番組

芸人だらけのテレビ番組でもいい/問題なのは「その芸人を知らないと死ぬほどツマラナイ」という点

【日本の文化】芸人だらけのテレビ番組でもいい / 問題なのは「その芸人を知らないと死ぬほどツマラナイ」という点
日本のテレビ番組に違和感を覚える外国人が多いといわれている。どのチャンネルをどの時間帯に見ても、とにかくタレントや芸人ばかりが出ているからである。
どの番組もタレントや芸人だらけ。ニュースにも、スポーツ番組にも、ワイドショーにも、教養番組にも、料理番組にも、何から何までタレントづくし。特にお笑い芸人の活躍の場は多く、夜の番組には必ずといっていいほど芸人が番組に出ている。
それを日本の文化だということも可能だ。まさにそういう流れは日本独特なものかもしれないし、そもそも、それで番組が成り立っているのだから、商売としてはテレビ局も芸能プロダクションも成功しているといえるだろう。
今回、この記事でいいたいことは「芸人叩き」や「テレビ局叩き」ではない。成功している
「タレント&芸人番組だらけの日本のテレビ業界」をもうワンランク上にアップさせるには、「その芸人に対して前情報がない人でも楽しめる番組作り」が必要
なのである。そういいたいのである。
そう、問題なのは
「その芸人を知らないと死ぬほどツマラナイ」
という点なのだ。もちろん、キャラを視聴者に覚えてもらって成り立つタレントや芸人がいてもいい。でもそういうタレントや芸人ばかりになると、そのキャラを知らないとまったく笑えない番組ばかりになり、いままさにそうなっている。
3年間ほど海外を放浪していた日本人男性Sさん(31歳)が、日本に帰国して最初に感じた違和が「日本のテレビ番組」だという。
「以前はバカ笑いしてあれほどオモシロかったバラエティー番組なのに、帰国したらテレビに出ている芸人さんがまったく知らない顔ぶれで、まったく笑えなかったんですよ。このひとたち何を仲間内でワイワイやってるんだ? って感じちゃったんです」
(Sさん談)。
日本に住んでいれば自然に芸人もタレントも覚えていくかもしれないが、はたしてそんな番組作りでいいのだろうか?
さらにSさんは
「他国のコメディアンと比べて日本は芸人のレベルが高いと思うんです。日本のお笑い芸人は、何も小道具を使わなくても言葉だけで人を笑わす才能があると思うんですよ。だから前情報がない視聴者でも楽しめるトークやネタができるはずなんですよね」
とも語っていた。
http://rocketnews24.com/2012/03/16/192494/

続きを読む

体罰問題の影響で上島竜兵や出川哲朗らリアクション芸人の仕事が減るらしい

リアクション芸人が大ピンチ!? 学校から五輪競技までスポーツ界における体罰やパワハラが社会問題化する中、まさかの影響を受けているのがお笑い界だ。「いじめや体罰」に見えなくもない過酷なゲームや“仕打ち”を甘んじて受け、笑いを取ってきた「ダチョウ倶楽部」上島竜兵(52)や出川哲朗(49)の出番が減りそうなムードが漂い始めている。
「最近は視聴者へのエクスキューズとしての『けっしてマネしないでください』や『後でスタッフがおいしくいただきました』などのテロップすら出る機会が減っています」
こう話すのはある番組制作会社の関係者だ。バラエティー番組ではお決まりの「お断り」だが、いまやクレームを恐れ、企画をボツにしたり、シーンをカットする機会が激増しているという。
「ネットの影響でしょうが、局だけではなくスポンサー企業にまでクレームが入ったりするようになりました。面白いかどうかより、クレームが出ないものを優先する流れです」と同関係者。
これまでも「食べ物を粗末にするな」「動物虐待だ」「子供がマネしたらどうする」など、多くのクレームに直面してきたバラエティー番組の制作陣。
やはり、体罰・パワハラ問題にも敏感にならざるを得ないようだ。「大御所タレントが若手を“かわいがる”場面や、笑えるリアクションを見せる罰ゲームなんかはちょっと気を使います。もし視聴者がパワハラに過剰反応するようになりクレームが増えたら、そのうちまたそのシーン丸ごとカットということになる」(前同)
こうなると困るのは、ヒドいことをやらされてナンボの上島や出川などのいわゆるリアクション芸人たちだ。大物たちも苦しい立場になるという。
「暴言や暴力連発のとんねるずやダウンタウンなどは昔からクレームは多いけど、数字(視聴率)を残してきた。番組でいえばフジの『めちゃイケ』なんかもそう。ただ、今の状況で、あのようなタレントや番組がゼロから出てくるのは難しい」と憂慮するのは、ある芸能プロ幹部だ。
番組での“しごき”は仕事でも、「子供がマネしたら、というクレームになってしまう」(同幹部)。
一方、若手など弱い立場の出演者にムダに危険な思いをさせたり、最終的に笑いにならないイジられ方をさせたりするのは「結果としてパワハラになりかねない」とある放送作家は指摘した。(了)
ソース: 東京スポーツ新聞社(東スポWeb)
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/109649/
転載元スレッド:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1361672828/
【芸能】体罰問題で上島竜兵や出川哲朗らリアクション芸人に“逆風”(東スポWeb)

