番組

偽iPS森口尚史のタレントデビューが決定!初出演の番組で木根にGETWILDを披露する件

偽iPS森口尚史が報道以外でTV初出演
iPS細胞を使った世界初の治療をしたと発表した後、大半をうそと認める騒動を起こして昨年11月に芸能事務所と契約したタレント森口尚史(48)が、26日放送のテレビ東京系「現状打破TV」(午後0時30分)に出演することが24日、分かった。騒動後、報道以外のテレビ番組では初出演となる。
同番組は今、悩んだり、もがいたりしている芸能人らが「現状を打破」するにはどうしたら良いのかを、20年ぶりに演出を務めるテリー伊藤と司会の爆笑問題が応援するバラエティー番組。関係者によると、騒動後、失業状態に陥った森口が、現状を打破するために、CDリリースの権利を懸け、TM NETWORKの「GET WILD」を同グループの木根尚登に披露する内容という。
[2013年1月25日6時9分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130125-1076218.html
転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1359083156/
iPS森口がタレントデビューwwwwwww

続きを読む

フジテレビが独身女子アナと御曹司のお見合い番組を放送このテレビ局はなんか勘違いしてるよな

フジ独身女子アナ叩き売り?御曹司集めてお見合い番組!MC草剛が気の毒になるやっつけ企画
「草剛の女子アナスペシャル2013 7年ぶりの復活日本全国の御曹司SP」(フジテレビ)2013年1月7日19時〜とうとう得意の女子アナものでもフジの勢いに陰りが…。7日(2013年1月)放送の「草剛の女子アナスペシャル2013」は、独身女子アナが勢ぞろいし、「品格チェック」や「味覚チェック」をするというものだが、いざ始まってみると、日本各地の御曹司とやらを延々と紹介し、女子アナたちはただ晴れ着を着てひな壇に並ばされているだけだった。これでは女子アナスペシャルではなく御曹司スペシャルではないか。
銀座木村家や山梨名物信玄餅の店、京都老舗旅館、いけばな宗家、坂本竜馬の子孫など、御曹司15人を紹介して、フジの使えない女子アナに押し付ける目論見か。御曹司に好みの女子アナを聞くあたり、うがち過ぎとも言えまい。京都の造り酒屋の御曹司もいて、その彼が俳優の佐々木蔵之介の弟だという話もあった。こうなってくると、タレント2世や兄弟家族が出演する番組とも重なり、もうなにがなんだかわからない。
「味覚チェック」も予選などは省略し、高橋真麻、生野陽子、三田友梨佳の上位3人だけの参加で、生野が敗れ、高橋英樹の娘とミシュラン3ツ星料亭「濱田家」の娘・三田のお嬢様対決となった。カレーの中の隠し味を当てるというのだが、以前にも「アナ★バン」でやっており、しかもメンツも同じ。新しい企画を考える能力もないのか、お嬢様は味覚が優れているということをアピールしたいだけなのか、目的不明。草が気の毒だ。(白蘭)
http://www.j-cast.com/tv/2013/01/15161196.html
転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1358223635/
フジテレビが独身女子アナと御曹司のお見合い番組を放送 このテレビ局はなんか勘違いしてるよな

続きを読む

「もっとTV」(電通)終了のお知らせ……NOTTV(docomo)はまだか!

産経ニュース
———-
電通と民放キー局5社、「もっとTV」を来春でサービス終了 対応機器不足も要因に
電通は22日、フジテレビジョンなど民放キー局5社と共同で提供してきたVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「もっとTV」のコンテンツの新規販売を来年1月31日に停止し、3月15日、すべての視聴サービスを終えると発表した。
もっとTVは、2012年4月にサービスを開始。配信されている各局の過去のオンエア番組などを、テレビやスマートホン上で選んで、ボタン操作し、購入できるというもの。約1万5000エピソードを提供している。
1月31日に新規販売を止め、2月28日には、有料の見放題サービスの販売を停止する。各コンテンツにはもともと視聴可能期間があり、その期間が終了していなくても、3月15日が来れば、視聴できなくなる。
サービスをテレビで視聴するには、専用ボタンのついたリモコンが必要。電通はサービス停止の理由について、「『もっとTV』に対応したリモコンやテレビの普及が拡大しなかったため」としている。
www.sankei.com/economy/news/141222/ecn1412220015-n1.html
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1419233881/
「もっとTV」(電通)終了のお知らせ……NOTTV(docomo)はまだか!

続きを読む

【テレビ】なぜキー局は似たようなパターンの番組しか作れないのか?

