている。
ヒトの性的衝動に影響を与える化学的去勢は、裁判官が「これ以上必要ない」と判断するまで続けられ、仮出所者が薬物の服用を中止した場合、刑務所に戻されることになる。例外的な事例を除き、費用は仮出所者の自己負担となる。
(省略)
全文
2019年6月6日 16:56 AFP
https://www.afpbb.com/articles/-/3228754?act=all
(イメージ画像)

転載元スレッド:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1559829643/

続きを読む

奥手な男性が、「好き」と告白するくらいのつもりで送っているメール9パターン

奥手な男性の愛情表現は分かりにくいもの。何気なく目を通しただけのメールに、熱い想いが込められているかもしれません。そこで今回は、スゴレンの男性読者のみなさんに、「奥手な男性が、『好き』と告白するくらいのつもりで送っているメール」には、どんなものがあるか教えていただきました。
【1】「いま好きな人、いるの?」という質問メール
「自分もそう質問されたい」(10代男性)のように、「好きな人、いるの?」と自分が聞かれたいので、自分から質問するという男性もいます。
質問に答えて終わりにせずに、「○○君はどうなの?」と男性にも同じ質問をしてあげるといいでしょう。
【2】「もっと一緒にいられたらいいのに」という願いを込めたメール
「付き合えたらいいなってことなんだけど」(10代男性)のように、ハッキリ付き合ってほしいと言えずに、まわりくどい伝え方をする男性もいるようです。「そうだね、もっと一緒にいられたらいいね」など共感する返事をすれば告白されやすくなるかもしれません。
【3】「○○ちゃんと話していると楽しい」など楽しさをアピールするメール
「ずっと話していたいという気持ちを込めて」(10代男性)のように、「楽しい」という言葉で好意を伝える男性もいます。「私も○○君と話していると楽しいよ」など、同じ気持ちであることを伝えてあげれば、より仲良くなれるでしょう。
【4】「夜更かしして、体は大丈夫?」など体を気遣うメール
「やさしいところを見せて、好きになってもらいたい」(10代男性)のように、女性の体調を気遣うことで気を引こうとする男性もいます。
「○○君はやさしいなあ」など、期待に沿う返信をすれば、男性のテンションを上げることができそうです。
【5】「○○ちゃんはかわいいね」など褒めるメール
「『かわいい』と褒めるだけでも勇気がいるんだよ」(10代男性)のように、勇気を振り絞って女性を褒める男性もいるようです。
シャイな男性が褒めてくれたときには、めいっぱいの「ありがとう!」で返してあげましょう。
(
以降に続く)
http://girl.sugoren.com/report/entry_1391.php

続きを読む

静岡県で山菜採りの男性が頭を撃たれ重体→猟師「シカと間違えた」

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20131103-1213193.html
3日午前10時20分ごろ、静岡県長泉町の雑木林で、シカを駆除していた同町中土狩の農家の男性(73)が発砲した猟銃の弾が、付近に山菜採りに来ていた60代の男性の頭部に当たった。60代男性は意識不明の重体。
裾野署によると、70代の男性は猟友会の会員。他の会員9人と一緒にシカの駆除中だった。「間違って撃った」と話しており、同署が詳しい状況を調べている。
現場は住宅地に隣接した雑木林で、同署は狩猟禁止区域だったかどうか確認を進めている。
猟友会の別の会員が「狩猟中に人を誤射した」と119番した。(共同)
転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1383458252/
山菜採りの男性が猟銃で撃たれ重体