続きを読む

フジ「大きなテロップも出さないこんな昭和臭い番組がなぜそんなに視聴率取れるの(笑)」地方局「」

先日、フジテレビの編成部の方に「山・海・漬」を見ていただく機会がありました。その方の感想も「どうしてこれがそんな数字をとれるの」と驚いておりました。
「レギュラー番組は、数字をとるために、番組の本編のサイドに内容説明のスーパーを出しっぱなしにしていたり、出演者のコメントをそのまま大きいテロップにして出したりして、工夫をするものなのに」というのがフジテレビの方の意見でした。
「まるで昭和時代のテレビを見ているようだ」
というお話をいただきました。
○土樋委員
最初見たときの印象は、お茶漬けさらさらというか、どんと胃がもたれるような感じはなくて、非常に爽やかな番組だなと思いました。フジテレビの方が
「何でこれが視聴率をとれるの」
と言ったそうですが、
「これで視聴率がとれるんですよ」
と逆にこちらから訴えるものがあると思います。フジテレビにこのような作りも考えてみたらどうか、と言っても良いような気がします。
http://www.menkoi-tv.co.jp/banshin/pdf/173.pdf
(PDF注意)
昨日のフジの視聴率
11.0% 19:00-20:54 CX* おじゃマップSP
*9.8% 21:00-21:54 CX* ホンマでっか!?TV
12.0% 22:00-22:54 CX* ザ・ベストハウス123・最終回
*8.7% 23:00-23:30 CX* グータンヌーボ
テレ朝
19.3% 19:50-21:54 EX__ サッカーロンドン五輪アジア地区最終予選・日本×バーレーン
16.8% 21:54-23:10 EX__ 報道ステーション

続きを読む

隠し子発覚のミヤネ屋宮根誠司氏「子供はどちらも宝」

『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)や『Mr.サンデー』(フジテレビ系)の司会者として知られるフリーアナウンサーの宮根誠司氏(48)に隠し子がいることを6日発売の『女性セブン』が報じている。宮根氏本人は記事内で
「ずっと黙ってるわけにはあかんやろうなとは思ってました。私も取材する立場の人間ですからね」
と語った上で、当件について詳細に語っている。
同誌によると、宮根氏は現在32才の飲食店経営女性・A子さんとの間に、今年2月に4才になる女の子がおり、すでに認知をしている。
宮根氏はA子さんと知り合ったとき、すでに現在の妻であるB子さんと交際をしていたが、同時に付き合っていた
という。宮根氏は妻との間にも7か月前に女児が誕生しており、
「子供はどちらも宝ですから、両方ともかわいいですよ」
と現在の心境を語っている。
http://www.news-postseven.com/archives/20120105_79679.html

続きを読む

【訃報】“浪花の視聴率男”やしきたかじんさん死去食道がんで休養中

歌手やテレビ司会者として人気のタレント、やしきたかじん(本名・家鋪隆仁=やしき・たかじん)さんが死去していたことが7日、わかった。64歳だった。昨年3月、食道がんの治療に伴う休養から1年2カ月ぶりに復帰したが、その後再び体調不良を理由に休養していた。
やしきさんは、京都を拠点にシンガーソングライターとして活動を開始し、昭和51年に「ゆめいらんかね」などでデビュー。59年の「あんた」、61年の「やっぱ好きやねん」がヒット、脚光を浴びた。
また、機転の速さと歯に衣きせぬ発言からテレビやラジオ番組で活躍。出演番組はいずれも注目が高くなることから“浪花の視聴率男“の異名をとった。現在も関西テレビ系「たかじん胸いっぱい」、読売テレビ系「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪系「たかじんNOマネー」のレギュラー番組を持つ。
一方で、一般社団法人「OSAKAあかるクラブ」の理事長として大阪復権へ向けた支援活動に携わったほか、橋下徹大阪市長の相談相手としても知られていた。
やしきさんは、一昨年1月に食道がんの診断を受け、同月末からすべての芸能活動を休止。4月に内視鏡手術を受け、昨年3月に芸能活動を再開したが、5月に体調不良を訴え、再び休養に入っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000601-san-soci
関連記事
【動画】 辛坊治郎、たかじんさんの死に沈痛…生番組で約40秒の“沈黙”
転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1389103666/
【訃報】“浪花の視聴率男”やしきたかじんさん死去 食道がんで休養中

続きを読む

やしきたかじん橋下氏落選なら「大阪市民やめようと思っていた」

やしきたかじん 橋下氏落選なら「大阪市民やめようと思っていた」
タレントで歌手のやしきたかじん(62)が2日、司会を務める読売テレビ「増刊!たかじんのそこまで言って委員会」(17日後2・30)の収録に臨み、大阪市長選に当選した橋下徹氏(42)への思いを明かした。
投開票日の先月27日に橋下氏の会見場にタイの尾頭付きを贈っていたが、その後、メールで「おめでとう」と祝福したといい、「そのうち会うと思う」と再会を心待ち。さらに
「(橋下氏が)落ちたら大阪市民をやめようと思っていた。そんなとこに税金を払いたくないから」
と告白。
「僕らがついていこうとなる気持ちが大事」
と橋下氏の姿勢に共鳴していることを打ち明けた。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/12/03/kiji/K20111203002160780.html
(*゜Д゜) 私もそう思ってました
(ヽノ) ムホムホ
>ω>

続きを読む

芦田愛菜も大好きな「池の水ぜんぶ抜く」レギュラー化に立ちはだかる壁とは?

テレビ東京のドキュメントバラエティ番組「池の水ぜんぶ抜く」が高視聴率を連発。9月放送の最新回では11.8%と二桁台を達成し、裏番組のNHK大河ドラマを上回った。その好調ぶりに全国の自治体から「こちらの池でも水を抜いてほしい」との依頼が殺到しており、レギュラー番組化は間違いなしとの観測もある。
だがレギュラー放送に昇格する場合、大きなリスクをはらんでいるとの声もある。それは「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の轍を踏むのではとの懸念だというのだが、その「しくじり先生」についてテレビ誌のライターが語る。
(省略)
全文
http://news.livedoor.com/article/detail/13659381/
2017年9月25日 10時14分 アサジョ

転載元スレッド:
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506305095/

続きを読む