若者のテレビ離れの一端に、キー局のバラエティ番組の画一化があるといわれる。ひな壇の後ろに芸人が控え、前のほうには大物俳優や大物女優がVTRを見てコメントする……そんな番組ばかりの現状に飽き始めているのだ。
なぜ、予算もあり、人材も豊富に抱えているはずのキー局が、似たような番組しか作れなくなったのか? 絶対匿名を条件に、キー局と付き合いのある放送作家がバラエティ番組の裏側をこう説明する。
「キー局でテレビを作る場合、視聴率が絶対条件です。だから、面白い企画を考えても、そこに保険として『視聴率が取れる要素』を入れるんです。今だったら例えば『痛快!ビッグダディ』の数字がいいので、考えた企画のなかに、無理やり大家族を登場させてみるとか。料理の映像が出ると数字が上がるので、途中で出演者全員が、うまいものを食べるシーンをねじ込むとか」
テレビに出ている面々が、いつも似たようなメンバーで、やっていることが同じなのは、ここに原因があるのだそうだ。「それと、スタッフの数がすごく多い。企画って、少ない人数で考えると、エッジの効いた面白いものができるんです。けど、大勢で企画を考えていくと『このシーンは、スポンサーのチェックが入る可能性がなきにしもあらずなので、カットしましょう』とか『スギちゃんみたいな事故があったら番組が終わってしまうので、この罰ゲームはナシにしましょう』なんて話が出て、面白さがまったくなくなってしまう。僕が考えた企画から面白さが全部抜けて、まったく違うものになるなんてこと、しょっちゅうありますよ」
スポンサーに制作費を出していただくからには、視聴率を取らなければならない。視聴率を取るためには冒険せず、過去の実績から、確実に数字が取れるものをやったほうが無難。このような考えが、地上波キー局の番組を画一化させているのだ。
「いくら『面白いんだ』ということを主張しても、データで跳ね返されてしまうんです。だから、若い人の興味がテレビからネットやケータイに移ってしまうのでしょうね。これは無理もありません」(前出の放送作家)
これに対し、最近面白いと評判の独立系地方局のバラエティ作りはどうなっているのか。「もちろん、過激で放送できないような映像に関しては『待った』をかけます。ただネット6の場合は、最初からスポンサーを集めて番組を作るのではなく、自分たちで番組を作って、DVDを作って、結果、評判がよかったら、その番組の続編や再放送にスポンサーがついてくれればありがたい、というスタンスで番組を作っています。だから、制作会社の皆さんは、細かいことを考えず、企画が面白いかどうかということに集中して番組作りができるのではないでしょうか」(テレ玉の東京支社次長、遠藤圭介氏)
視聴率をとるために“無難”を追求した結果、同じような番組だらけとなっているキー局。このままではさらに若者がテレビから離れていくという事実に、彼らはいつ気づくのだろうか。(了)
ソース:週プレNEWS
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/12/06/15855/
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/12/06/15855/2/
転載元スレッド:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1354742733/
【テレビ】なぜキー局は似たようなパターンの番組しか作れないのか?

続きを読む

フジテレビ、外注大幅消滅で「人気局アナにしわ寄せ」と悲鳴

4月の改編でバラエティーと報道を中心に大ナタを振るったフジテレビだが、早くも次の動きがあるという。
「大幅な経費削減です。まず手を付けるのがMCやキャスターなど外注の大幅減。早くも、スポーツ番組では着手しているといいます」(フジテレビ関係者)
(省略)
「局アナは数多けれど、大きな仕事を任せられるアナウンサーは限られます。すると、そのアナウンサーたちがフル稼働しなければ回りません。『働き方改革が進むこのご時世に逆行している』と悲鳴もあがっています」(放送担当記者)
ソース:
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00010006-jisin-ent
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523421834/

続きを読む

塩村文夏「アイドル番組に関わったのは最初だけ」→ブログに3年担当したとの記述が見つかる

塩村あやか(みんなの党 東京都議会議員) @shiomura
誤解があるようなので説明しておきますと、私がアイドルの番組に関わったのは初期のみです。
担当した時も動物虐待になるような企画に関しては反対をしています。
>私がアイドルの番組に関わったのは初期のみです。


http://www.peeep.us/fe34a78a
↓2012/01/03の塩村議員のブログ
>あ、三年担当したアイドルリーグと日テレジェニックは、私の生活パターンが代わり、家庭に入る準備のため、卒業させて頂きました。
>ここでの三年は本当に替え難いものでした。みなさん、ありがとうございました(^^)
http://shiomura-ayaka.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-7193.html
http://www.peeep.us/9aa7b0c2
塩村議員が担当した番組は5年間続いた
>『アイドル☆リーグ!』(IDOL☆LEAGUE!)は、日本テレビで2009年7月30日未明から2014年3月21日未明まで毎月1回放送されたバラエティ番組。
http://ja.wikipedia.org/wiki/アイドル☆リーグ!
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403961393/
塩村文夏「アイドル番組に関わったのは最初だけ」 → ブログに3年担当したとの記述が見つかる

続きを読む