続きを読む

男性に理解されにくい女性ならではの金銭感覚9パターン

男女でお金の使い方には特徴があり、異性にはなかなか理解されにくいようです。金銭感覚は人それぞれですが、あまりにかけ離れているとマイナスイメージにも。そこで今回は、スゴレンの男性読者へのアンケートを参考に「男性に理解されにくい女性ならではの金銭感覚」をご紹介します。
【1】月に何回も服や靴を買う。
「いいものを厳選して買えばいいのに」(20代男性)
というように、女性が「新しい服や靴をたくさん持つことにキュンとする」ことを理解できる男性は少ないよう。いかに安く購入できたか説明すれば、浪費ではないことが伝わるかもしれません。
【2】「一生ものだから」といくつも高価なブランド物を買う。
「そんなに高いものじゃなくても別に変わらないでしょ」(20代男性)
と、ブランド物自体に理解を示さない男性も多いもの。自分がその製品のどこに魅力を感じているか、どんな点が価格相応なのか、説明してみるといいかもしれません。
【3】エステやマッサージには多少高くてもお金を使う。
「なんであんなに高いの!? 全然わからない」(20代男性)
など、男性はエステやマッサージを受ける機会がほとんどないため、その価格や効果に疑問を持つようです。マッサージは体験してみると考えが変わることもあるので、一度誘ってみるといいでしょう。
【4】ダイエットのために、高いローカロリー食品を買う。
「食べなきゃやせるよ。カロリーの低いものを高いお金で買うって…」(20代男性)
など、男性は女性ほどダイエット知識が豊富でないため、それが美容のことも考えたうえでの行動であることがわからないようです。キレイにやせて、結果を見せつければ納得するかもしれません。
【5】100円単位のことは気にするのに、旅行には平気で数十万も使う。
「洗剤とか日用品の値段にはうるさいのに、旅行のときの金遣いは何?」(20代男性)
などの疑問の声が届いています。日常の出費を抑えてためたお金で、旅行などの費用を捻出しているのだと説明すれば、わかってもらえるかもしれません。
(
以降に続く)
http://girl.sugoren.com/report/post_1650.php

続きを読む

ロシアで流行中の根性試し「生き埋め」でまたもや死者

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2803683/7290720
ロシアで生き埋め実験が流行、またもや死者
2011年06月02日 16:53 発信地:モスクワ/ロシア
【6月2日 AFP】ロシア極東ブラゴベシチェンスク(Blagoveshchensk)で忍耐テストと称して自ら生き埋めになった男性(35)が死亡する事件があった。地元捜査当局が1日明らかにした。

男性の友人によると、男性は「忍耐力を試したい。生き埋めの状態で一晩過ごしたいので手伝ってくれ」と友人にしつこくせがんだ。
そのため友人は男性と一緒に自宅の庭に穴を掘り、空気を通すためのパイプを付けた手作りのひつぎに男性を入れて穴に降ろした。男性はひつぎの中に毛布1枚、水のペットボトル1本、そして携帯電話を持って入ったという。
その後友人は、穴に高さ約20センチほどの土や板をかぶせて埋め、男性から無事を知らせる電話をもらったあと、自宅に戻った。翌朝ひつぎを引き揚げると、男性が死んでいるのが見つかったという。
捜査当局者は死因について、一晩中降り続いた大雨で地上とひつぎを結んでいた空気を通すパイプがふさがれたためではないかと推測。
男性が試みた実験については、インターネットの影響を受けたのではないかと話した。
ロシアのインターネットではここ数年、自ら生き埋めになって実況中継するブロガーの記事が氾濫している。政府系のロシア新聞(Rossiiskaya Gazeta)も特集を組むなど、この風変わりな生き埋め実験は一種の社会現象になっている。
昨年夏には北部ウォログダ(Vologda)で、死への恐怖をなくすためと称し、友人の助けを借りて森に生き埋めにされた男性が死亡する事件が起きていた。(c)AFP

続きを読む

殺人の濡れ衣を着せられた男性45年ぶりに自由の身になり1億6400万円の補償金を得る

殺人罪の罪をきせられ30年間の獄中生活、拘留期間も会わせると45年にもなる米国男性が150万ドル(約1億6400万円)の補償金を得たと報じられている。
リチャード・フィリップス(73)は1972年10月にデトロイトにてグレゴリー・ハリスという男性を銃で撃ち殺しで有罪判決を宣告された。
フィリップスは逮捕当時からずっと無罪を主張していたが受け入れられず、さらに不運なことに証人が偽証をしていたため無期懲役が宣告された。
(省略)
全文
https://gogotsu.com/archives/50953



関連
強姦の冤罪で半世紀も刑務所暮らししていた男性がようやく出所 19歳に逮捕され65歳で出所
https://gogotsu.com/archives/34756
性的暴行の濡れ衣で36年間も獄中に居た男性がやっと釈放される 指紋が別の男性のものだった
https://gogotsu.com/archives/49408
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1558648218/

