【モスクワ=畑武尊】米調査会社ギャラップが4日に発表した世論調査で、ロシアの15〜29歳の若者の44%が外国に移住したいと考えていることが明らかになった。プーチン長期政権下でロシアの若年層に閉塞感が強まっていることの反映とみられる。
(省略)
全文
https://www.yomiuri.co.jp/world/20190408-OYT1T50285/
転載元スレッド:
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1554816231/

続きを読む