続きを読む

ボクが台湾を「大っ嫌い」な3つの理由―ドイツ人が発言、動画が評判に

台湾で、インターネットで3日に公開された「ドイツの男が台湾を“大っ嫌い”な3つの理由」と題する動画が注目を集めている。7日午後4時までに閲覧回数は36万回を超えた。カメラに向かってドイツ人という若い男性が、「台湾を大っ嫌いな第1の理由は人々がフレンドリーすぎること。おかげで道を覚えられない」、「食べ物がおいしすぎる。ぶくぶくに太ってしまう」、「自然が美しすぎる」などと述べ「(ドイツに)帰りたくないんだよ。これ以上ここにいたら、ママに殺されちゃうよ」などと、台湾のすばらしさを“批判”した。
3日に公開され、2日間で閲覧回数は5万を突破。その後、台湾のテレビで紹介されたこともあり、7日午後4時までに閲覧回数は36万回を超えた。
画面ではワイシャツにネクタイ姿の若い男性が、「台湾に来て、ずいぶんたつけど、台湾が本当に大っ嫌いな3つの理由があるんだ。それは人、食べ物、自然さ」と話しはじめる。「ドイツ人」と紹介されているが、男性は英語で語っており、中国語と英語の字幕がつけられている。
男性はまず台湾人について「フレンドリーすぎるのさ」と述べ、「いつもボクに、何か困っていることはないかと尋ねてくる」、「道に迷うと、きっと教えてくれるんだ。だからボクは、また(同じ場所で)道に迷うことなる」と“不満”を語った。
次に台湾の食べ物を“批判”。「台湾の食べ物は、おいしすぎるんだ」、「これ以上食べたら、ぶくぶくに太ってしまう」と述べた。
男性の話す言葉の一部は、「放送禁止用語」をカットするように信号音をかぶせられている。やや下卑た口語表現で、台湾人の性格のよさや食べ物のおいしさを強調した部分をカットすることで、面白さを演出したと思われる。
同男性は最後に、台湾の自然の素晴らしさに言及。「あまりにも美しすぎる」と述べた上で、「(ドイツに)帰りたくないんだよ。これ以上ここにいたら、ママに殺されちゃうよ」と“ボヤい”てみせた。
全文を読む
http://news.searchina.net/id/1529141
転載元スレッド:
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396919504/
ボクが台湾を「大っ嫌い」な3つの理由―ドイツ人が発言、動画が評判に

続きを読む

【発言小町】冷たくなった男友達

5年ほど前に仕事で知り合った男性がいます。
知り合った当初は、たまに食事に行ったり遊びに行ったりしていました。
そうした付き合いをしているうちに、「恋人として付き合って欲しい」と
告白されましたが、その当時は仕事が忙しいことと私の父が入院していた
こともあって断りました。
その後、父が退院したこともあって、2年ほど前から、週に2、3回程度、
主に私からその男性を誘って夕食や遊びに行くようになりました。
ところが、2週間ほど前に、私が彼氏と出かけているところをたまたま
その男性に見られて以来、その男性はあまり誘いに乗ってくれなく
なり、私が車が必要な際に、その男性に車を出して欲しいと頼んでも
「そういうことは彼氏に頼めば」と言って、車を出してくれなくなりました。
(それまでは頼めば、何も言わずに車を出してくれました)
また、その男性と先月約束したクリスマスプレゼントもキャンセルされて
しまいました(それまではクリスマス、誕生日、ホワイトデーには私の欲しい
ものをプレゼントしてくれました)
たしかに私自身、その男性には私が彼氏がいることを言ったことはありません
でしたが、その男性に彼氏がいるかどうかを聞かれたわけでもなく、また私の中
ではその男性は単なる友達であって恋人ではありません。
実際、その男性と彼氏とは付き合い方をきっちりと分けてきました。
(その男性は家に呼ばない、あくまでもプラトニックの付き合いのみにするなど)
その男性との付き合いは彼氏と違って、わがまま、ドタキャンなども許して
くれるので、ある意味で彼氏よりも気楽です。また、親身になって相談にも
乗ってくれます。
なので、今後も、私はその男性とは、これまでと同じ付き合いをしていきたい
のですが、どうすればよいでしょうか?
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1212/370652.htm

続きを読む